ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

全国で唯一の「信号機のない都市」ダラット

2017/07/30 05:14 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 南中部高原地方ラムドン省ダラット市は、全国で唯一の「信号機のない都市」だ。そのため、交通整理を行う交通警察官も、他の都市より大変な任務を負っている。夏の観光シーズン、ダラット市の通りはいつも多くの車両で混雑している。特に週末は観光客を乗せた車両が増えるため、更に混雑する。

 ダラット市人民委員会は今から2年前、ラムドン省人民委員会に対して、観光シーズン中の渋滞緩和に向けたいくつかの案を提出した。この中に信号機の設置案も含まれていたが、同省人民委員会は「信号機のない都市」という特徴を維持すべく、交差点のロータリーを拡張し、交通量を分散させることにのみ同意した。

 ダラット市には、なぜ信号機がないのか。理由の1つは、地形の関係で同市の通りに坂道が多いため、信号機を設置しても坂道を行き来する車両にとって便利でないからだという。

 60年間にわたりダラット市に住んでいるレ・タイン・トゥンさんによると、フランス植民地時代にダラット市を建設した際、フランス人は同市の人口を約9万人と少なく見積もったため、市内の通りを狭く、山沿いにうねった形で設計した。現在、同市の人口は25万人近くに達しており、更に毎年500万人余りの観光客を受け入れているため、車両は増える一方で、通りも更に「狭く」なってしまっている。

前へ   1   2   次へ
[Lam Vien, Thanh Nien, 09:09 AM - 25/07/2017, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女優から転身、バンブー航空唯一の女性パイロット【前編】 (21日)
 女優だったジエウ・トゥイ(Dieu Thuy)さんは、26歳でパイロットになるための勉強を始めた。彼女にとって、これはリスクの高い賭けのようなものだった。チャンスは1度きり。絶対にこのチャンスをつかむと決めた...>> 続き
徒歩でベトナム縦断、越僑夫婦の挑戦―生死さまよう病気乗り越え (14日)
 ベトナム系米国人のディーン・グエンさんと妻のキャサリン・グエンさんは、ディーンさんが生死をさまよう病気を乗り越えた後、故郷ベトナムを60日かけて徒歩で縦断するという計画を立てた。  夫婦はそろっ...>> 続き
村に戻って早6年、ジャングル生活40年の「森の人」は今 (7日)
 40年間もジャングルの中で暮らし、2013年8月に父親とともに保護されたホー・バン・ランさん(47歳)は、現在も食べる物を探すため毎日森に入っている。村に戻って早6年、何人かの老人が彼のはっきりとしない話に...>> 続き
病気の弟を見舞うため、13歳の少年が自転車で100km一人旅 (3/31)
 西北部地方ソンラ省からハノイ市に向かって100km余りの道のりをブレーキもない自転車に乗って一人で走り、途中で気を失いかけたりサンダルが壊れたりしながらも、入院している最愛の弟を見舞いに行った13歳の少...>> 続き
障がい者の生活改善へ、高3男子が音声操作型ロボットハンド開発 (3/24)
 北中部地方ハティン省のキーアイン高校3年生の男子生徒2人が、上肢に障がいを持つ人向けに声で操作することができるロボットハンドを開発し、全国中高生科学技術コンテストで3位に入賞した。ロボットハンドを開...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)