ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

地元紙がフエ中央病院の臓器売買ルートを摘発、医師らも関与か

2014/10/10 18:34 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre 臓器売買グループのメンバー
(C) tuoitre 臓器売買グループのメンバー 写真の拡大
(C) tuoitre 同宿泊所で待機しているドナー候補者ら
(C) tuoitre 同宿泊所で待機しているドナー候補者ら 写真の拡大

 北中部トゥアティエン・フエ省フエ市にあるフエ中央病院で横行している国内最大規模の臓器売買ルートが、地元マスコミにより摘発された。トゥオイチェー紙の記者が臓器提供希望者になりすましてルートへ潜入し、独自取材した。

 それによると、この臓器売買グループはオンライン掲示板などに「家族が腎不全で、腎臓のドナーを探している。報酬だけでなく、交通費や健康診断費、生活費など手術前にかかる各種費用も支払う」という広告を掲載し、ドナーを集めている。

 この広告のわなに引っかかったドナーは、まず病院で健康診断を受けた後、同市3か所にある宿泊所に入る。8月の時点で、同宿泊所で待機しているドナー候補者は約30人にも上っていた。同市だけでなく、ハノイ市にも幾つかの宿泊所が置かれている。また、毎日の生活費として、提供先が決まっている人は10万VND(約510円)、提供先が決まっていない人は5万VND(約250円)を支給されているという。

 このグループが仲介する腎臓移植手術は全てフエ中央病院で行われる。手術1件の費用は約6億VND(約306万円)で、このうち約半分に当たる3億2000万VND(約163万円)が実際の手術費用、1億3000万VND(約66万円)が仲介料で、ドナーが受け取る報酬は残りの1億5000万VND(約77万円)となる。この他にも、腎臓の被提供者はドナーへの生活費や、医師らへの報酬として1人当たり500~2500USD(5万4000~27万円)を支払わなければならない。

 フエ中央病院で腎臓移植手術が行われ始めたのは2001年のことで、当初は年間5~10件程度だったが、2013年からその数が急増し、同年から2014年8月までの手術件数は160件にも上っている。

 取材に対し同病院のブイ・ドゥック・フー院長は、「地元当局が承認したドナーと被提供者の身元関連書類を査定した上で手術を行うかどうか決定しているため、腎臓の売買はあり得ない」として、同病院に所属する医師らが同グループと結託して腎臓の売買を行っていることを真っ向から否定すると共に、患者(被提供者)から金銭を受け取っていることについても「根も葉もない全くの嘘」だとコメントした。

 病院側へ提出された書類の中に、偽造のものが含まれていることは確実だが、病院側がそれを知りながら黙認しているというのもまた事実だとされている。同グループの仲介により同病院で腎臓移植手術を受けた患者の中には、高級官僚の家族や越僑、また中国人も多いという。

 地元紙の摘発を受けて、フエ中央病院を所管する保健省の診断治療管理局は、フエ中央病院を含め臓器移植手術が実施されている病院に対し、関連情報を同省へ報告するよう指示した。同省は、警察に調査を依頼する計画は当面なく、まずは内部で調査する方針だという。

 現行法では、意思能力を持つ18歳以上の者は自身の臓器及び体の一部を提供することができると定められているが、保存や移植などの目的を問わず、営利目的での臓器の摘出・移植・使用については如何なる場合も禁止されている。

 なお、2013年6月、ハノイ市で国内初の国家臓器移植管理センターが設立された。同センターはベトドク病院の傘下で、人材も同病院が派遣している。全国の臓器移植を手配する国の施設として位置づけられているが、同センターによって手配される移植手術の数は非常に限られている。

[Thanh Ha - Duc Phu - Hoang Loc, Tuoi Tre, 8-9-10-11/09/2014, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
50年口を開いたままの女性に無償で皮膚再建手術、国立火傷病院 (5:58)
 東北部地方フート省タムノン郡クアンフック村(xa Quang Huc)に住むグエン・ティ・サウさん(女性・54歳)は、6歳の時に火傷を負い、下あごから腹部にかけての皮膚がひきつれを起こしてしまった。以来50年近くもの...>> 続き
中秋の風物詩、月餅の木枠作りが消滅の危機 (24日)
 今年の中秋節は9月13日(旧暦8月15日)だが、中秋節と聞いてまず思い浮かぶのは月餅(げっぺい)だろう。ハノイ市トゥオンティン郡ティエンフォン村(xa Tien Phong, huyen Thuong Tin)はかつて月餅の木枠作りの村と...>> 続き
若者にお盆を思い出してもらいたくて、花のブローチ配る老父 (24日)
 日本と同様に8月15日(旧暦7月15日)にお盆を迎えたベトナム。ホーチミン市5区チャンニャントン通り77番地(77 Tran Nhan Ton, quan 5, TP. Ho Chi Minh)の路上には、今年も花のブローチを携えたボー・タイン・ロ...>> 続き
若者の20人に1人が起業願望、技術よりソフトスキルの会得を優先 (23日)
 世界経済フォーラム(WEF)はこのほど、ASEAN諸国における若者の技能と将来の職業に関する調査結果を報告した。ベトナムでは若者の25.7%が起業願望がある、または既に自ら事業を行っていることが明らかになった...>> 続き
光海底ケーブルAAGにトラブル、復旧は9月3日の見通し (23日)
 東南アジアと米国を結ぶ光海底ケーブル「アジア・アメリカ・ゲートウェイ(AAG)」にトラブルが発生していることがわかった。これにより、AAGを通じたベトナムから海外へのインターネットアクセスに影響が出てい...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)