ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日立造船、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの実証運転を開始

2017/04/25 06:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) 日立造船
(C) 日立造船 写真の拡大

 日立造船株式会社(大阪市住之江区)は、ベトナム初の廃棄物焼却発電プラントの建設および試運転を完了し、4月1日から実証運転を開始した。今後6か月間の実証運転を通じて様々な種類の産業廃棄物に適した処理方法を検証し、プラントの実用性および省エネルギー技術としての有効性を実証する。

 同プロジェクトは、技術開発マネジメントやクレジット取得の関連業務を手掛ける国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO、神奈川県川崎市)が実施するもの。

 日立造船は24日、実証運転の開始にあたり同プラントのサイト内で竣工式を執り行い、日越両国の政府関係者およびハノイ市内に産業廃棄物排出工場を持つ企業関係者などが出席した。

 プラントは、ハノイ市ソクソン郡のナムソン処理場に建設した。1日当たり75tを衛生的かつ安全に焼却処分することで約10%(約7.5t)まで減容化するとともに、排熱回収により一般家庭約5000世帯に対応できる1930kW規模の発電を行う。

 ハノイ市では、生活ごみおよび産業廃棄物が1日当たり合計約7000t発生し、うち5000t以上が埋め立て処分されている。しかし、埋立地の逼迫や環境衛生面の問題が懸念されている。

 こうした中、NEDOはベトナムにおける産業廃棄物焼却発電の事業性評価や普及可能性、システム全体の基本設計や廃棄物の性状調査などに関するFS調査を実施し、2012年に資源環境省およびハノイ市人民委員会との間で基本協定書(MOU) を締結。MOUに基づき、廃棄物処理技術に関して豊富な実績を有する日立造船に同事業を委託した。

[2017年4月24日 日立造船株式会社ニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
歴史学者の故ファン・フイ・レ氏に日本外務省が感謝状 (5:18)
 日本の外務省は、今年6月に死去したベトナムの著名な歴史学者である故ファン・フイ・レ氏に外務大臣感謝状を授与した。梅田邦夫駐ベトナム日本国特命全権大使がハノイ市の大使公邸で17日、日本政府を代表して河...>> 続き
JALとベトジェットエア、コードシェアを開始 (20日)
 日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)と格安航空(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は、10月28日よりコードシェアを開始する。  JALとVJCは、VJCが運航するベトナム国内線の一部の路線と日本~ベトナ...>> 続き
花王、「ベトナム衛生プログラム」開始―清潔・衛生習慣の定着へ (19日)
 花王株式会社(東京都中央区)は、ベトナムにおける清潔・衛生習慣の定着に貢献するため、「ベトナム衛生プログラム」を開始した。このプログラムは、「衛生管理リーダー育成プログラム」「衛生奨学金制度」「学...>> 続き
三浦工業グループ会社、ベトナム駐在所を開設 (18日)
 産業用ボイラのトップメーカーである三浦工業株式会社(愛媛県松山市)のグループ会社ミウラシンガポール社(Miura Singapore)は1日、ベトナム駐在所をホーチミン市1区に開設した。  ミウラシンガポールは2008...>> 続き
環境システムのアマノ、ベトナム駐在員事務所を開設 (18日)
 環境システムやクリーンシステムなどの事業を手掛けるアマノ株式会社(神奈川県横浜市)の海外グループ会社であるアマノ・タイ・インターナショナル(Amano Thai International)は、ベトナム駐在員事務所をホーチ...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)