ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムでF1開催、2020年4月にハノイ市ミーディン地区で

2018/11/08 16:14 JST配信
Clip to Evernote
(C)VnExpress,Bao Lam
(C)VnExpress,Bao Lam 写真の拡大

 ハノイ市人民委員会は7日、ハノイ市が自動車レースの世界選手権「フォーミュラ1(Formula One=F1)」の世界で22番目の開催国になると発表した。東南アジアではマレーシア、シンガポールに次いで3番目となる。開催時期は2020年4月で、10年間開催する契約となっている。

 レースコースは、ナムトゥーリエム区のミーディンスポーツセンター地区の5565mで、決勝レースの時間は約4時間が予定されている。決勝レースの他にパレードやマシンの展示などのイベントがあり、全体で7日間の日程で行われる。

 F1最高責任者のチェイス・キャリー(Chase Carey)氏は、経済的にまだ多くの課題のあるベトナムを開催地に選定したことについて、「ベトナムはエネルギーにあふれ、目新しく興味深い。世界中から多くの関心を集めている」と語った。

 ハノイ市でのF1は、地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)が運営する。VIC傘下の自動車メーカーであるビンファスト(VinFast)は、全額出資でベトナムグランプリ(Vietnam Grand Prix)を設立した。資本金は1兆VND(約49億円)。

 財源はチケット販売、F1参加チームに対する各種サービス料、広告料、放送権料、記念品販売、関連イベントでの売り上げなどで賄うとしている。

 VICのグエン・ベト・クアン副会長 兼 社長は、F1開催を通じてビンファストの自動車を世界に向けて広めたいとコメントした。

最終更新:2018年11月9日 0:30 JST

[VnExpress 13:55 7/11/2018,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [経済]
ベトナモバイル、南部20省・市で4Gサービス開始 (6:03)
 ハノイテレコム(Hanoi Telecom)傘下ベトナモバイル(Vietnamobile)は、南部20省・市で第4世代移動通信システム(4G)サービスを開始したことを明らかにした。  同社は既に紅河デルタ地方、東北部地方、北中部...>> 続き
2018年の新規雇用164万人超、年間計画3.1%上回る (5:00)
 労働傷病兵社会省によると、2018年の雇用創出数は164万3000人で、年間計画を3.1%上回った。  このうち国内労働者数が150万人、海外派遣労働者数が年間計画を29.9%上回る14万3000人で過去最高を記録した。...>> 続き
ベトナムのECサイト訪問者数、ショッピーが首位維持―ラザダは3位に後退 (23日)
 マレーシアを本拠地とする価格比較サイト運営の「アイプライス・インサイト(Iprice Insight)」は、2018年10-12月期におけるベトナムの電子商取引(eコマース=EC)サイトの月間平均訪問者数に関する報告を発表し...>> 続き
電子マネー「モモ」が海外から資金調達、国内フィンテック分野で過去最大規模 (23日)
 携帯電話を通じた電子決済サービス(電子マネー)「モモ(MoMo)」を運営するオンラインモバイルサービス社(M_Service)はこのほど、シリーズCラウンドの資金調達で、米国のプライベートエクイティ投資会社であるウ...>> 続き
フーイエン省:クーモン峠トンネルが開通、通過時間わずか6分に短縮 (23日)
 カー峠投資社(Deo Ca Investment)は21日、南中部沿岸地方のフーイエン省とビンディン省を結ぶ国道1A号線上のトンネル道路であるクーモン峠トンネルの開通式を行った。同トンネルの開通により、クーモン峠を通過...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)