ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

安全な食卓目指し、国産の鶏肉と野菜の供給に奮闘する博士

2013/03/03 07:24 JST配信
(C)Tien phong、グエット博士(右側)
(C)Tien phong、グエット博士(右側) 写真の拡大

 ベトナムの食卓には中国から密輸された鶏肉や農薬まみれの野菜があふれている。この現状に敢然と立ち向かい、国産の安全な野菜や鶏肉を届けようと奮闘している男性がいる。ハノイ農業投資開発社(Hadico)の会長兼社長のファン・ミン・グエット博士(51歳)だ。

 グエット博士は「大地主」とも呼ばれている。ハノイ市、西北部ホアビン省、紅河デルタ地方バクニン省の3省市の5000ヘクタール近い土地を預かって管理する評議会の議長を兼務しているからだ。もし数年前に土地の使用目的を変更して不動産業者に譲渡していれば、莫大な金額を手にすることができただろう。しかし博士は黙々と野菜を植え続けた。

 ハノイ市ソンタイ町の鶏卵孵化施設を訪れると、「ガーミア」と呼ばれる国内品種の鶏の雛を買い付けに来た多くの養鶏業者が集まっていた。ガーミアは、かつて皇帝への献上物や正月のお祝いに使われた高級鶏だが、安いブロイラーや中国から密輸された鶏に席捲され、近年絶滅の危機に瀕していた。

 グエット博士は絶滅を阻止しようとソンタイ町に孵化施設を建設し、毎日数千羽の雛を誕生させた。ガーミアの評判は良く、飼育する養鶏業者が日増しに増えているという。もはや絶滅の心配はなく、密輸の鶏を駆逐できるのではと期待されている。

前へ   1   2   次へ
Clip to Evernote
[Tien phong online,06:59 | 01/02/2013,O].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
新型コロナ禍、しめやかに死者を送り出す人々 (17日)
 女性は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で亡くなった夫の遺体がビニール袋に包まれ、外に運び出されていく様子に背を向けた。  「棺は?」と聞かれ、「いえ、ありません。ご遺体は袋に入れて密封し、...>> 続き
2度の悲しみを乗り越えて、夫婦が手に抱いた「贈り物」 (10日)
 9月15日に行われた娘の誕生1か月祝いに、レ・バン・ビンさん(50歳)と妻のグエン・ティ・リエウさん(47歳)は改めて見つめ合い、6年越しの幸せに涙を流した。  北中部地方ハティン省ホンリン町ドゥックトゥア...>> 続き
新型コロナ死者の遺影を無料で作成、遺族に寄り添う (3日)
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で愛する人を失いながらも故人の遺影が作れないという家庭がたくさんあることを知り、グエン・アンさん(男性・33歳)は遺影の作成を無料で引き受けることにした。  新型...>> 続き
新型コロナ禍、両親と祖父母を失った14歳の少女 (9/26)
 ホーチミン市ビンチャイン郡在住のグエン・ティ・マイ・カインさん(14歳)は、父親が急死したショックから立ち直る間もなく、母親、そして母方の祖父母を、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により相次いで失...>> 続き
出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 (9/19)
 今は一緒に暮らしているものの、初めて出会った日のことを思い出すと、夫婦は今でも夢のようだと感じている。  「交通違反をした女性が交通警察官に罰せられ、後に2人がカップルになるというシチュエーショ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited