ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ファーマフーズ、ベトナムで妊婦の栄養改善プロジェクト始動 葉酸たまごの海外販売拡大へ

2021/04/13 14:00 JST配信
Clip to Evernote
イメージ写真
イメージ写真 写真の拡大

 機能性食品素材の開発・販売などを手掛ける株式会社ファーマフーズ(京都市西京区)は、国際協力機構(JICA)との間で「ベトナム国妊婦の栄養改善に資する葉酸たまごの販売促進にかかる基礎調査」に関する業務委託契約を締結し、事業を開始した。

 この事業は、2020年2月に「中小企業・SDGsビジネス支援事業」としてJICAに採択されたもの。採択後、調査計画と調査完了後の販売計画について協議を重ね、今年3月に契約を締結した。期間は2022年3月まで。

 ベトナムでは国民の栄養改善に大きな課題が存在しており、特に妊娠期の葉酸不足による先天的な脊椎骨の形成不全、いわゆる二分脊椎症の発症率は極めて高い状態だ。

 「ベトナム国家栄養戦略」でも、妊産婦などへの「葉酸補給」が明記・推奨されている。そのため、ベトナム保健省傘下国立栄養研究所(NIN)は、「人生最初の1000日(妊娠から2歳までの乳幼児)の栄養介入」を実行課題としている。

 この事業でファーマフーズはNINと協力し、ハノイ市ホーチミン市などの主要都市で産婦人科関係者や10~50歳代の女性に対して約1年間にわたり調査を行う。調査を通じて、葉酸の認知程度や機能性食品に対するニーズ、価値観を把握し、葉酸たまごを現地のニーズや価値にどのように適合させていくかを判断する。

 また、同社はNINに対し、葉酸に関する知見と技術を提供する。これによりNINは、ベトナム全土で妊婦の葉酸摂取の実態が把握でき、葉酸の重要性が広く認知されるとともに、製品の具体的な栄養評価により、消費者への信頼性を高めることができる。

 NINと協力して事業を遂行し、葉酸への認知・信頼性を高めることで、同社は葉酸たまごの特殊飼料「ファーマバイオミックス」の販売を拡大していく計画。アジアの大手食品総合企業グループをはじめとした現地商社と販売代理店契約を結び、現地の鶏卵生産会社や小売店への幅広い普及を目指す。

[2021年4月12日 株式会社ファーマフーズニュースリリース A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [日系]
在ダナン領事事務所が一部業務再開、ハノイの大使館も予約制導入 (2:12)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の防疫措置として南中部沿岸地方ダナン市のドンダー(Dong Da)通りが封鎖されていることに伴い6日より一時閉所していた在ダナン領事事務所は、7日までに一部業務を再開した。...>> 続き
コプロ・ホールディングス、ベトナム現地法人の営業開始 人材事業展開 (7日)
 建設業・プラント業を中心としたエンジニア人材派遣を手掛ける株式会社コプロ・ホールディングス(愛知県名古屋市)は、4月1日付けでハノイ市バーディン区に設立したベトナム現地法人「コプロ・ベトナム(COPRO VI...>> 続き
在ダナン領事事務所が一時閉所、新型コロナ防疫の道路封鎖で (6日)
 在ベトナム日本国大使館によると、5月6日朝から、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の防疫措置のため、在ダナン領事事務所(南中部沿岸地方ダナン市)があるドンダー(Dong Da)通りが封鎖されており、同事務所が...>> 続き
日本政府、VTV元局長と南カントー大学学長に叙勲 (6日)
 日本政府は4月29日、令和3年(2021年)春の叙勲受章者を発表した。ベトナムでは外国人叙勲として2人がその功績により叙勲を受章した。  チャン・ビン・ミン元ベトナム国営テレビ局(VTV)局長(62歳)は、日本・...>> 続き
G-FACTORY子会社、日系マグロ加工工場と業務提携 「ベトナムまぐろプロジェクト」発足 (5日)
 飲食店の運営、飲⾷店などを中⼼としたサービス業を展開する企業への経営サポートを手掛けるG-FACTORY株式会社(東京都新宿区)のグループ子会社であるGFキャピタル・ベトナム(GF CAPITAL(VIETNAM)、...>> 続き
これより過去の記事は、日系記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited