ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

工場労働者向け社会住宅、需要の28%にしか対応できず

2018/03/13 04:25 JST配信
Clip to Evernote
(C) baodautu
(C) baodautu 写真の拡大

 建設省によると、全国の工業団地・輸出加工区で働く工場労働者数は現在280万人で、このうち住宅を必要としているのは170万人となっている。

 しかし、これまでに完了した労働者向け社会住宅案件は87 件の2万8800戸程度で、需要の28%にしか対応できていない。労働者の大半は生活環境の悪い貸し部屋に住まざるを得ないのが現状だ。

 首相が承認した工業団地開発計画によると、全国の工業団地・輸出加工区で働く工場労働者数は2020年までに720 万人に増加する。このうち420万人が住宅を必要とする見通しで、この需要に対応するためには3360万m2の住宅を建設する必要がある。

 これを踏まえて、建設省は労働集約的企業をはじめとする企業各社に対して労働者向け社会住宅への投資を呼びかけている。

 労働者向け社会住宅への投資を行った代表的な例として、サムスン電子ベトナム・タイグエン(SEVT、東北部地方タイグエン省)が挙げられる。同社はタイグエン省第1イエンフォン工業団地に労働者2万人に対応できる住宅2470戸を建設している。

[Baodautu, 07/03/2018 11:29 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [社会]
ホーチミン:米国人人気シェフが名付け親の名店「ランチレディー」 (6:42)
 ホーチミン市ビンタイン区ホアンサ通り(Hoang Sa)に建つマンションの一角にある屋台「ランチレディー(Lunch Lady)」は、中心部からやや離れているものの、地元の客だけでなく外国人観光客のグループも訪れる、...>> 続き
ホーチミン:太陽光パネル設置世帯が増加、売電も活発化 (22日)
 ホーチミン市電力総公社(EVNHCMC)のグエン・タン・フン地域社会関係委員長によれば、同市は年間を通して太陽放射が強く、太陽光エネルギー事業の発展と太陽光エネルギーの使用拡大が期待できる市場だという。 ...>> 続き
ベトナム最大の海賊版映画サイト、アクセス数は1日600万回 (21日)
 ベトナムで最大の映画の海賊版サイト「Phimmoi.net(フィムモイドットネット)」には、1日当たり600万回のアクセスがある。こうしたサイトでは、1本の海賊版映画が1か月で数十億VND(10億VND=約481万円)を稼ぎ出...>> 続き
ハノイ:駐車場検索・料金支払いアプリ、140か所で新たに導入へ (21日)
 ハノイ市交通運輸局はこのほど、同局が市内で試験的に展開している自動車専用駐車場検索・駐車料金支払いアプリ「アイパーキング(iParking)」を、7月までに新たに駐車場140か所で導入することを発表した。 ...>> 続き
19年のテト休暇、9連休案を政府に提出―労働省 (21日)
 労働傷病兵社会省は、2019年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2019年2月5日)に伴う休暇について、2019年2月2日(土)から2月10日(日)までの9連休とする案を政府に提出した。  労働法ではテト休暇を5連休と定め...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)