ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナムの軍事力は世界23位に後退、東南アジア2位

2019/12/30 05:25 JST配信
Clip to Evernote
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 軍事ウェブサイトのグローバル・ファイアパワー(Global Firepower=GFP)が発表した2019年版の世界軍事力ランキング「2019 Military Strength Ranking」によると、ベトナムは137か国・地域中23位で、2018年版の136か国・地域中20位から3ランク後退した。

 このランキングは、人口、陸海空軍の戦闘システム、ロジスティクス、天然資源、財政、地理的条件など55の要素を総合的に評価し、各国・地域の軍事力をランク付けしたもの。

 ベトナムは、人口約9704万人(同ランキングで世界15位)のうち動員可能人員が約5104万人(同13位)存在する。また、主力戦車2575台(同10位)、装甲戦闘車両2530台(同28位)、自走砲120台(同32位)、牽引砲350台(同31位)のほか、戦闘機や戦艦などを多数装備している。財政の面では、国防費33億6500万USD(約3700億円、同52位)、海外債務965億8000万USD(約10兆6000億円、同46位)などとなっている。

 ベトナムは、2014年が106か国・地域中23位、2015年が126か国・地域中21位、2016年が126か国・地域中17位、2017年が133か国・地域中16位と上昇を続けたが、2018年(136か国・地域中20位)と2019年は順位を落とした。

 1位は今回も米国で、◇2位:ロシア、◇3位:中国、◇4位:インド、◇5位:フランスとトップ5は前年と変わらなかった。以下、◇6位:日本、◇7位:韓国、◇8位:英国、◇9位:トルコ、◇10位:ドイツの順。日本は前年から2ランク上げて6位につけている。

 東南アジア諸国を見ると、ベトナムは16位のインドネシアに次いで2番目。その他の国の順位は、◇タイ:26位、◇ミャンマー:37位、◇マレーシア:41位、◇シンガポール:59位、◇フィリピン:64位、◇カンボジア:107位、◇ラオス:127位となっている。

[2019年12月26日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [政治]
英国海軍の海洋観測艦、ハイフォンに寄港 (20日)
 王立海軍(英国海軍)の海洋観測船「エンタープライズ(HMS Enterprise、H88)」が19日午前、北部紅河デルタ地方ハイフォン市のタンブー港に寄港した。  今回の訪問は、ベトナムと英国の戦略的パートナーシップ...>> 続き
ASEAN国防相会議2020がハノイで開幕 (19日)
 東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議(ADMM)が18日にハノイ市で開幕した。なお、今回のADMMでは「ASEANの結束と主体的な適応」をテーマとしている。  各国の国防相はこの会議で、◇ASEAN域内の国防協力およ...>> 続き
新型コロナのASEAN共通対策に関する議長声明、フック首相が発表 (18日)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に対するASEAN共通の対策について議長声明を発表した。ベトナムは今年のASEANの議長国で、各加盟国と意見交換を行った後に声...>> 続き
ハノイ:党委書記を交代、新党委書記にフエ副首相を任命 (10日)
 ハノイ市共産党委員会と政治局は7日に開いた会議で、副首相在任中の違反が問題となっていたホアン・チュン・ハイ書記 兼 政治局員に代わって、ブオン・ディン・フエ副首相 兼 政治局員が新たに党委書記に就任す...>> 続き
日本政府、駐ベトナム新大使に山田滝雄氏を任命―ユネスコ代表部大使 (10日)
 日本政府は7日の閣議で、駐ベトナム日本国特命全権大使に国連教育科学文化機関(ユネスコ)代表部大使を務める山田滝雄(やまだ・たきお)氏を任命した。  山田氏は1959年生まれ、大阪府出身。1983年に外務省入...>> 続き
これより過去の記事は、政治記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)