ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

QSアジア大学ランキング、ベトナムの8大学がトップ500入り

2019/11/29 06:30 JST配信
Clip to Evernote
(C) QS Asia University Rankings, スクリーンショット
(C) QS Asia University Rankings, スクリーンショット 写真の拡大

 英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds=QS)が発表した最新の大学ランキング「QSアジア大学ランキング(QS Asia University Rankings)」2020年版で、ベトナムから8つの大学がトップ500に入った。

 順位が最も高かったのはベトナム国家大学ホーチミン市校。前年の144位から順位を1つ上げて143位だった。続いてベトナム国家大学ハノイ市校が147位で、前年の124位から大きく順位を下げた。

 トップ500入りを果たしたベトナムの8大学は以下の通り。カッコ内は前年の順位。

143位:ベトナム国家大学ホーチミン市校(ホーチミン市)(144位)
147位:ベトナム国家大学ハノイ市校(ハノイ市)(124位)
207位:トンドゥックタン大学(ホーチミン市)(291~300位)
261~270位:ハノイ工科大学(ハノイ市)(261~270位)
401~450位:カントー大学(南部メコンデルタ地方カントー市)(351~400位)
451~500位:ズイタン大学(南中部沿岸地方ダナン市)(圏外)
451~500位:フエ大学(北中部地方トゥアティエン・フエ省)(451~500位)
451~500位:ダナン大学(ダナン市)(451~500位)

 同ランキングでは、2019年版でトンドゥックタン大学とダナン大学が初めてラインクイン。2020年版ではズイタン大学が新たにランク入りを果たした。

 同ランキングはQSが2009年から毎年発表しているもので、◇学術的評判、◇雇用者の評判、◇学生1人当たり教員比率、◇国際研究ネットワーク、◇論文1本当たり引用比率、◇教員1人当たり論文比率、◇教員の博士号取得比率、◇外国人教員比率、◇留学生比率、◇国内交換留学生比率、◇国外交換留学生比率の11の評価指標をもとに、アジアの大学をランク付けしている。

 日本の最高順位は13位の東京大学(前年11位)。トップ50には、◇15位:京都大学(同14位)、◇17位:東京工業大学(同18位)、◇22位:大阪大学(同16位)、◇23位:東北大学(同23位)、◇28位:名古屋大学(同26位)、◇29位:北海道大学(同29位)、◇30位:九州大学(同30位)、◇38位:早稲田大学(同36位)、◇41位:慶應義塾大学(同42位)、◇49位:筑波大学(同46位)が入っている。

 同ランキングのトップ10は以下の通り。

1位:シンガポール国立大学(シンガポール)(前年1位)
2位:南洋理工大学(シンガポール)(同3位)
3位:香港大学(香港)(同2位)
4位:清華大学(中国)(同3位)
5位:北京大学(中国)(同5位)
6位:浙江大学(中国)(同13位)
7位:復旦大学(中国)(同6位)
8位:香港科技大学(香港)(同7位)
9位:KAIST(旧称:韓国科学技術院)(韓国)(同8位)
10位:香港中文大学(香港)(同9位)

[VnExpress 10:49 27/11/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
フック首相、海洋プラごみ管理の国家行動計画を公布 (4:40)
 グエン・スアン・フック首相はこのほど、2030年までの海洋プラスチックごみ管理に関する国家行動計画を公布した。海洋プラスチックごみを中心とするプラスチックごみの問題を解決することが狙いだ。  同計...>> 続き
ミスユニバース・ベトナム2019、グランプリ女性があわや性虐待被害の過去を告白 (3:43)
 ミスユニバース・ベトナム2019の決勝が南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市で12月7日に行われ、チャン・カイン・バンさん(24歳)が43人の候補者との争いを勝ち抜いてグランプリに輝いた。昨年度のミスユニバ...>> 続き
ニャチャン:船上で脳卒中発症の日本人男性を緊急搬送 (9日)
 シンガポールを出発して中国に向かう途中の観光船に乗っていた75歳の日本人男性が船上で脳卒中を発症して、ベトナム南中部沿岸地方カインホア省ニャチャン市の病院に緊急搬送された。  日本人男性は12月5日...>> 続き
ハノイ:市街地でのシクロの活動禁止を検討 (9日)
 ハノイ市人民委員会はこのほど、同市人民評議会が決議した「2017年から2020年の交通渋滞と大気汚染の緩和に向けた市街地交通手段の管理強化および2030年までのビジョン」の中間結果を報告した。それによると、...>> 続き
チュングエン会長夫婦の泥沼離婚裁判、控訴審でも一審支持 (9日)
 国内大手コーヒーメーカーのチュングエングループ(Trung Nguyen Group)の会長を務めるダン・レ・グエン・ブー氏(48歳)と妻のレ・ホアン・ジエップ・タオ女史(46歳)の離婚裁判の控訴審で、ホーチミン市上級人民...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)