ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

バンブー航空、米国直行便の往復運賃1300USDを検討

2019/08/05 17:51 JST配信
Clip to Evernote
(C) baodautu
(C) baodautu 写真の拡大

 急成長中の新興不動産会社、FLCグループ[FLC](FLC Group)が全額出資するバンブー航空(Bamboo Airways)は、遅くとも2021年1-3月期までにホーチミン発ロサンゼルス行きの米国直行便を就航する計画だ。

 FLCのチン・バン・クエット会長によると、早ければ2020年1-3月期にも運航を開始する。ロサンゼルスが位置する米国カリフォルニア州は、在住ベトナム人の人口が200万人に上るため、ホーチミン発ロサンゼルス行きの路線は高い需要を見込める。

 ホーチミン市タンソンニャット国際空港からロサンゼルス国際空港までは飛行距離1万2000km余りで、所要時間は時期によって15~17時間になる見通しだ。

 クエット会長は経営戦略について、発注先から機材を受領するまでは外部からボーイング787-9型機1機を借り受けるとしている。運賃については、往復航空券の販売価格を1100USD(約12万円)に設定した場合、毎月▲130億VND(約▲6100万円)の赤字になる見込み。

 定時運航率や安全性の確保などにより信頼を獲得できれば、販売価格を+100~200USD(約1万1000~2万2000円)引き上げる。販売価格を1300USD(約14万2000円)とすれば、月に80億VND(約3700万円)の利益になるという。

 クエット氏は、「販売価格を1300USDに引き上げても、日本航空(JAL)やキャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airways)よりも安い」と自信を見せた。一方、ボーイング787-9型機ではなくエアバスA350型機を借り受けた場合、1か月の利益は280億VND(約1億3000万円)になる見通しだ。

 なお、期待通りに集客ができなければ、運航頻度を減らし、経由便なども検討するという。

[Vnexpress 18:33 1/8/2019, baodautu 23:42 01/08/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ダナン:公的予算外案件の原則承認 審査期間を最短5日に (13:18)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会(市役所)は、公的予算以外の資金を原資とする投資案件について、原則承認の審査期間を現行の15 日間から5~7日間に短縮することを決定した。これは同市計画投資局が2月25日に...>> 続き
ベトナムの新車自動車販売台数、2020年は東南アジア4位 (6:10)
 2020年におけるベトナムの新車自動車販売台数は前年比▲8%減の40万7487台で、タイ、インドネシア、マレーシアに次ぐ東南アジア4位の多さだった。  このうちベトナム自動車工業会(VAMA)の加盟企業による販売...>> 続き
カインホア省、高級リゾートにリースした海水面を公共ビーチに転換 (5:56)
 南中部沿岸地方カインホア省人民委員会はこのほど、地場ソビコ・カインホア(Sovico Khanh Hoa)にリースしていた同省ニャチャン市のズオンビーチ(bai Duong)の海水面1万m2を回収し、公共ビーチに転換することを...>> 続き
非公式市場で対USDレートが2.4万VNDに迫る 米国の長期国債金利上昇の影響 (1日)
 ベトナム国家銀行(中央銀行)は3月1日、対USD銀行間為替レート(中銀公定レート)を、前回(2月27日)の1USD=2万3130VNDから▲15VNDドン安に調整し、1USD=2万3145VNDとした。  公定レートの許容変動幅はこれま...>> 続き
カントー:夜間経済発展計画案を策定、ニンキエウ区で試行へ (1日)
 南部メコンデルタ地方カントー市人民委員会はこのほど、同市の夜間経済(ナイトタイムエコノミー)発展計画案の承認に関する決定第404号/QD-UBNDを公布した。  同案では、同市ニンキエウ区で夜間経済事業を試...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited