ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

若者にお盆を思い出してもらいたくて、花のブローチ配る老父

2019/08/24 05:32 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 日本と同様に8月15日(旧暦7月15日)にお盆を迎えたベトナム。ホーチミン市5区チャンニャントン通り77番地(77 Tran Nhan Ton, quan 5, TP. Ho Chi Minh)の路上には、今年も花のブローチを携えたボー・タイン・ロンさん(男性・74歳)の姿があった。

 ロンさんはバイクにクーラーボックスを乗せて、毎朝5時に7区にある自宅を出て、夕方5時までここでコーヒーを売っている。毎年お盆の日にはコーヒーを買った客に花のブローチを配る。母親が健在の客には赤い花、母親が亡くなっている客には白い花。

 「今の若い子たちは仕事に追われて目まぐるしい生活の中で、生まれて来れたことに感謝するのを忘れてしまうことがあるでしょう。だからこの花を贈ることを思いついたんですよ。母親がまだ健在な人にはこの赤い花で自分の恵まれた境遇に感謝することを思い出すように、そうでない人は亡き母を偲ぶように…」そう言いながらロンさんは自分の胸に付けた白い花のブローチを見下ろした。

 花のブローチは1袋40個入りで5万VND(約230円)。今年はお盆前から配り始めて赤い花2袋は全てなくなり、白い花は若者2人に配るにとどまった。みんなの母親がまだ健在であることが何より喜ばしいことだとロンさんは語る。

 ロンさんには2人の娘がいる。姉のタオさん(26歳)は医者で、妹のヒエンさん(22歳)は科学技術者。2人とも米国で暮らしている。タオさんは4歳の頃から英語を学び始め、中学4年生(日本の中学3年生にあたる)の時に米国へ留学した。かつてロンさんは娘たちを留学させるために家を売った。子供に知識を授けることはお金に変えられない価値があるというのがロンさんの教育方針だ。

 子供たちには慈しみの心をもって生きるよう教育してきたロンさんだが、お盆の習慣がない遠い国に住む娘たちには思い出してもらえればと語る。3月に娘たちを訪ねて渡米したロンさんは、来年4月に米国を再訪する予定だ。

[Thanh Nien 07:16 15/08/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ダナン:違法アダルトビデオ制作の中国人ら摘発、未成年も出演 (15:17)
 南中部沿岸地方ダナン市警察は17日、中国人が率いる違法アダルトビデオ(AV)制作グループを摘発したことを明らかにした。  同グループに関与したとされる中国人男5人(Zhang Hui Min、Fang Jun Jie、Jiang De...>> 続き
類鼻疽が流行中、バックマイ病院で4人死亡―感染予防を呼び掛け (17日)
 ベトナム国内で、危険性の高い類鼻疽(るいびそ、グラム陰性桿菌である類鼻疽菌感染を原因とする人獣共通感染症)が流行している。  ハノイ市バックマイ病院熱帯病センターでは、年初からこれまでに20人の患...>> 続き
機内セクハラ事件、空港セキュリティ担当者に罰金―対応不適切 (17日)
 ベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)のハノイ発ホーチミン行きのVN253便で7月26日、若い女性客がビジネスクラスの座席で隣の男性客からセクハラ被害を受けた事件で、北部空港局(NAA)は規定に従って対応しなか...>> 続き
ホーチミン:犬肉食の取り締まり強化へ、健康リスクに警告 (17日)
 ホーチミン市食品安全管理委員会は、健康上のリスクが大きいとして、犬肉を食べないよう市民に警告している。  現在、犬肉は検疫対象となっておらず、狂犬病ウイルスをはじめとする病原微生物に感染してい...>> 続き
生き別れの元米軍兵とベトナム人女性、50年振りに再会果たす (17日)
 ベトナム戦争中に交際しその後生き別れとなっていた元米軍兵の米国人男性とベトナム人女性が12日、ホーチミン市のタンソンニャット国際空港で50年振りの再会を果たした。1969年に東南部地方ドンナイ省ビエンホ...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)