ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

22年の祝日、テト9連休・建国記念日4連休か 労働省が意見聴取

2021/10/13 05:16 JST配信
イメージ画像
イメージ画像 写真の拡大

 労働傷病兵社会省は、2022年のテト(旧正月)(旧暦1月1日=新暦2022年2月1日)と9月2日の建国記念日に伴う休暇案について、関連機関の意見を仰いでいる。

 労働法ではテト休暇を5連休と定めており、労働傷病兵社会省は大晦日からの5連休に加え、前後の土日を合わせて、2022年1月29日(土)から2022年2月6日(日)までの9連休とする方針だ。

 建国記念日については、2019年に国会で可決された改正労働法が2021年1月1日に施行されたことに伴い、2021年から建国記念日の祝日の日数が2日間となっている。9月1日または9月3日のいずれを休みにするかは、労働傷病兵社会省の助言に基づき政府が年ごとに決定する。2021年は9月2日と3日を祝日とし、土日と合わせて4連休だった。

 労働傷病兵社会省は、以下の2つの案を提案している。

第1案:2022年9月1日(木)から4日(日)までの4連休
第2案:2022年9月2日(金)から5日(月)までの4連休(5日を振替休日とする)

 なお、このスケジュールが適用されるのは土曜日と日曜日が休暇日となっている公的機関・組織のみで、一般企業などは各社でスケジュールを調整する。

 2021年の祝日・休暇は合わせて19日だった。ベトナムの祝祭日については、ベトナムの祝日・休暇からベトナムの祭日、日本の祝日までを網羅したVIETJOベトナムニュースの「ベトナム祝祭日カレンダー」を参照。

Clip to Evernote
[Nguoi Lao Dong 08:33 12/10/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
難病「骨形成不全症」を患う5歳の天才少年、超高速暗算で話題に (10:42)
 僅か5歳の少年が、複雑な暗算を超高速でこなしたり、複数の外国語で簡単な挨拶が出来るということで巷で話題になっている。天才少年として話題になっているのは、北中部地方ハティン省フオンソン郡ソンチュン村...>> 続き
ホーチミン:地下鉄カフェが登場、若者の間で人気を博す (9:15)
 ホーチミン市フーニュアン区フインバンバイン(Huynh Van Banh)通りの路地に最近、韓国の地下鉄の内装を模したカフェがリニューアルオープンし、若者の間で人気を博している。  カフェでは、1階部分に地下鉄...>> 続き
新型コロナ:21日の市中感染1万5901人、第4波市中感染者210万人超 (21日)
 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する21日の発表によると、62省・市で市中感染者1万5901人が新たに確認された。海外からの入国者34人も陽性となった。  21日午後までに国内で確認されたオミ...>> 続き
ハノイ:3歳女児の頭部から9本の釘、母親の恋人を殺人未遂の疑いで逮捕 (21日)
 17日に3歳の女児が腕をギプスで固定され、頭部に9本の釘が埋まっていた状態でハノイ市タックタット郡総合病院に救急搬送された事件について、同市警察は20日、母親の恋人であるグエン・チュン・フエン容疑者(男...>> 続き
ハノイ:展覧会「昔のテト」開催中、伝統的なテトの写真など展示 3月まで (21日)
 ハノイ市にあるベトナム国家記録アーカイブズ局傘下の第1国家公文書センター(5 Vu Pham Ham, phuong Yen Hoa, quan Cau Giay, TP. Ha Noi)の展示エリアで、1月14日から3月15日まで「昔のテト(Tet Xua)」と題し...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited