ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:カラオケ・ディスコの新規営業許可を再開か

2013/11/19 06:45 JST配信
Clip to Evernote
(C)  dangong
(C) dangong 写真の拡大

 ホーチミン市文化スポーツ管理局はこのほど、カラオケおよびディスコに対する規制を緩和し、新規営業許可を再開する方針を示した。サイゴンタイムズ紙(電子版)が報じた。

 ホーチミン市では、売春防止のため、2005年からカラオケ・ディスコの新規営業許可を停止してきたが、同市文化スポーツ観光局が現在作成している「2020年までのカラオケおよびディスコの管理計画」では、各区・郡レベルの需要に応じて、企業各社の新規投資を認める方針に切り替えるという。

 同局は11月中に同市人民委員会にこの計画案を提出し、12月上旬に市人民委で、これについて討議する予定。なお、ホーチミン市には、営業許可を得ているカラオケ店が約420店舗、ディスコが11店舗ある。

 しかし、これは実際の店舗数ではなく、無許可営業のカラオケ店とディスコが多数存在しており、営業許可証も2~3億ドン(約95万~142万円)で取引されているという。

[Van Nam, Saigon Times, 16:13 (GMT+7) 14/11/2013U].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
幼い頃の火傷で重度のケロイドに、50年近く口を開いたままの女性 (17日)
 東北部地方フート省タムノン郡クアンフック村(xa Quang Huc)に住むブイ・ティ・ニャーさんは90歳になるが、54歳になる娘のグエン・ティ・サウさんの看病に追われている。  サウさんは4人姉妹の末娘だ。長女...>> 続き
フォー発祥の地ナムディンの味を守って60年、ホーチミンの「フォーザウ」 (17日)
 ホーチミン市3区ナムキーコイギア通り288番地(288 Nam Ky Khoi Nghia, quan 3, TP. Ho Chi Minh)の路地は朝5時からフォーの香りに満ちる。創業60年の「フォーザウ(Pho Dau)」の店主は紅河デルタ地方ナムディン...>> 続き
ベトナム語操る韓国人YouTuberたち、若者世代のアイドル的存在に (16日)
 ベトナムの若者の間では、韓国のアイドル歌手だけでなく、ユーチューブ(YouTube)で動画を配信するユーチューバー(YouTuber)も大きな人気を集めている。ここ数年、ベトナム語を流ちょうに話す韓国人ユーチューバ...>> 続き
処方箋不要の解熱剤を過剰摂取で3歳児が危篤 (16日)
 東北部地方フート省に住む3歳の男児が、処方箋不要の解熱剤を大量に服用したことによる激しい中毒症状で病院に担ぎ込まれるという事故が発生した。男児は危篤状態が続いている。  薬の過剰摂取による中毒を...>> 続き
日本からの解放を記念する韓国の「光復節」、ベトナムで初開催 (16日)
 日本植民地支配からの解放を祝う韓国の「光復節」74年記念行事が15日、ホーチミン市にある在ホーチミン韓国総領事館で行われた。主催は在ホーチミン韓国総領事館と民主平和統一諮問会議ホーチミン支会、後援は...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)