ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

安全な食卓目指し、国産の鶏肉と野菜の供給に奮闘する博士

2013/03/03 07:24 JST配信
Clip to Evernote
(C)Tien phong、グエット博士(右側)
(C)Tien phong、グエット博士(右側) 写真の拡大

 ベトナムの食卓には中国から密輸された鶏肉や農薬まみれの野菜があふれている。この現状に敢然と立ち向かい、国産の安全な野菜や鶏肉を届けようと奮闘している男性がいる。ハノイ農業投資開発社(Hadico)の会長兼社長のファン・ミン・グエット博士(51歳)だ。

 グエット博士は「大地主」とも呼ばれている。ハノイ市、西北部ホアビン省、紅河デルタ地方バクニン省の3省市の5000ヘクタール近い土地を預かって管理する評議会の議長を兼務しているからだ。もし数年前に土地の使用目的を変更して不動産業者に譲渡していれば、莫大な金額を手にすることができただろう。しかし博士は黙々と野菜を植え続けた。

 ハノイ市ソンタイ町の鶏卵孵化施設を訪れると、「ガーミア」と呼ばれる国内品種の鶏の雛を買い付けに来た多くの養鶏業者が集まっていた。ガーミアは、かつて皇帝への献上物や正月のお祝いに使われた高級鶏だが、安いブロイラーや中国から密輸された鶏に席捲され、近年絶滅の危機に瀕していた。

 グエット博士は絶滅を阻止しようとソンタイ町に孵化施設を建設し、毎日数千羽の雛を誕生させた。ガーミアの評判は良く、飼育する養鶏業者が日増しに増えているという。もはや絶滅の心配はなく、密輸の鶏を駆逐できるのではと期待されている。

前へ   1   2   次へ
[Tien phong online,06:59 | 01/02/2013,O].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障害乗り越え、松葉杖でベトナム最高峰登頂を果たした若き社長 (19日)
 身体の麻痺のため松葉杖を使っているグエン・ディン・ダンさん(男性・31歳)は、西北部地方ラオカイ省にあるベトナム最高峰のファンシーパン山(Fansipan)の登頂に松葉杖で挑戦した。  ソーシャル・ネットワ...>> 続き
森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【後編】 (12日)
森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~ (※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。) 前編 → >> 続き
森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち~【前編】 (5日)
森に帰ったゾウ~ベトナム最後のゾウたち ダクラク省に国内初のゾウ保護観光施設オープン~ (※本記事はVIETJOベトナムニュースのオリジナル記事です。) >> 続き
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【後編】 (4/28)
 女優ジエウ・トゥイことグエン・チャン・ジエウ・トゥイ(Nguyen Tran Dieu Thuy)さん(29歳)は、2019年1月に開業したばかりのベトナムの航空会社「バンブー航空(Bamboo Airways)」で唯一の女性パイロットだ。26...>> 続き
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【前編】 (4/21)
 女優だったジエウ・トゥイ(Dieu Thuy)さんは、26歳でパイロットになるための勉強を始めた。彼女にとって、これはリスクの高い賭けのようなものだった。チャンスは1度きり。絶対にこのチャンスをつかむと決めた...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)