ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハンバン運河掘り起こし案件の第3期、400世帯立ち退き

2015/11/23 13:48 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市6区人民委員会はこのほど、同市人民委員会に対し、ハンバン運河の掘り起こし案件の第3期を承認するよう求めた。第3期では1兆2000億VND(約66億円)を投じて約400世帯を立ち退かせる予定だ。

 ハンバン運河は6区のローゴム運河から5区のバントゥオン運河までを結ぶ全長約1400mの運河で、15年前に重大な水質汚染が発生したことから地下水路化され、3m幅の生活道路となった。しかし、環境汚染の改善や浸水の防止などを目的として、この運河を掘り起こして元の運河に戻す案件が実施されている。

 同案件は、2015年から3期に分けて実施され、2020年までに完成する予定。現在、第1期(ローゴム運河~ビンティエン通り区間)及び第2期(ファムディンホー通り~バントゥオン運河区間)の工事が進められている。第3期(ビンティエン通り~ファムディンホー通り区間)の着工時期は未定。

 今回の案件では、ハンバン運河をかつての11m幅に戻し、両岸に街路樹を植える計画だ。総経費は2兆VND(約109億円)の見通しで、案件の実施に伴い約950世帯が立ち退くことになる。

[VNExpress, 00:00 (GMT+7) 20/11/2015, A ].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
コメントはこちらから
最新ニュース [社会]
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)