ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:新たに疑陽性1人、トゥードゥック市の感染者の同僚 2週間前にハイフォン滞在

2021/05/19 13:56 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市で新たに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の疑陽性者1人が確認された。疑陽性となったのは7区タンキエン街区在住の34歳女性。マンションで1人暮らしをしており、近隣住民との接触はなかった。

 女性はデロイト・ベトナム(Deloitte Vietnam)に勤務しており、2月から7人の同僚とともに3区パスツール通りにあるパートナー企業の会計ソフトウェアプロジェクトに参加している。この同僚7人のうちの1人が、前日に陽性となったトゥードゥック市在住の男性(4514人目の感染者)だ。

 女性は4月24日にベトナム航空[HVN](Vietnam Airlines)VN1180便でホーチミン市からハイフォン市に移動し、バスでドーソン区バンソン街区にある母親の自宅を訪問。5月1日からトゥイグエン郡カオニャン村にあるきょうだいの自宅に2日間滞在し、3日から5日まで再び母親の自宅に滞在した後、5日のVN1179便(16時30分発)でホーチミン市に戻った。

 ホーチミン市では主に配車アプリのグラブ(Grab)やフードデリバリーを利用していた。6日と7日は出勤し、8日に38.5度の熱が出たため薬を服用したが、病院は受診しなかった。9日には7区の美容院「タニーブー(Tanny Vu)」に行った。

 10日に倦怠感があったため自宅で休養し、11~14日は出勤。11日午後6時ごろには美容院「タニーブー」の1区の支店を訪れた。14日は退勤後に1区グエンフエ通りの書店に立ち寄り、帰宅。16日午後には友人と7区のマンション「M-ONE」の内見に行った。

 その後、18日午前に同僚(4514人目の感染者)が疑陽性となったため、接触者として社内で検査を受け、7区の集中隔離施設に入り、同日夜に陽性の結果が出た。

 女性はオフィスでプロジェクトメンバーやソフトウェアチーム、同じ階のスタッフなど計56人と接触があった。オフィスには監視カメラがなく、映像による接触者の特定はできないという。ホーチミン市疾病管制センター(HCDC)は、接触者の特定や検査を急いでいる。

 現時点では、女性の行動歴などの観点より、女性から4514人目の感染者に感染した可能性が高いとみられている。

Clip to Evernote
[VnExpress 11:24 19/05/2021, 23:08 18/05/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ベトナム人の平均寿命は73.5歳、健康寿命は64歳止まり (6:28)
 保健省人口・家族計画化総局の2022年1~6月期の人口に関するレポートによると、ベトナムの現在の平均寿命は73.5歳だが、健康寿命は64歳にとどまる。平均寿命から健康寿命を引いた「延命期間」は女性が平均11年...>> 続き
フィンランド、ベトナムの新仕様パスポートへのビザ発給を一時停止 (6:25)
 在ベトナム・フィンランド大使館は11日、7月1日から発給が始まったベトナムの新デザインの一般旅券(パスポート)について、所持者の「出生地」が記載されておらず、管轄機関による本人確認が難航しているとして...>> 続き
ベトナム戦争での韓国軍による虐殺の目撃者、初めて韓国の法廷で証言 (5:47)
 韓国のソウル中央地方裁判所で9日、ベトナム戦争時の韓国軍による虐殺を巡る裁判が行われ、韓国の法廷では初となるベトナム人による目撃証言が行われた。  この日は韓国軍海兵隊第2旅団(「青龍部隊」)の軍...>> 続き
FBI、土器や青銅器など遺物10点をベトナムに返還 (3:23)
 米国連邦捜査局(FBI)はこのほど、FBIが押収・保管していたベトナム出土の文化的遺物10点を駐米国ベトナム大使館に返還した。  これは、FBIの美術犯罪捜査班が2013~2014年に行った捜査で押収し保管していた...>> 続き
新型コロナ:11日の新規感染者2367人・死者なし、ゲアン省で4408人追加も (11日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する11日の発表によると、国内で感染者2367人が新たに確認された。  また11日、北中部地方ゲアン省で前日までに感染が確認されていた4408人が新たに感染者...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved