ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

自家製潜水艦製造の会社社長、最新潜水艦「チュオンサ2号」を発表

2018/09/13 05:44 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress, ホアンサ号の潜水実験(2015年)
(C) vnexpress, ホアンサ号の潜水実験(2015年) 写真の拡大

 小型潜水艦「チュオンサ1号」、「ホアンサ号」を自主設計・製造し話題となった紅河デルタ地方タイビン省在住の技術者 兼 会社社長、グエン・クオック・ホアさん(男性・58歳)は、これまでの潜水艦2隻よりも優れた最新潜水艦「チュオンサ2号」を新たに製造していると発表した。

 チュオンサ2号は、国内外の科学者と技術者の支援を受けて、チュオンサ1号とホアンサ号をベースに開発しているという。これは、ロシア海軍の通常動力型潜水艦である636型のキロ型潜水艦のミニチュア版となる。

 全長9m、重さ22t、速力35km/h、水深250mまでの潜航が可能で、航続距離は3000km、定員は6人となる。投資総額は100億VND(約4800万円)の見通し。

 チュオンサ2号は、制御システムがほぼ完全に自動化され、小型潜水艦に求められる最も厳しい基準をクリアする。商品化も計画しており、必要に応じて発注側が求める機能を搭載できるように設計されている。

[Vnexpress 00:05 11/09/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
昭和39年製の「ゼブラケンコー」自転車、ホーチミンで初の組み立て (15:09)
 日本では「昭和レトロ」の自転車ブランドとして知られるゼブラケンコーの自転車「ジップシグマ」が、製造から55年を経てホーチミン市で初めて組み立てられた。  所有者はホーチミン市ビンチャイン郡ビンフ...>> 続き
ハノイ:デング熱感染者、前年同期の3倍超に (14:56)
 ハノイ市疾病管制センターによると、同市内における年初から6月16日までのデング熱感染者数は市内19区・郡の548人で、前年同期の3倍超に急増している。ただし、現時点で死亡者は出ていない。  デング熱のほ...>> 続き
地場電子アサンゾ、ベトナム産装い中国産を販売―「ベトナム製品賞」受賞も (13:16)
 近年飛躍的な成長を遂げている地場電機メーカーのアサンゾ・ベトナム(Asanzo Vietnam)が、ベトナム産を装い中国産の製品を販売していたことが世間を賑わせている。大手新聞「トゥオイチェー(Tuoi Tre)」が昨年...>> 続き
国民電子カルテ、7月から正式導入へ (6:07)
 保健省情報技術局は、7月から全国で国民電子カルテデータベースを正式に導入する。2020年の完成を目指す。  同省は4月から東南部地方バリア・ブンタウ省で、5月から北中部地方ゲアン省で電子カルテデータベ...>> 続き
ベトナム初の「麻薬博物館」、薬物乱用防止に寄与 (4:58)
 ハノイ市バービー郡のロンベト(Long Viet)観光区には、ベトナム初の「麻薬博物館」がある。麻薬の有害性を紹介する展示エリアは、同観光区の1.5haの敷地に建てられている。  ここには、アヘンやヘロインと...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)