ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

全国で唯一の「信号機のない都市」ダラット

2017/07/30 05:14 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 南中部高原地方ラムドン省ダラット市は、全国で唯一の「信号機のない都市」だ。そのため、交通整理を行う交通警察官も、他の都市より大変な任務を負っている。夏の観光シーズン、ダラット市の通りはいつも多くの車両で混雑している。特に週末は観光客を乗せた車両が増えるため、更に混雑する。

 ダラット市人民委員会は今から2年前、ラムドン省人民委員会に対して、観光シーズン中の渋滞緩和に向けたいくつかの案を提出した。この中に信号機の設置案も含まれていたが、同省人民委員会は「信号機のない都市」という特徴を維持すべく、交差点のロータリーを拡張し、交通量を分散させることにのみ同意した。

 ダラット市には、なぜ信号機がないのか。理由の1つは、地形の関係で同市の通りに坂道が多いため、信号機を設置しても坂道を行き来する車両にとって便利でないからだという。

 60年間にわたりダラット市に住んでいるレ・タイン・トゥンさんによると、フランス植民地時代にダラット市を建設した際、フランス人は同市の人口を約9万人と少なく見積もったため、市内の通りを狭く、山沿いにうねった形で設計した。現在、同市の人口は25万人近くに達しており、更に毎年500万人余りの観光客を受け入れているため、車両は増える一方で、通りも更に「狭く」なってしまっている。

前へ   1   2   次へ
[Lam Vien, Thanh Nien, 09:09 AM - 25/07/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】 (1/20)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND...>> 続き
ベトナムに伝わるビルマ皇族の万能軟膏、末裔がブランド復刻 (1/13)
 かつてのサイゴンの人々に親しまれたフレーズ「ボンボンシークーラー・バインタイスアホットガー・ザウクーラーマックスー(Bon bon xi cu la, banh tay sua hot ga, dau cu la mac su)」。ボンボンはブルボンの...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)