ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

首相、カラオケ・ディスコを除く不要不急な業種の営業再開を許可

2020/05/07 18:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) Baochinhphu
(C) Baochinhphu 写真の拡大

 グエン・スアン・フック首相は7日に開かれた政府会合で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する新たな指導方針を発表した。それによると、不要不急な業種について、カラオケとディスコ以外は営業再開を認めるとした。

 首相はこの席で、国外からの感染者流入を除き、国内では21日間連続で市中感染による新規感染者が確認されておらず、国内の感染リスクは低いと評価。その一方で、東南アジアを含む世界各国は依然として終息には程遠い状況であるとし、「油断禁物」と警鐘を鳴らした。

 首相は今後も、ベトナム人・外国人を問わず入国者全員に対して14日間の隔離措置を適用し続けることの必要性を改めて強調するとともに、感染経路が不明な新規感染者を出さないよう強く求めた。

 引き続き、アルコール消毒による手洗いを徹底させ、公共の場や公共交通機関でのマスク着用を義務付ける。但し、教育施設では学習中にストレスを感じる可能性があるため、生徒に対するマスク着用は義務付けていない。

 感染予防対策として臨時休業措置が適用されていた不要不急な業種については、カラオケとディスコを除き、マスク着用や手洗い、消毒などの予防対策を行えば営業再開を認める。公共交通機関(旅客機や鉄道、バス、船など)における社会的距離と定員制限も解除。また、スポーツ競技や大人数が集まるイベントの開催も許可する方針。

 各省庁および自治体は、企業各社に対する支援策など経済振興策に努める。新型コロナ禍で特に大きな打撃を被った観光業については、夏季以降の回復を目指して国内観光促進策を展開し、適切な時期に海外向け市場を再開できるよう準備を進めていく。

[Baochinhphu 11:22 07/05/2020 U].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホアビン省:反体制コンテンツ配信の母子に禁固8年 (14:07)
 西北部地方ホアビン省人民裁判所は、反体制的なコンテンツを配信したとして、被告人となった省民2人にそれぞれ8年の禁固刑を下した。  禁固刑を言い渡されたのは、カン・ティ・テウ被告(女・59歳、イエント...>> 続き
ダナン:市内の飲食店、店内飲食を停止 7日正午から (13:59)
 南中部沿岸地方ダナン市人民委員会は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市中感染が拡大していることを受け、市内の飲食店について7日正午から店内飲食を停止することを決定した。  ただし、テイクアウ...>> 続き
新型コロナ:タインホア省で市中感染1人、各地で社会的隔離措置を適用 (13:46)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する7日午前の発表によると、北中部地方タインホア省で市中感染者1人が新たに確認された。  7日午前の時点でベトナム国内の新型コロナ累計感染者数は3091人...>> 続き
航空機へのレーザー照射、タンソンニャット空港で続発 (13:29)
 ホーチミン市タンソンニャット国際空港では、離着陸する旅客機のコックピットにレーザー光線が照射される事件が続発している。  直近では4月29日午前2時55分頃、カタールのドーハ発ホーチミン行きのカター...>> 続き
ホーチミン:体温37.5度以上の観光客を隔離へ 観光局指示 (6:49)
 ホーチミン市観光局はこのほど、旅行会社や観光地、宿泊施設など観光業界の組織宛てに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に関する公文書を送付し、体温が37.5度以上の顧客に隔離措置を適用するよう指導し...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited