ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

ベトナムビザの30日ルール廃止など、改正案に国会は概ね合意

2019/10/31 06:29 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 国会は29日、ベトナムにおける外国人の出入国・経由・居住法の一部を改正・補足する草案について議論した。

 トー・ラム公安相はこの席で草案策定の背景や目的などについて報告し、この中で電子ビザ発給や外国人のビザ更新手続きの簡素化などの必要性を主張した。

 同法の改正案では、電子ビザ発給に関する条項を正式に取り扱うこととしている。発給対象国については政府が決定する。なお、電子ビザ発給は、2年間の試行に関する政令第7号/2017/ND-CP(2017年2月1日施行)と、同政令の一部項目を改正・補足する政令第17号/2019/ND-CP (2019年2月1日施行、2年間有効)のもとで既に試行されている。

 また、一定の条件を満たす沿岸経済区に入る目的で入国し、滞在期間が30日以内の外国人に対してビザを免除する。条件は、◇国際空港を有すること、◇明確な地理的境界があること、◇外部と区別されていることなど。

 さらに、「外国人がベトナムのビザ免除措置を利用してベトナムに再入国する場合、前回の出国日から再入国日までの期間を30日以上あけなければならない」とする規定も廃止される。

 このほか、外国人が就業先との雇用契約のもとベトナムで働き、後から労働許可証(ワークパーミット)を取得し、入国目的変更のためビザ更新の必要性が生じた場合の手続きも簡素化される見通しだ。

 一部議員からは、入国条件を緩和することで外国人が国防・安全保障・治安を乱す問題の悪化につながるとの懸念もあがっていたが、国会は「国際統合や経済発展、社会発展にプラスに働く」、「損より利が大きい」としてこの案で概ね一致している。


ベトナムの観光・ビジネスビザ、レジデンスカード、労働許可証の取得はお任せください。
詳細はこちら

 

[Tuoi Tre 17:10 29/10/2019 / Bao Chinh Phu 16:43 29/10/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [法律]
定年年齢、21年から段階的に引き上げへ 新政令 (26日)
 政府は18日、2019年に国会で可決された改正労働法が2021年1月1日に施行されることに伴い、新たな定年年齢を規定する政令第135号/2020/ND-CPを公布した。同政令は2021年1月1日に施行される。  政令によると...>> 続き
納税対象者の銀行口座情報、税務機関の監視下に 12月5日施行の新政令 (24日)
 改正税管理法(7月1日施行)をガイダンスする政令第126号/2020/ND-CPが、12月5日に施行される。  政令によると、商業銀行は税務機関の要求に応じて納税対象者の普通口座の情報を報告し、併せて取引内容や残高...>> 続き
改正環境保護法が可決、生活ごみ処理手数料は従量制に (19日)
 国会は17日、改正環境保護法を91.9%の賛成多数で可決した。16章171条から成り、2022年1月1日に施行される。  同法で注目すべきは、世帯の生活ごみ収集処理手数料の徴収について、現在の定額制を終了し、ご...>> 続き
改正行政違反処分法や改正HIV防止法など法律3本が可決 (18日)
 国会は13日、行政違反処分法の一部を改正・補足する改正行政違反処分法(2022年1月1日施行)、国際協議法(2021年7月1日施行)を可決。さらに16日にはHIV/AIDS防止法の一部を改正・補足する改正HIV/AIDS防止法(2021...>> 続き
改正海外労働者派遣法が可決、22年1月1日に施行 (18日)
 国会は13日、「契約による海外派遣ベトナム人労働者法」(改正海外労働者派遣法)を93.4%の賛成多数で可決した。同法は8章74条から成り、2022年1月1日に施行される。  同法には、◇労働者および労働派遣に関...>> 続き
これより過去の記事は、法律記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited