ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

新型コロナ:29日の市中感染4889人、累計感染者91万人超える

2021/10/29 22:03 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 保健省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する29日の発表によると、50省・市で市中感染者4889人が新たに確認された。1日あたりの感染者数としては、25日連続で5000人を下回った。海外からの入国者10人も陽性となった。

 新規の市中感染者の内訳は、◇ホーチミン市:977人、◇東南部地方ビンズオン省:697人、◇東南部地方ドンナイ省:697人、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省:398人、◇南部メコンデルタ地方アンザン省:320人、◇南部メコンデルタ地方キエンザン省:249人、◇東南部地方タイニン省:180人、◇南部メコンデルタ地方ソクチャン省:151人、◇南部メコンデルタ地方カントー市:101人、◇南部メコンデルタ地方ロンアン省:91人、◇南中部高原地方ダクラク省:90人、◇南部メコンデルタ地方ティエンザン省:75人、◇南中部沿岸地方ビントゥアン省:68人、◇南部メコンデルタ地方カマウ省:65人、◇南中部高原地方ザライ省:61人、◇南部メコンデルタ地方ドンタップ省:60人、◇東北部地方ハザン省:60人、◇南部メコンデルタ地方チャビン省:59人、◇東北部地方フート省:46人、◇南部メコンデルタ地方ハウザン省:42人、◇南中部沿岸地方クアンナム省:38人、◇南部メコンデルタ地方ビンロン省:37人、◇ハノイ市:37人、◇南部メコンデルタ地方ベンチェ省:34人、◇北中部地方クアンビン省:32人、◇南中部沿岸地方カインホア省:30人、◇北中部地方ゲアン省:25人、◇東南部地方ビンフオック省:20人、◇南中部沿岸地方ビンディン省:17人、◇北中部地方トゥアティエン・フエ省:17人、◇北中部地方タインホア省:16人、◇北部紅河デルタ地方ナムディン省:14人、◇北部紅河デルタ地方ハナム省:13人、◇東北部地方バクザン省:12人、◇南中部高原地方コントゥム省:12人、◇北部紅河デルタ地方バクニン省:7人、◇南中部沿岸地方クアンガイ省:7人、◇東北部地方クアンニン省:6人、◇南中部高原地方ダクノン省:6人、◇北部紅河デルタ地方タイビン省:4人、◇南中部沿岸地方フーイエン省:3人、◇北部紅河デルタ地方ニンビン省:3人、◇南中部沿岸地方ダナン市:2人、◇北部紅河デルタ地方ハイフォン市:2人、◇北部紅河デルタ地方ハイズオン省:2人、◇南中部高原地方ラムドン省:2人、◇北部紅河デルタ地方フンイエン省:1人、◇北中部地方ハティン省:1人、◇北部紅河デルタ地方ビンフック省:1人、◇西北部地方ソンラ省:1人。

 市中感染者のうち2305人は、隔離区域や封鎖区域の外で感染が確認された。

 29日午後の発表時点でベトナム国内の累計感染者数は91万0376人となっている。

 また、新型コロナによる死者は前日比+56人増の累計2万1966人、4月末から広がった第4波では2万1931人となった。

 56人は、◇ホーチミン市(32人)、◇東南部地方ビンズオン省(6人)、◇南部メコンデルタ地方バクリエウ省(5人)、◇東南部地方ドンナイ省(4人)、◇南部メコンデルタ地方ティエンザン省(2人)、◇南部メコンデルタ地方ソクチャン省(2人)、◇東南部地方バリア・ブンタウ省(1人)、◇南中部沿岸地方カインホア省(1人)、◇南中部沿岸地方クアンガイ省(1人)、◇南部メコンデルタ地方キエンザン省(1人)、◇南中部高原地方ラムドン省(1人)の11省・市で死亡が確認された。

 ベトナム国内の新型コロナウイルスワクチンの接種状況について、29日は全国で171万2435回分を接種した。同日までの全国の累計接種回数は7894万0403回分となり、このうち1回目が5557万8783回分、2回目が2336万1620回分となっている。

Clip to Evernote
[Bo Y Te 18:28 29/10/2021, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [社会]
ドンナイ省:カラオケやバーなど営業再開、イベントの人数制限なしに (13:55)
 東南部地方ドンナイ省人民委員会は27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策として一時停止していたカラオケやバー、ディスコなどの営業について、28日午前0時からの再開を許可した。  これは、20日時...>> 続き
ハノイ:テトの花火打ち上げ中止、人民委が通知 (13:33)
 ハノイ市人民委員会は、2022年のテト(旧正月)を祝う打ち上げ花火の中止を正式に通知した。  これに先立ち、市人民委員会は旧暦元旦に当たる2月1日の午前0時から同市ハイバーチュン区トンニャット公園(cong ...>> 続き
保健省、新型コロナ感染流行状況に関する新ガイダンス発表 (6:00)
 保健省は27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染流行状況評価に関する新たなガイダンスを発表した。同ガイダンスは即日発効となった。  ガイダンスによると、感染流行状況は◇新規市中感染、◇住民...>> 続き
21年の世界腐敗指数、ベトナムは180か国中87位 (5:42)
 世界各国の汚職を監視している非政府組織(NGO)のトランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International=TI)は25日、「2021年の世界腐敗認識指数(CPI)」を発表した。ベトナムは前年から+3ポイン...>> 続き
多くの妊婦がテト前の帝王切開希望、寅年生まれ嫌って (5:31)
 ベトナムではテト(旧正月)が近付くと、出産時期をテトの前または後にずらして欲しいと医師に頼み込む妊婦が増える。生まれた干支によって、運勢が左右されると信じられているためだ。  ホーチミン市医科薬...>> 続き
これより過去の記事は、社会記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited