ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

「30日以内の再入国にもビザ必要」など、出入国管理法令15年1月施行

2014/12/19 18:43 JST配信
Clip to Evernote

 2015年1月1日から、「ベトナムにおける外国人の出入国、通過及び居住に関する法律」(仮称)が施行される。同法の施行に伴い、従来は不要だったベトナム再入国時の査証(ビザ)が必要になるケースや、入国前に取得したビザと異なる目的のビザを国内で取得することができなくなるケースなどが発生すると見られている。

 同法には、◇ビザの目的変更を認めない、◇入国時のパスポート残存期間を現行の「3か月以上」から「6か月以上」とする、◇前回のベトナム出国から30日以上経過した後でなければ、ビザ免除による入国(15日間)を認めないといった内容が含まれている。

 つまり、現在15日間のビザ免除が適用されている日本など7か国の国民も、30日以内に2回以上ベトナムへ入国する場合にはビザが必要になる。また、往復または第三国へ出国するための交通手段のチケットを所持していることも条件となる。

 例えば1週間の旅程でハノイ市へ入国した後カンボジアへ出国し、ホーチミン市へ再入国する場合には、シングルビザを取得しなければならない。また、30日以内に3回以上入国する場合には、数次(マルチ)ビザを取得しなければならない。いずれも1回目の入国ではビザ免除が適用されるが、2回目以降はビザが必要になるという。

 このほか、企業の駐在員などがベトナムで就労する際に必要な一時滞在許可証の取得にも影響があると予想されている。例えば、従来は3か月有効のビザで入国した後、労働許可証及び一時滞在許可証を取得してそのままベトナムに滞在することが認められていたが、同法の施行により、労働許可証及び一時滞在許可証はベトナムでの就労開始前(入国前)に取得しなければならなくなる。ベトナム出入国管理局が一時滞在許可証の発給を認めると同時に、駐日本ベトナム大使館または在大阪ベトナム総領事館に対して入国のためのビザ発給許可通知を行い、それに基づいてビザを取得し、ベトナムへ入国することになる。

[2014年12月19日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [観光]
ベトナム航空、福島~ホーチミン間のチャーター便を全便運航中止 (27日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、1月から5月にかけて福島~ホーチミン間のチャーター便35便を運航する予定だったが、1月26日から2月3日までに運航済みの5便を除く30便の運航を中止した。  これに先...>> 続き
ベトナム航空、4月末まで全ての国際線を運休 (23日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大と予防措置を目的としたベトナムを含む各国の入国制限政策により、全ての国際線を4月30日まで運休する。  シンガポール、...>> 続き
キエンザン省:観光客の受け入れ一時停止、新型コロナ対策で (19日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が世界的に拡大する中、南部メコンデルタ地方キエンザン省人民委員会は管轄地域内の関連機関・組織に対し、外国人観光客、新型コロナウイルスの感染が確認されている...>> 続き
ベトナム航空、4月末までベトナム~日本路線を全便運休 (19日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によるベトナム入国制限に関するベトナム政府の発表を受けて、これまでの運休に加えて3月23日から4月30日まで全便運休を決定し...>> 続き
タイ・ベトジェット、ウドンタニ~ホーチミン線に6月就航 (19日)
 格安航空会社(LCC)最大手ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)が出資するタイのLCCタイ・ベトジェットエア(Thai Vietjet Air)は、タイのウドーンターニー(ウドンタニ)とホーチミン市を結ぶ新路線を6月12日から就...>> 続き
これより過去の記事は、観光記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)