ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ペトロベトナムの海外事業、大半が効率性悪く赤字も

2019/03/20 17:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) laodong
(C) laodong 写真の拡大

 商工省がグエン・スアン・フック首相に先般報告した内容によると、同省傘下のペトロベトナムグループ(PVN)は海外で石油開発案件13件を展開しているが、その大半は効率性が悪いという。

 中でも、最も大きな損失をもたらしたのがPVNの子会社である石油ガス試掘・掘削総公社(PVEP)が2010年から参画していたベネズエラ北西部モナガス州にあるオリノコ油田ジュニン2鉱区での石油開発案件だ。

 PVEPは案件への「参画料」として第1期と第2期で合わせて4億4200万USD(約490億円)を支払ったが、事業は遅々として進まなかったため、第3期の参画料を支払うことなく同事業から撤退した。しかし、「期日通りに参画料を支払わなかった場合、ベネズエラの相手先が無償でPVEPの出資持分を受け取る」という契約事項が存在していたことから、PVEPは同案件への出資金9000万USD(約100億円)も喪失した。

 このほか、◇ロシアのナグナノブ鉱区、◇ペルーの第39 鉱区・第67鉱区、◇マレーシア のPM304鉱区、◇コンゴのマリンXI鉱区、◇イランのダナン鉱区、◇ミャンマーのM2・MD2・MD4鉱区、◇カンボジアのXV鉱区などでも、赤字を計上している、または収益化できない状況にある。PVNは効率性の悪い事業からの資金引き揚げを計画している。

 黒字化しているのは、ロシアのニエンヘスキ鉱区とアルジェリアの第433a鉱区・第416b鉱区の2事業のみだ。ニエンヘスキ鉱区開発案件では、出資金5億3300万USD(約590億円)に対して、2018年7月までに8億7759億USD(約970億円)の収入を得ている。アルジェリア事業も順調に稼動し、安定した収入をもたらしている。

 なお、PVNによるベネズエラの石油開発案件でのずさんな投資について、公安省は本格捜査に乗り出している。

[Laodong 09:11 14/03/2019 / Viettimes 13:42 14/3/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
モビフォン、20年に5Gサービス展開へ (6:50)
 情報通信省傘下の携帯通信大手モビフォン(MobiFone)は、第5世代移動通信システム(5G)サービスの試行を順調に進めており、2020年に正式にサービスを展開すると明らかにした。  正式展開に向けた準備も整って...>> 続き
韓越が租税条約改正へ、著作権への税率引き下げ含む5項目 (6日)
 韓国とベトナムは11月27日、「韓越二重課税防止協定改正議定書」に署名した。  韓越二重課税防止協定は1994年に発効したが、昨今韓国企業の対ベトナム投資が大幅に増えるなど経済関係が変化していることか...>> 続き
ベトナム商工省、通販大手アマゾンと協力覚書―地場企業の輸出支援 (6日)
 ベトナム商工省は4日、米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が展開するアマゾングローバルセリング(Amazon Global Selling)との間で協力覚書を締結した。  それによると、両者はECサ...>> 続き
ホーチミン:富士通のエアコンショールームが開業、国内初 (6日)
 ホーチミン市タンビン区コンホア通り364番地(364 Cong Hoa, quan Tan Binh, TP. Ho Chi Minh)のEタウンビルでこのほど、富士通のエアコンのショールーム「富士通エアコンディショニング・ソリューションセンタ...>> 続き
セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2 (5日)
 ベトナムにはセラミックタイルのメーカーが80社余りあり、年産能力は約7億m2に達している。生産量は世界4位、消費量でも世界4位以内で東南アジア諸国連合(ASEAN)では1位に立っている。  ベトナムでセラミッ...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)