ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム人の年間純アルコール摂取量は8.3L、世界平均超え

2018/06/14 16:22 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tuoi tre
(C)Tuoi tre 写真の拡大

 世界保健機関(WHO)の最新の調査結果によると、15歳以上のベトナム人が1年間に摂取する純アルコール量は8.3Lで、世界平均の6.6Lを大きく上回る。世界ランキングでは前回調査時の194か国中94位から64位へと一気に30ランクも上昇した。WHOベトナム事務所が8日に開催した、酒類・ビール被害防止法草案に関するシンポジウムで明らかにされた。

 WHOベトナムのグエン・フオン・ナム氏によると、世界の165か国が酒類・ビールの価格調整政策を実施しており、うち90%は特別消費税を課している。価格を25%引き上げると酒類・ビールの消費量を11%減らすことができるという。

 酒類・ビールの販売時間については、世界の半数余りの国が規制を設けている。スウェーデンでは、国が独占的に販売しており、時間は午前10時~午後6時までに限られる。酒類・ビールの広告については、166か国から報告があり、約10%の国が全面的に広告を禁止し、多くの国が若者向けの広告を禁じている。

 WHOはアルコールの健康への害が増加していることを指摘し、酒類・ビールの販売時間や販売場所の規制、小売の許可制度、価格の引き上げ、広告・販促キャンペーン規制、密造酒規制などの政策を実施するよう各国に勧告している。
 

[Tuoi tre,11/06/2018 15:00 GMT+7,O].  © Viet-jo.com 2002-2018 All Rights Reserved.  免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:子供の教育のため…学区外の名門校入学に大金も (18日)
 ホーチミン市では、小学1年生および中学1年生の入学募集が間もなく始まる。こうした中、保護者が子供を学区外の名門校に入れるため、学校関係者に賄賂を渡すといった動きが本格化している。  規定では、街...>> 続き
鉄道スタッフに勤務中のスマホ使用を禁止 (18日)
 ベトナム鉄道総公社(Vietnam Railways=VNR)はこのほど、鉄道交通における安全秩序の確保に関わる鉄道スタッフを対象に、勤務時間中のスマートフォン(スマホ)の使用を禁止することを決めた。  それによると...>> 続き
ホーチミン:夜な夜な行列のできる黒糖パールミルクティー屋 (16日)
 ホーチミン市5区チャンフンダオ通り(Tran Hung Dao)に、夕方から夜にかけて数百人もの若者が行列を成す黒糖入りパールミルクティー(タピオカミルクティー)の店がある。店周辺の歩道には来店客の自転車やバイク...>> 続き
ベトナムのソフトウェアの74%が違法コピー、改善も依然多く (15日)
 米国の非営利団体ビジネス・ソフトウェア・アライアンス(BSA)の調査によると、ベトナムにおける2017年のコンピュータソフトウェアの著作権侵害(違法コピー)率は74%で、前回調査に比べて4ポイント改善したもの...>> 続き
経済特区法案に便乗したデモ・暴動、当局が処分を強化 (15日)
 今国会で可決が延期された特別行政経済区法(経済特区法)案、および12日に可決されたサイバーセキュリティ法に対する抗議デモ・暴動に関連して、全国で複数人が身柄を拘束された。  ホーチミン市ではこれま...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2018 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)