ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

FLCグループ、カントー市で国内3か所目の航空アカデミー建設を計画

2019/07/19 14:00 JST配信
Clip to Evernote
(C) Taiwan News
(C) Taiwan News 写真の拡大

 FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)はこのほど、メコンデルタ地方カントー市での航空アカデミーの建設計画を同市人民委員会に提案した。

 同案件はカントー国際空港に隣接する面積40haの敷地に建設を予定しており、航空アカデミーだけでなく、飛行機整備センター、居住区、物流センター、機内食工場などを含む複合施設となる。バンブー航空は、南中部沿岸地方ビンディン省と東北部地方クアンニン省でも航空人材育成施設の建設を計画しており、承認されればカントー市が3か所目となる。

 このうち、ビンディン省で計画されている航空アカデミーは、敷地面積10ha、投資総額7000億VND(約32.4億円)で、2022年1-3月期から生徒の募集を開始する予定。一学年の生徒数は3500人で、パイロットや客室乗務員を養成するほか、航空技術、グランドサービスなどのコースを設ける。

 また、クアンニン省ハロン市で建設を計画しているFLC大学については既に政府の承認を得ている。同大学は敷地面積50ha、投資総額4兆VND(約185億円)。ハイテク、観光、航空の3つを主な学部とし、学生数は初年度が600人、2024年に6100人、2035年には1万人に増える見通し。

[vnexpress 16:58 15/7/2019 U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
韓越が租税条約改正へ、著作権への税率引き下げ含む5項目 (6日)
 韓国とベトナムは11月27日、「韓越二重課税防止協定改正議定書」に署名した。  韓越二重課税防止協定は1994年に発効したが、昨今韓国企業の対ベトナム投資が大幅に増えるなど経済関係が変化していることか...>> 続き
ベトナム商工省、通販大手アマゾンと協力覚書―地場企業の輸出支援 (6日)
 ベトナム商工省は4日、米インターネット通販大手アマゾン・ドットコム(Amazon.com)が展開するアマゾングローバルセリング(Amazon Global Selling)との間で協力覚書を締結した。  それによると、両者はECサ...>> 続き
ホーチミン:富士通のエアコンショールームが開業、国内初 (6日)
 ホーチミン市タンビン区コンホア通り364番地(364 Cong Hoa, quan Tan Binh, TP. Ho Chi Minh)のEタウンビルでこのほど、富士通のエアコンのショールーム「富士通エアコンディショニング・ソリューションセンタ...>> 続き
セラミックタイル生産量、ベトナムは世界4位―年産能力7億m2 (5日)
 ベトナムにはセラミックタイルのメーカーが80社余りあり、年産能力は約7億m2に達している。生産量は世界4位、消費量でも世界4位以内で東南アジア諸国連合(ASEAN)では1位に立っている。  ベトナムでセラミッ...>> 続き
ザライ省:省内初の風力発電所を着工、地場とタイ企業 (5日)
 再生可能エネルギー事業を手掛ける地場HBREグループはこのほど、タイ同業のスーパー・エナジー(Super Energy)と共に、南中部高原地方ザライ省チュープロン郡ラーフィン村(xa La Phin, huyen Chu Prong)で、省内...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)