ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

全国発電所の総出力、30年までに15.6万MWに増強へ

2021/11/25 04:07 JST配信
イメージ写真
イメージ写真

 レ・バン・タイン副首相はこのほど、2045年までを視野に入れた2021~2030年の国家発電開発計画(通称:第8電力開発計画)草案の意見聴取を行うべく会議を主催した。

 この草案は、商工省が複数回にわたり見直した上で改定したもの。最新案によると、全国発電所の総出力は2030年までに15万5700MW(旧草案比▲2万4000MW)、2045年までに33万3590MW(同▲3万6000MW)に増やす。

 最新案では、電力開発において石炭などを使用した化石エネルギーを削減し、再生可能エネルギーと新エネルギーの比重を増やす。特に風力発電(陸上風力・洋上風力)に焦点を当てる。これは、国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)におけるベトナムの公約に適したものとなっている。

 太陽光発電については、日照時間や天候などの問題から稼働時間が限られるほか、電力貯蔵システムもないため、国の電力システムの主力エネルギー源とせず、自給自足の形での開発推進に向けたメカニズムを適用する。

 このほか、長距離の送電を抑えることにより、送電線の新規敷設ひいては投資コストを削減する。

 タイン副首相は商工省に対し、科学者や専門家の意見を受け、電力貯蔵システムの開発を優先するなど太陽光エネルギーをより効率的かつ合理的に使用するためのメカニズムとソリューションを考慮した形で草案を調整するよう指導した。

 なお、太陽光発電のうち、特に屋根置き太陽光発電では、大規模な需要が集中する工業団地で開発する必要があると考えられている。

Clip to Evernote
[VnExpress 20:39 19/11/2021 / Bao Dau Tu 08:17 07/09/2021 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ロールス・ロイス、ホーチミンにサービスセンター開業 (14:16)
 衣料品や時計、装飾品などの高級品の販売を手掛ける地場S&Sグループ(S&S Group)傘下のS&Sオートモーティブ(S&S Automotive)は、ホーチミン市タンビン区コンホア(Cong Hoa)通り20番地に「ロールス・ロイス(Rolls...>> 続き
ホーチミン:21年の観光収入、前年比▲48%減 (13:57)
 ホーチミン市観光局によると、2021年の外国人観光客はゼロだったが、国内観光客数は前年比▲41.12%減の935万人で年間計画の62.3%を達成。観光収入は同▲47.65%減の44兆2470億VND(約2200億円)で年間計画の70%...>> 続き
国産EV「VF 8」が初走行 ビンG会長が国家主席を乗せて自ら運転 (6:15)
 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は26日、自社製電気自動車(EV)「VF 8(旧名:VF e35)」の初走行をお披露目した。  「VF 8」の初走行は、VICのファ...>> 続き
スーパー各店、テト前は深夜まで営業 イオンは旧暦元旦も営業 (4:01)
 スーパー各店は、テト(旧正月)前の需要増に応えるべく営業時間を延長している。  小売大手のホーチミン市商業合作社(サイゴンコープ=Saigon Co.op)が展開する◇スーパーマーケット「コープマート(Co.opmart...>> 続き
クアンニン省:モンカイ~バンドン間高速道路など交通3案件が開通 (27日)
 東北部地方クアンニン省で3つの大規模な交通インフラ案件が一斉に開通し、26日に開通式が行われた。開通式にはファム・ミン・チン首相も出席し、テープカットを行った。  開通した交通インフラ案件は以下の...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited