ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ハノイ:伝統の「シクロ」が頭痛の種に

2023/05/31 14:05 JST配信
(C) danviet
(C) danviet 写真の拡大.

 ハノイ市旧市街の細い道々をゆっくりと走るシクロが、交通に影響を与える様々な問題の種となっている。

 旧市街を歩くと、客待ちをするシクロの集団をよく目にする。シクロ運転手の大半は地方出身の、この仕事を長年している高齢者だ。だがそんな伝統のシクロは近年、ほとんど使う人のいない「忘れられた」乗り物と化している。

 長年この仕事をしてきたカーさん(男性・63歳)は、大きな変化を目の当たりにしている。「この仕事をして30年あまり経つが、2000年代と比べて、お客さんの数は10分の1。1日に数万VND(1万VND=約60円)しか稼げない日もある。昔は多くの道を走れたが、いまは観光地のホアンキエム区しか走れない」。

 ハノイ市内では現在、旅行会社の管理するものとして260台あまりのシクロの活動が許可されている。乗客は主に外国人観光客であるものの、観光客でさえ、速度の遅いシクロは敬遠しがちだ。

 コロナ禍を経て、観光客は安定的に戻り始めているものの、シクロ運転手が暇を持て余す状況には変化なく、客を求めてシクロ運転手は旧市街を駆けまわる。敬遠されているシクロではあるが、ホアンキエム区に限って見ると台数はかなり多く、この状況が、街の交通の頭痛の種になっている。

 ホアンキエム湖沿いのディンティエンホアン(Dinh Tien Hoang)通りでは、多くのシクロが路上で客待ちしており、ハンバック(Hang Bac)通り、ハンマー(Hang Ma)通り、ハンチェウ(Hang Chieu)通りなどでも同様だ。

 シクロは遅く、数珠つなぎで走るため交差点では渋滞が生じ、他の車両に道を譲ろうともしない。「小さな通りに外国人観光客を乗せた十数台のシクロが並んで走ったら、渋滞しないほうがおかしい。個人的にはシクロを維持すべきだと思うが、週末など往来が少ない日に限った方がよいと思う」と旧市街に住む女性は話す。

 シクロが交通に及ぼす影響を解決するため、2019年にハノイ市はシクロに対するナンバープレート発行の中止を決定し、シクロの活動も禁止することを検討していたが、現在もなお禁止には至っていない。

[Dan Viet 07:39 25/05/2023, F].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
夜のカフェ、見知らぬ仲間と人狼ゲームに興じる若者たち (10:08)

 21時、仕事を終えたカイン・リンさん(女性・24歳)は、ハノイ市ドンダー区にあるカフェに急いで向かった。カフェにはすでに約30人が集まっており、「人狼ゲーム」の開始を待っていた。  リンさんは、この3か...

「働くことが生きがい」SNSで話題の65歳女性配達員 (13日)

 年をとっても子供や孫には迷惑をかけたくないと、グエン・ティ・ゴック・アインさん(女性・65歳)は昼夜を問わずバイクを走らせ、生計を立てている。骨折するような事故にも何度も遭ったが、それでも仕事は辞め...

アジアの旅行者が検索したプール人気ランキング、ベトナム9位 (13日)

 デジタル旅行プラットフォーム「アゴダ(Agoda)」を運営するアゴダ・カンパニー(Agoda Company、シンガポール)は、アジアのどの国からの旅行者が、リフレッシュできるプールのある宿泊施設を最も検索したかにス...

「ベトナムフェスティバルin札幌2024」、8月10日・11日開催 (13日)

 北海道札幌市で8月10日(土)と11日(日)の2日間、「ベトナムフェスティバルin札幌2024」が開催される。会場は札幌市北3条広場「アカプラ」。  同フェスティバルは、ベトナムと北海道の文化交流を目的とし、両...

5G対応エリア、25年までに全国拡大 情報通信省目標 (12日)

 情報通信省はこのほど、「2025年までのベトナム移動通信ネットワークの品質向上計画」を承認した。同計画は、個人や企業のサービス利用体験を向上させるほか、デジタル経済、デジタル社会、デジタル政府の促進...

1~6月期のベトナム人海外派遣労働者数7.9万人、日本向けが最多4万人 (12日)

 2024年1~6月期にベトナムから海外に派遣された労働者数は7万8640人で、前年同期から微増となり、年間計画の約63%に達した。なお、労働傷病兵社会省は、2024年にベトナムから海外に派遣する労働者数の目標を計...

23年の全国平均月収は3.1万円、1位はビンズオン省の5.2万円 (12日)

 統計総局(GSO)による全国63省・市を対象とした2023年の世帯生活水準調査(確定値)によると、全国の1人当たり平均月収は、前年比+6.2%増の496万VND(約3万1000円)に増加した。  1人当たり平均月収のトップ5の...

違反発覚のトゥアンアンG、落札した高速道路案件から撤退 (12日)

 ベトナム全国で多くの道路・橋梁プロジェクトを落札している建設会社トゥアンアングループ(Thuan An Group)は、違反が摘発され、複数の役員が逮捕されたことを受け、同社が落札したカインホア(南中部沿岸地方カ...

海外電子署名認証サービス提供組織の認定に関する通達を発出 (12日)

 情報通信省はこのほど、ベトナムで海外の電子署名の認証サービスを提供する組織の認定、ベトナムにおける海外の電子署名の認定・認証に関する通達第6号/2024/TT-BTTTT(8月15日施行)を発出した。  通達には...

バン国会財政予算常務委員を逮捕、職権乱用で (12日)

 国会財政予算委員会のレ・タイン・バン常務委員(男・60歳)が、北部紅河デルタ地方タイビン省警察によって逮捕された。逮捕状の発行は同省人民検察院が承認した。同省警察が10日に明らかにした。  バン容疑...

4つの送り出し機関が韓国の介護事業者と提携、人材派遣と教育で (12日)

 高齢者介護事業を手掛ける韓国のケアドク(Caredoc)はこのほど、ベトナムの4つの人材育成機関との間で、高齢者介護人材の育成と韓国への派遣に関する覚書(MOU)を締結した。  同社と提携したのはドンドー日本...

バンブー航空、イスラエルIAIと航空機エンジンのメンテナンス契約 (12日)

 地場不動産デベロッパー大手FLCグループ[FLC](FLC Group)傘下のバンブー航空(Bamboo Airways)は、イスラエルの航空機メーカーであるイスラエル・エアロスペース・インダストリーズ(

ラム国家主席がラオス訪問、就任後初の外遊 ビンファスト製EV贈呈 (12日)

 トー・ラム国家主席は11日、ラオス公式訪問を開始した。13日までの日程でラオスとカンボジアを歴訪する。  11日午前にラオスの首都ビエンチャンで歓迎式典が盛大に執り行われた後、ラム国家主席はトーンル...

バクザン省:ジフテリアの感染者1人を新たに確認 (12日)

 東北部地方バクザン省でジフテリアの感染者として確認されたM・T・Bさん(女性・18歳)と濃厚接触があった同省在住のB・H・Gさん(女性・29歳)が、ジフテリアに感染していることがわかった。同省疾病管制センター(...

小型潜水艦自主製造の会社社長が引退の意向、プロジェクト譲渡へ (12日)

 小型潜水艦の「チュオンサ号」や「ホアンサ号」を自主設計・製造したことで知られる実業家のグエン・クオック・ホア氏(男性・67歳)は8日、小型潜水艦プロジェクトを譲渡する意向を明らかにした。  ホア氏は...

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved