ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

2大都市のオフィス市場、21年は入居率が低下 賃貸料も下落

2022/01/27 14:38 JST配信
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナム(Savills Vietnam)が先般発表したベトナム2大都市(ホーチミン市ハノイ市)のオフィス市場に関するレポートによると、長引く新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、2021年における両都市のオフィス入居率は小幅に低下し、賃貸料も下落した。

 レポートによると、ホーチミン市の2021年末時点におけるオフィス面積は、前年末比+5%増の約240万m2となっている。

 入居率は前年比▲3%低下の90%へと小幅に低下したものの、新型コロナの影響下にあっても高水準を維持した。1m2当たりの月額賃貸料は同▲3%減の71万5000VND(約3600円)へと下落した。

 ホーチミン市では2025年までにオフィス案件21件(合計55万m2)が新たに開業する予定。このうち郊外に開業するオフィス面積が新規面積全体の48%を占める見通し。

 一方、ハノイ市の2021年末時点におけるオフィス面積は、前年末比+11%増の約220万m2となった。このうちBクラスのオフィスが約110万m2で、全体の50%を占めた。

 新規案件により、まとまった面積が市場に供給されたことで、入居率は前年比▲5%低下の84%となった。また、1m2当たりの月額賃貸料は同▲2%減の48万5000VND(約2440円)へと下落した。

 なお、ハノイ市では2025年までにオフィス案件22件(合計70万m2)が新たに開業する予定。このうちBクラスの面積が新規面積全体の54%を占める見通し。
 

Clip to Evernote
[Kinh Te Do Thi 12:29 25/01/2022 / Kinh Te Chung Khoan 19:58 19/01/2022 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [経済]
ティックトック、ゲーム機能を搭載 まずはベトナムで試験導入 (6:40)
 英ロイター通信(Reuters)が情報筋から得た情報として報じたところによると、中国発の動画投稿プラットフォーム「ティックトック(TikTok)」が、ゲーム機能を搭載する計画を進めている。まずはベトナムで試験的に...>> 続き
ベトナム、「中所得国の罠の回避には体制改革が必要」WB見解 (20日)
 世界銀行(WB)は先般発表した最新レポートの中で、ベトナムが体制改革を行わなければ、中所得国の罠に陥る可能性があるとしている。WBは、適応性のある近代的な経済体制の構築が、2045年までに高所得国になると...>> 続き
新韓ベトナム銀行がデジタル金融強化へ、ティキと発展に向け提携 (20日)
 韓国系の新韓ベトナム銀行(Shinhan Bank Vietnam)は17日、未来銀行グループ(Future Bank Group)の発足式を開催したと18日、発表した。  未来銀行グループは、銀行内銀行(B.I.B=Bank In Bank)の形で設立さ...>> 続き
ゲーム開発会社ヴァーチャス、ベトナムの2D・3Dアート制作スタジオを買収 (20日)
 世界有数のゲーム開発会社であるシンガポールのヴァーチャス(Virtuos)は19日、ホーチミン市を拠点に従業員400人を擁する2D・3Dアート制作スタジオであるグラスエッグ・デジタルメディア(Glass Egg Digital Medi...>> 続き
バンベト銀行、ICチップ付きIDカードによる現金の入出金サービスを開始 (20日)
 バンベト銀行[BVB](Viet Capital Bank)は18日、ICチップ付き身分証明書(IDカード)による現金の入出金機能を備えた自動銀行システム「Digimi+」を正式に開始した。  「Digimi+」は、従来の現金自動預け払い...>> 続き
これより過去の記事は、経済記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved