ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ビザ更新時の一時出国が不要に、30日ルールも廃止―国会可決

2019/11/27 16:59 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 国会は25日、ベトナムにおける外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する法律を83.6%の賛成多数で可決した。同法は2020年7月1日に施行される。

 同法には、外国人のベトナム滞在に便宜を図る多くの新規定が盛り込まれている。

 注目すべきは、外国人が就業先との雇用契約のもとベトナムで働き、後から労働許可証(ワークパーミット)を取得し、入国目的変更のためビザを更新する際に一旦出国してから再入国する必要がなくなる点だ。

 また、外国人がベトナムのビザ免除措置を利用しベトナムに再入国する場合、前回の出国日から再入国日までの期間を30日以上あけなければならないとする規定も廃止される。

 さらに、ベトナムに投資する外国人投資家に交付される在留カードの有効期間も最大10年に延長される。

 このほか同法では、電子ビザ発給に関する条項を正式に取り扱うほか、一定の条件を満たす沿岸経済区に入る目的で入国し、滞在期間が30日以内の外国人に対しビザを免除する。条件は、◇国際空港を有すること、◇明確な地理的境界があり、外部と区別されていること、◇経済社会開発方針に沿うことなどが挙げられる。

 ベトナムには現在、18か所の沿岸経済区がある。全ての条件をクリアした沿岸経済区は政府の決定のもと、このビザ免除措置を適用することができる。


ベトナムの観光・ビジネスビザ、レジデンスカード、労働許可証の取得はお任せください。
詳細はこちら

[Vnexpress 15:40 25/11/2019 / Cand 15:16 25/11/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [法律]
12月施行の新規定、脱税や海外への金銭持ち出しに関する罰金規定 (11/30)
 2020年12月に施行される新規定4本をまとめて紹介する。  1.虚偽情報の掲載、罰金を大幅引き上げ  報道・出版における行政違反に対する処分を規定する政令第119号/2020/ND-CP(12月1日施行)では、虚...>> 続き
定年年齢、21年から段階的に引き上げへ 新政令 (11/26)
 政府は18日、2019年に国会で可決された改正労働法が2021年1月1日に施行されることに伴い、新たな定年年齢を規定する政令第135号/2020/ND-CPを公布した。同政令は2021年1月1日に施行される。  政令によると...>> 続き
納税対象者の銀行口座情報、税務機関の監視下に 12月5日施行の新政令 (11/24)
 改正税管理法(7月1日施行)をガイダンスする政令第126号/2020/ND-CPが、12月5日に施行される。  政令によると、商業銀行は税務機関の要求に応じて納税対象者の普通口座の情報を報告し、併せて取引内容や残高...>> 続き
改正環境保護法が可決、生活ごみ処理手数料は従量制に (11/19)
 国会は17日、改正環境保護法を91.9%の賛成多数で可決した。16章171条から成り、2022年1月1日に施行される。  同法で注目すべきは、世帯の生活ごみ収集処理手数料の徴収について、現在の定額制を終了し、ご...>> 続き
改正行政違反処分法や改正HIV防止法など法律3本が可決 (11/18)
 国会は13日、行政違反処分法の一部を改正・補足する改正行政違反処分法(2022年1月1日施行)、国際協議法(2021年7月1日施行)を可決。さらに16日にはHIV/AIDS防止法の一部を改正・補足する改正HIV/AIDS防止法(2021...>> 続き
これより過去の記事は、法律記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited