ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトテル、10月に「国産5G」商用サービス開始

2020/09/04 06:20 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ベトナム軍隊工業通信グループ(ベトテル=Viettel)は、一部の省・市における試験導入を経て、来る10月に国産機械設備を駆使した第5世代移動通信システム(5G)の商用サービスを開始する。

 ベトテルは当初、6月に5Gサービスを開始する予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、10月に延期することになった。同社は2021年6月までに全国で5Gサービスを展開する計画だ。実現すれば、5Gサービスを展開する世界で最初の国々の一つになる。

 ベトテルは、トランシーバーなど5Gサービス向けの機械設備を自社で設計・製造し、「国産5G」の展開を可能としている。同社は5Gサービスの全国展開に伴い、一般向け・軍向けの製品・サービスを整備するなどして5Gサービスを活かしたエコシステムを構築していく。

 地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)子会社のビンスマート(VinSmart)は7月上旬、5Gに対応するスマートフォン「Vスマート・アリス5G(Vsmart Aris 5G)」を発表した。これは、初の国産5G対応スマートフォンになる。

 なお、ベトナム郵便通信グループ(Vietnam Posts and Telecommunications Group=VNPT)傘下のビナフォン(Vinaphone)と情報通信省傘下のモビフォン(MobiFone)の国営2社も、2021年中に商業ベースでの5Gサービスを開始する計画だ。

Clip to Evernote
[Tuoi Tre 09:07 03/09/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ホーチミン~モクバイ間高速道路、25年完成予定 (3:12)
 ホーチミン市人民評議会(市議会)は19日、ホーチミン市とカンボジア国境の東南部地方タイニン省モクバイ国境検問所を結ぶ高速道路建設案件に関する決議を採択した。  決議によると、この高速道路は全長50km...>> 続き
地場ECサイト「ティキ」、シリーズEラウンドで155億円の出資獲得 (21日)
 シンガポールの経済ニュースサイト「ディールストリートアジア(DealStreetAsia)」によると、ベトナムの電子商取引(eコマース=EC)サイトの「ティキ(Tiki)」がシリーズEラウンドで1億3600万USD(約155億円)を調達...>> 続き
ドンナイ省:ロンタイン国際空港の立退き補償で65億円支払い (21日)
 東南部地方ドンナイ省ロンタイン郡人民委員会は、同郡で建設中のロンタイン国際空港の土地収用補償について、18日~27日の間に560世帯向けの立ち退き補償として1兆3000億VND(約65億円)を支出することを明らかに...>> 続き
高収益企業トップ500、サムスン電子ベトナムが1位に浮上 (20日)
 ベトナム評価レポート社(ベトナムレポート=Vietnam Report)がこのほど発表した「収益が高いベトナム企業トップ500(Profit500)」の2021年版で、サムスン電子ベトナム・タイグエン(Samsung Electronics Vietnam ...>> 続き
マサンG、F&B・医薬品・金融サービスを統合した小売店開業 (20日)
 畜産飼料、食品・飲料、鉱山採掘、金融事業を手掛けるマサングループ[MSN](Masan Group)はこのほど、ホーチミン市にコンビニエンスストア「ウィンマート・プラス(WinMart+)」とカフェ「フックロン(Phuc Long)」、>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited