ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

フック首相、サムスン電子ベトナム社長と会談 協力を改めて約束

2020/08/14 03:49 JST配信
(C) Nbtv
(C) Nbtv 写真の拡大

 グエン・スアン・フック首相は11日、ベトナムにとって最大の海外投資家である韓国系サムスン電子ベトナム(Samsung Electronics Vietnam=SEV)のチェ・ジュホ社長と政府官房で会談し、サムスンのベトナム事業に対する協力を改めて約束した。

 フック首相はこの席で、サムスンが今後もベトナムを戦略的な生産拠点としていくことを強く希望する意を示し、サムスンをはじめとする海外投資家に有利な条件を整えていくと強調した。

 一方のチェ氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるサムスンのベトナム事業への影響を軽減するベトナム当局の施策を高く評価し、「ベトナムの施策のおかげで、新型コロナ禍でもベトナム事業が輸出などの分野でポジティブな結果を残している」と話した。同氏は、サムスンが今後もベトナムの成長に貢献できるよう、ベトナムの関連機関が引き続き同社に有利な条件を整えることを希望するとした。

 なお、同社は◇北部紅河デルタ地方バクニン省、◇東北部地方タイグエン省、◇ホーチミン市の3省・市で大規模な工場を展開しており、投資認可額の合計は173億USD(約1兆8500億円)に達している。

 フック首相は、ベトナムの成長に大きく貢献してきたサムスンとの関係を特に重要視しており、頻繁に同社代表者との会談の席を設けては、ベトナムへの更なる投資拡大を求めている。

Clip to Evernote
[Nbtv 20:41 11/08/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ノイバイ空港とタンソンニャット空港、滑走路と誘導路を運用再開 (28日)
 27日、ハノイ市ノイバイ国際空港の1A滑走路とS1誘導路、S2誘導路、S7誘導路の運用が再開された。  これに先立つ昨年9月、交通運輸省は同空港の1B滑走路の運用を再開した。この滑走路2本は2020年6月に着工し...>> 続き
ロールス・ロイス、ホーチミンにサービスセンター開業 (28日)
 衣料品や時計、装飾品などの高級品の販売を手掛ける地場S&Sグループ(S&S Group)傘下のS&Sオートモーティブ(S&S Automotive)は、ホーチミン市タンビン区コンホア(Cong Hoa)通り20番地に「ロールス・ロイス(Rolls...>> 続き
ホーチミン:21年の観光収入、前年比▲48%減 (28日)
 ホーチミン市観光局によると、2021年の外国人観光客はゼロだったが、国内観光客数は前年比▲41.12%減の935万人で年間計画の62.3%を達成。観光収入は同▲47.65%減の44兆2470億VND(約2200億円)で年間計画の70%...>> 続き
国産EV「VF 8」が初走行 ビンG会長が国家主席を乗せて自ら運転 (28日)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は26日、自社製電気自動車(EV)「VF 8(旧名:VF e35)」の初走行をお披露目した。  「VF 8」の初走行は、VICのファ...>> 続き
スーパー各店、テト前は深夜まで営業 イオンは旧暦元旦も営業 (28日)
 スーパー各店は、テト(旧正月)前の需要増に応えるべく営業時間を延長している。  小売大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)が展開する◇スーパーマーケット「コープマート(Co.opmart...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited