ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホーチミン:10月1日から通行許可証廃止 自由に市内移動が可能に

2021/09/30 20:40 JST配信
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 ホーチミン市では、社会的隔離措置の緩和に伴うニューノーマル(新常態)への移行により、10月1日午前0時以降、通行許可証が廃止され、市民は自由に市内を移動できるようになる。ただし、許可なく他の省・市に移動してはならない。

 隣接する各省との境に設置した検問所は引き続き維持するが、市内に設置された検問所は9月30日までに全て撤去される。

 市内の移動時は、通行許可証が不要となるが、アプリでの申告が必要。9月末にリリースされた新型コロナ対策関連の機能を一元化した新アプリ「PC-Covid」が普及するまでの間、ワクチン接種歴を証明する公安省の健康申告アプリ「VNEID」、またはホーチミン市保健局のアプリ「Y te HCM」で付与されるQRコードを使用する。

 QRコードを持たない場合は、◇直近180日間に新型コロナに感染して回復したことを示す証明書、◇ワクチン接種証明書(1回以上接種し、接種から14日間が経過)を所持する必要がある。

 ワクチン接種対象外の18歳未満の未成年者について、市内の一般教育施設は10月1日以降もオンライン授業を継続するため、引き続き外出の自粛が求められる。

 この他、10月1日以降は、多くの活動が再開可能となる。機関・組織は活動再開にあたり<http://antoan-covid.tphcm.gov.vn>でQRコードを登録し、訪れる者全員のQRコードをスキャンしなければならない。

 再開が認められる製造・商業・サービス分野の活動としては、◇工業団地、輸出加工区、ハイテクパーク、各区・郡内の企業・工場、◇農林水産業の組合・世帯、農業生産支援サービス、獣医施設、◇交通工事・建設工事、◇診療・リハビリ、医薬品・医療機器の販売、病院・クリニックでの美容整形サービス、◇食料品販売、商業施設、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、個人商店、飲食店(テイクアウト)、伝統的市場、◇石油関連製品、化学品、電気、水道、燃料販売、修理サービス、◇海外法人などの支店・駐在員事務所、◇金融機関・海外銀行支店、証券会社、◇郵便通信、出版、電子商取引(eコマース=EC)の店舗、書店、IT製品・家電製品販売店などがある。

Clip to Evernote
[VnExpress 08:35 30/9/2021 / Tuoi Tre 11:17 30/09/2021 / Zing 30/9/2021 U].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ホーチミン:深夜に2人組の男が車に放火、前日には脅迫メールも (13:59)
 ホーチミン市ビンチャイン郡警察は、深夜にガソリンとみられる液体をかけて自動車を燃やし逃亡した2人組の放火犯の行方を追っている。  5日深夜、N・T・M・Aさん(女性・33歳)が自宅(ビンチャイン郡ビンロッ...>> 続き
ホイアンを犬猫肉を消費しない観光都市に、プロジェクトに補助金 (5:17)
 南中部沿岸地方クアンナム省人民委員会は4日、ホイアン市を犬猫肉を消費しない、訪問客に優しい観光都市にするプロジェクトに対する補助金支給と、狂犬病の撲滅プロジェクトに対する支援の決定を公布した。 ...>> 続き
統一試験で寝落ちした優等生、FPT大学カントー校が聴講生として受け入れ (5:16)
 FPT大学カントー校(南部メコンデルタ地方カントー市)はこのほど、2022年度の高校卒業 兼 大学入学統一試験(国家統一試験)の英語の試験中に寝落ちして、卒業資格が得られなかった男子生徒を聴講生として受け入れ...>> 続き
新型コロナ:6日の新規感染者1130人・死者なし (6日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する6日の発表によると、国内で感染者1130人が新たに確認された。  6日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は1148万4659人となっている。  新...>> 続き
ネトフリ韓国ドラマ「シスターズ」、ベトナムで配信停止 歴史歪曲で (6日)
 情報通信省傘下のラジオ・テレビ・電子情報局のレ・クアン・トゥ・ゾー局長は5日、映像ストリーミングサービス「ネットフリックス(Netflix)」に対し、韓国ドラマ「シスターズ」のベトナムでの配信停止を要請し...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved