ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

若い女性の手洗い洗車ショップ、経営者は20代女性

2010/08/29 08:33 JST配信
(C) vietbao
(C) vietbao 写真の拡大

 8月初旬にハノイ市ドンダー区ホーバーマウ通り302番地で手洗い洗車ショップ「ベイブ・ウオッシュ」がオープンした。洗車料金は最低でも6万5000ドン(約280円)以上と他店の倍近い値段設定だが、連日40~50台が洗車に訪れるほど人気を集めている。

 人気の秘密は、洗車するのがホットパンツ姿の若い女性であることだ。ショップにはカフェが併設されており、洗車場に設置されたカメラの映像がカフェのディスプレイに映し出され、ドライバーは洗車が終わるまでの間、様子を眺めながら一服したり簡単な食事をすることができる仕掛けだ。

 このショップを開店したのは、ハノイ生まれの若手女性経営者フン・タイン・フエン(29歳)。子供のころは世界を飛び回りたいとフライトアテンダントに憧れていた。その後、夢は外務省の報道官になることに変わり外交学院に入学。在学中、イベントプロデュースにかかわるうちに経営に関心を持つようになり、卒業後は友人らとカラオケ店やレストランを開いたりもした。

 しかし、自分の車好きを生かし若い女性が洗車するというアイデアを実現しようと、夫の反対を振り切って洗車ショップの設立を決断した。開店までの費用は20万ドル(約1690万円)もしたという。

 洗車に携わる従業員は大学生や短大生が多い。洗車の仕方についてきちんと訓練し、お客さんとは直接接触できないようにしている。フエンは、マスコミでの取り上げられ方がまるで一種の「風俗産業」のようだと少々不満気で、まじめな商売であることを強調した。年末までにハノイで2カ所目の洗車ショップをオープンする予定だという。

Clip to Evernote
[VnExpress, 20/8/2010, 11:31 GMT+7].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
映画「COME & GO カム・アンド・ゴー」日本公開、小野美由紀(作家)×リム・カーワイ(映画監督)対談 (21日)
 アジア9か国・地域のキャストが出演するリム・カーワイ監督作「COME & GO カム・アンド・ゴー」が、11月19日に日本で公開された。この映画は、中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ネパ...>> 続き
乳児期の火傷で顔にケロイド、差別を乗り越え夢のケーキ屋をオープンした男性 (14日)
 顔にケロイドがあるゴ・クイ・ハイさん(男性・27歳)は、10歳のときに聴覚障害を持つ友人の誕生日ケーキを買いにケーキ屋に入ったが、顔が醜いという理由で店から追い出されてしまった。それからというもの、ハ...>> 続き
米国で7年服役した有名ハッカー、政府公認の専門家として社会貢献 (7日)
 「HieuPC」ことゴ・ミン・ヒエウさん(男性・32歳、南中部高原地方ザライ省出身)は、多国籍サイバー犯罪者集団の1人として2013年に米国で逮捕された、有名な元ブラックハットハッカーだ。米国で7年間服役した後...>> 続き
新型コロナで彼女の故郷に足止め、そのまま結婚したサイゴンの男性とモン族の女性 (10/31)
 4月30日の南部解放記念日に伴う連休に合わせて、西北部地方ライチャウ省に暮らす恋人のもとを訪れたホーチミン市出身のグエン・タイン・ゴックさん(1996年生まれ)は、同時期に新型コロナウイルス感染症(COVID-1...>> 続き
新型コロナで路線バス運休、仕事もお金もなく…車内で生活する運転手たち (10/24)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に伴う社会的隔離措置により、ホーチミン市内の路線バスの運行が停止されてから4か月余りの間、多くの運転手や車掌は仕事もお金もなく、故郷に帰ることも家賃を支払うことも...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited