ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日立造船、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの実証運転を開始

2017/04/25 06:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) 日立造船
(C) 日立造船 写真の拡大

 日立造船株式会社(大阪市住之江区)は、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの建設および試運転を完了し、4月1日から実証運転を開始した。今後6か月間の実証運転を通じて様々な種類の産業廃棄物に適した処理方法を検証し、プラントの実用性および省エネルギー技術としての有効性を実証する。

 同プロジェクトは、技術開発マネジメントやクレジット取得の関連業務を手掛ける国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、神奈川県川崎市)が実施するもの。

 日立造船は24日、実証運転の開始にあたり同プラントのサイト内で竣工式を執り行い、日越両国の政府関係者およびハノイ市内に産業廃棄物排出工場を持つ企業関係者などが出席した。

 プラントは、ハノイ市ソクソン郡のナムソン処理場に建設した。1日当たり75tを衛生的かつ安全に焼却処分することで約10%(約7.5t)まで減容化するとともに、排熱回収により一般家庭約5000世帯に対応できる1930kW規模の発電を行う。

 ハノイ市では、生活ごみおよび産業廃棄物が1日当たり合計約7000t発生し、うち5000t以上が埋め立て処分されている。しかし、埋立地の逼迫や環境衛生面の問題が懸念されている。

 こうした中、NEDOはベトナムにおける産業廃棄物焼却発電の事業性評価や普及可能性、システム全体の基本設計や廃棄物の性状調査などに関するFS調査を実施し、2012年に資源環境省およびハノイ市人民委員会との間で基本協定書(MOU) を締結。MOUに基づき、廃棄物処理技術に関して豊富な実績を有する日立造船に同事業を委託した。

[2017年4月24日 日立造船株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [日系]
ラックランド、ベトナムの日系アルミメーカーを子会社化 (13:29)
 設備・建築・内装・冷蔵・厨房技術を組み合わせた独自のサービスを手掛ける商空間テック企業の株式会社ラックランド(東京都新宿区)は11月21日、建築・装飾金物の設計・製作・施工などを手掛ける墨東建材工業株...>> 続き
日本政府、枯葉剤被害児・障害児センター車両整備計画など8案件に118万USD (6:01)
 駐ベトナム日本大使公邸で5日、日本政府による2018年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「ダナン市ホアバン郡枯葉剤被害児・障害児センター車両整備計画」など8件の贈与契約署名式が開催された。全8案件の供...>> 続き
ヤマハ、125cc新型スクーター「NOZZA GRANDE」をベトナムで発売 (10日)
 ヤマハ発動機株式会社(静岡県磐田市)は、「ハイブリッドシステム(HYBRID System)」などの新たな機能を備えた125ccプレミアムスクーター「NOZZA GRANDE(ノザ・グランデ)」の2019年モデルを12月からベトナムで順...>> 続き
政府系総合商社AIC会長のニャン女史に旭日小綬章を伝達 (7日)
 駐ベトナム日本大使公邸で11月24日、2018年秋の外国人叙勲で旭日小綬章を授与された政府系総合商社AICグループ会長のグエン・ティ・タイン・ニャン女史への叙勲伝達式が執り行われた。  ニャン会長への叙勲...>> 続き
鹿島、ベトナムのホテル開発事業第1号案件に着手 (6日)
 鹿島建設株式会社(東京都港区)のアジア開発事業統括会社カジマ・デベロップメント(Kajima Development=KD)は、2016年にベトナムの不動産開発会社インドチャイナ・キャピタル(Indochina Capital)と合弁で設立し...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)