ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

全国で唯一の「信号機のない都市」ダラット

2017/07/30 05:14 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 南中部高原地方ラムドン省ダラット市は、全国で唯一の「信号機のない都市」だ。そのため、交通整理を行う交通警察官も、他の都市より大変な任務を負っている。夏の観光シーズン、ダラット市の通りはいつも多くの車両で混雑している。特に週末は観光客を乗せた車両が増えるため、更に混雑する。

 ダラット市人民委員会は今から2年前、ラムドン省人民委員会に対して、観光シーズン中の渋滞緩和に向けたいくつかの案を提出した。この中に信号機の設置案も含まれていたが、同省人民委員会は「信号機のない都市」という特徴を維持すべく、交差点のロータリーを拡張し、交通量を分散させることにのみ同意した。

 ダラット市には、なぜ信号機がないのか。理由の1つは、地形の関係で同市の通りに坂道が多いため、信号機を設置しても坂道を行き来する車両にとって便利でないからだという。

 60年間にわたりダラット市に住んでいるレ・タイン・トゥンさんによると、フランス植民地時代にダラット市を建設した際、フランス人は同市の人口を約9万人と少なく見積もったため、市内の通りを狭く、山沿いにうねった形で設計した。現在、同市の人口は25万人近くに達しており、更に毎年500万人余りの観光客を受け入れているため、車両は増える一方で、通りも更に「狭く」なってしまっている。

前へ   1   2   次へ
[Lam Vien, Thanh Nien, 09:09 AM - 25/07/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
脳死の息子の臓器提供、見知らぬ4人に「母」と呼ばれる女性 (21日)
 不慮の事故で脳死となった息子を「生かす」ため、ハノイ市に住むカン・ティ・ガンさん(女性・59歳)は、危篤状態の1人を含む5人に息子の臓器を提供する決心をした。5人のうち4人はまだ若く、自分への臓器提供者...>> 続き
薪を蓄えて嫁入り、ジエ・チエン族の結婚の風習 (14日)
 南中部高原地方コントゥム省ゴックゴイ郡ダクズック村には、ベトナムの少数民族の1つであるジエ・チエン(Gie Trieng)族の人々が暮らしている。だいたいどの家にも、大きく均一で見た目の美しい薪の山がある。こ...>> 続き
娘の遺志継ぎベトナムに小学校開校、父親が再訪 (7日)
 南中部沿岸地方クアンナム省ディエンバン郡ディエンフオック村にある小学校「ジュンコスクール(JUNKO School=Truong Tieu hoc Junko)」。この学校は、ある1人の日本人女性の遺志を継ぎ、1995年9月4日に開校し...>> 続き
「他人の看病」で高収入、故郷を離れ病院で生活する女性たち (6/30)
 近年、人々の生活は日増しにせわしなくなり、多くの人は親しい人が病気になっても世話をする時間が取れない。そのため、病人の看病をするという新たな仕事が生まれた。ベトナムの大きな病院では、常時数十人か...>> 続き
下半身を動物に噛みちぎられた捨て子の少年、米国で大手術へ (6/23)
 2006年7月、ティエン・ニャン君は南中部沿岸地方クアンナム省ヌイタイン郡で生まれてすぐに捨てられ、野生動物に片足と性器を噛みちぎられた。捨てられてから3日後、ティエン・ニャン君は近くの住民に発見され...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)