ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

首相、カラオケ・ディスコを除く不要不急な業種の営業再開を許可

2020/05/07 18:35 JST配信
(C) Baochinhphu
(C) Baochinhphu 写真の拡大

 グエン・スアン・フック首相は7日に開かれた政府会合で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する新たな指導方針を発表した。それによると、不要不急な業種について、カラオケとディスコ以外は営業再開を認めるとした。

 首相はこの席で、国外からの感染者流入を除き、国内では21日間連続で市中感染による新規感染者が確認されておらず、国内の感染リスクは低いと評価。その一方で、東南アジアを含む世界各国は依然として終息には程遠い状況であるとし、「油断禁物」と警鐘を鳴らした。

 首相は今後も、ベトナム人・外国人を問わず入国者全員に対して14日間の隔離措置を適用し続けることの必要性を改めて強調するとともに、感染経路が不明な新規感染者を出さないよう強く求めた。

 引き続き、アルコール消毒による手洗いを徹底させ、公共の場や公共交通機関でのマスク着用を義務付ける。但し、教育施設では学習中にストレスを感じる可能性があるため、生徒に対するマスク着用は義務付けていない。

 感染予防対策として臨時休業措置が適用されていた不要不急な業種については、カラオケとディスコを除き、マスク着用や手洗い、消毒などの予防対策を行えば営業再開を認める。公共交通機関(旅客機や鉄道、バス、船など)における社会的距離と定員制限も解除。また、スポーツ競技や大人数が集まるイベントの開催も許可する方針。

 各省庁および自治体は、企業各社に対する支援策など経済振興策に努める。新型コロナ禍で特に大きな打撃を被った観光業については、夏季以降の回復を目指して国内観光促進策を展開し、適切な時期に海外向け市場を再開できるよう準備を進めていく。

Clip to Evernote
[Baochinhphu 11:22 07/05/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ハノイ:ベトナム米国協力センターが5月24日オープン (13:51)
 ハノイ市ドンダー区のベトナム外交学院で5月24日、ベトナム米国協力センターがオープンする。在ベトナム米国大使館が17日に発表した。  同センターはベトナム外交学院の中心にある図書館の1階に位置する。...>> 続き
タイホールディングス、違法社債発行が原資の47億円をタンホアンミンに返還 公安省の要求で (6:02)
 地場系不動産開発大手タンホアンミン(Tan Hoang Minh)の傘下企業3社が情報を隠匿・詐称し、少人数私募債発行で投資家から多額の資金を違法に調達した事件に関連し、タイホールディングス[THD](Thaiholdings)取...>> 続き
ASEAN保健相会議、ASEAN感染症対策センターの設立で合意 (5:49)
 インドネシア・バリ島で13日から16日にかけて開かれた第15回東南アジア諸国連合(ASEAN)保健相会議(AHMM15)は、ASEAN感染症対策センター(ACPHEED)の設立で合意した。  会議には、ベトナムからはチャン・バン...>> 続き
電子ワクチン接種証明書、1か月で1430万人に発行 (5:13)
 保健省傘下の情報技術局によると、4月15日に電子ワクチン接種証明書(電子ワクチンパスポート)の発行を開始してから1か月が経過した5月15日までに、約1430万人にワクチンパスポートを発行したという。  電子...>> 続き
09年勃発のスロット賞金訴訟、法律事務所が原告訴えるもいまだ決着せず 控訴審延期 (4:29)
 ホーチミン市高等人民裁判所はこのほど、法律事務所のミンダンクアン社(Minh Dang Quang)と米国越僑リー・サム氏との間の法的サービス契約を巡る公判の延期を決めた。法律事務所代表のチャン・ソア弁護士が、健...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved