ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日立造船、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの実証運転を開始

2017/04/25 06:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) 日立造船
(C) 日立造船 写真の拡大

 日立造船株式会社(大阪市住之江区)は、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの建設および試運転を完了し、4月1日から実証運転を開始した。今後6か月間の実証運転を通じて様々な種類の産業廃棄物に適した処理方法を検証し、プラントの実用性および省エネルギー技術としての有効性を実証する。

 同プロジェクトは、技術開発マネジメントやクレジット取得の関連業務を手掛ける国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、神奈川県川崎市)が実施するもの。

 日立造船は24日、実証運転の開始にあたり同プラントのサイト内で竣工式を執り行い、日越両国の政府関係者およびハノイ市内に産業廃棄物排出工場を持つ企業関係者などが出席した。

 プラントは、ハノイ市ソクソン郡のナムソン処理場に建設した。1日当たり75tを衛生的かつ安全に焼却処分することで約10%(約7.5t)まで減容化するとともに、排熱回収により一般家庭約5000世帯に対応できる1930kW規模の発電を行う。

 ハノイ市では、生活ごみおよび産業廃棄物が1日当たり合計約7000t発生し、うち5000t以上が埋め立て処分されている。しかし、埋立地の逼迫や環境衛生面の問題が懸念されている。

 こうした中、NEDOはベトナムにおける産業廃棄物焼却発電の事業性評価や普及可能性、システム全体の基本設計や廃棄物の性状調査などに関するFS調査を実施し、2012年に資源環境省およびハノイ市人民委員会との間で基本協定書(MOU) を締結。MOUに基づき、廃棄物処理技術に関して豊富な実績を有する日立造船に同事業を委託した。

[2017年4月24日 日立造船株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
吉野石膏、バリア・ブンタウ省で生産工場を着工 (14日)
 住宅建材メーカー大手の吉野石膏株式会社(東京都千代田区)のベトナム現地法人であるYoshino Gypsum Viet Nam(東南部地方バリア・ブンタウ省)は13日、同省の第3フーミー工業団地で生産工場「Yoshino Gypsum Viet...>> 続き
UBU CAFEルミネエスト新宿店で「タピオカチェー」期間限定発売 (14日)
 アジアンカフェ&ダイニングのUBU CAFEルミネエスト新宿店(東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿8階)に、6月17日(月)~8月31日(土)の期間限定で、「タピオカチェー」が4つのフレーバーで登場する。昨...>> 続き
SAJみなとシティバレエ団、「シンデレラ」無料公演―ホーチミンの小中学校など16か所を訪問 (14日)
 2018年に東京都港区で発足した芸術振興団体The Society for Arts in Japan(SAJ)みなとシティバレエ団は、9月5日から13日にかけてホーチミン市の小中学校など16か所を訪問し、クラシックバレエ「シンデレラ」の...>> 続き
にしてつベトナム現法、ドンナイ省にアマタセールス事務所を開設 (14日)
 にしてつベトナム現地法人(NNR Global Logistics Vietnam)は、東南部地方ドンナイ省アマタ工業団地内に「アマタセールス事務所」を開設し、5日より業務を開始した。同社にとって7番目の拠点となる。  アマ...>> 続き
JOGMEC、対ベトナム石炭採掘・保安技術移転事業を開始 (13日)
 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC、東京都港区)は、令和元年(2019年)度産炭国に対する石炭採掘・保安に関する技術移転事業のうち、ベトナム石炭鉱産グループ(Vinacomin=ビナコミン)との研修...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)