ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

30年までの電力開発計画案、再生可能エネルギーの割合増加へ 原発にも言及

2020/07/13 16:14 JST配信
Clip to Evernote
(C)VnExpress
(C)VnExpress 写真の拡大

 商工省はこのほど、「2021~2030年国家電力開発計画及び2045年までのビジョン(第8期電力計画)」の第1次草案の内容に関するシンポジウムを開催した。計画案には6つの電源開発シナリオが提示されており、その全てで再生可能エネルギーの割合を増やしている。中には原子力発電所の建設に言及したシナリオもある。

 ホアン・クオック・ブオン商工次官は、「2011~2020年国家電力開発計画及び2025年までのビジョン(第7期電力計画)」の実施状況について、当初の計画に比べ原子力発電案件の中止やBOT(建設・運営・譲渡)発電所案件の遅延など多くの変更があり、将来の電力供給に影響を及ぼしていることを認めた。計画の達成率は電源開発が88%、500kV送電線が72%、220kV送電線が80%で、2025年の電力不足が懸念されている。

 ブオン次官は、「第8期電力計画案は、電力が1歩先を行って経済社会の発展に不可欠な電力の不足を起こさないという原則に従って作成された。また、再生可能エネルギーを発展させ、石炭火力発電を抑制する方針だ」と強調した。

 原子力発電に触れたシナリオによると、2035年以降に建設し2040年に出力1000MW、2045年までに同5000MWに引き上げるとしている。
 

[VnExpress 17:28 8/7/2020,O].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
韓国国際協力団、フエのスマートシティ構築を支援 (5:11)
 北中部地方トゥアティエン・フエ省はこのほど、韓国国際協力団(KOICA)との間で、2021~2025年期のスマートシティ構築案件に関する提携契約を締結した。  同案件への投資総額は1480万USD(約15億4000万円)。...>> 続き
20年のホテル客室稼働率、ハノイとホーチミン共に急低下 (25日)
 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)が発表した2020年におけるハノイ市とホーチミン市のホテル市場レポートによると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、2都...>> 続き
軍隊銀行、民間老人ホーム案件に21億円融資 日系が設計担当 (25日)
 軍隊銀行[MBB](Military Bank)はこのほど、ハノイ市のフオンドン総合病院を運営するフオンドンメディカルコンプレックス(Oriental Medical Complex)との間で、総額4730億VND(約21億3000万円)の融資契約を締結し...>> 続き
BMW、大型バイクの新モデル「R 18」発売 418万円から (25日)
 独BMWの自動二輪車生産販売部門であるBMWモトラッド(BMW Motorrad)が展開する大型バイクの新モデル「R 18」が21日、ベトナム国内で発売された。  R 18は、BMW モトラッドが築き上げてきたヒストリーとアイ...>> 続き
ビンファスト、電気自動車3車種を発表 5月に予約開始 (25日)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は22日、スポーツ用多目的車(SUV)「VF31」「VF32」「VF33」の3車種を発表した。  VF31は電気自動車(EV)で、VF32...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited