ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

今年のテトは男性もアオザイを着て過ごしてみては?

2018/01/28 05:16 JST配信
Clip to Evernote
(C) Tho Nguyen, Thanh Nien
(C) Tho Nguyen, Thanh Nien 写真の拡大

 テト(旧正月)を目前に、ベトナム人男性アーティストらの間で男性用アオザイを着てパフォーマンスを披露したり、男性用アオザイの着用を推奨する動きが出てきている。

 ベトナムの伝統文化や遺産の愛好者の活動グループ「ディンランベト(Dinh Lang Viet)」は、テトに際して男性用の古典アオザイの素晴らしさを広めようとビデオクリップを製作中だ。ビデオクリップ制作は外務相補佐官のファム・サイン・チャウ氏の提案によるもので、今年は男性用の古典アオザイにも着目しており、クリップには古典アオザイを着た50人の男性が登場する。

 ホーチミン市で活動するベトナム民族文化の保護を目指すグループ「ダイベトコーフォン(Dai Viet Co Phong)」には、古典アオザイの縫製職人もおり、その作品はとても優美で一部の企業が制服用に発注するほどだ。

 韓国公演から帰国したばかりという男性歌手ハン・タイ・トゥ(Han Thai Tu)は、「韓国での公演ではアオザイを着たのですが、観客から大きな声援をいただきました」と話す。古典アオザイを愛好する歌手ドゥック・トゥアンもテトはアオザイを着て公演に臨む予定だ。

 ホーチミン市9区にあるアオザイ博物館のオーナーでファッションデザイナーのシー・ホアン氏は、男性用アオザイが敬遠される理由を「デザイナーや着用者によって男性用アオザイが本来の姿から女性的な衣装と化してしまっているため」と指摘する。

前へ   1   2   3   次へ
[Trinh Nguyen Da Ly, Thanh Nien, 09:36 - 12/01/2017, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】 (1/20)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND...>> 続き
ベトナムに伝わるビルマ皇族の万能軟膏、末裔がブランド復刻 (1/13)
 かつてのサイゴンの人々に親しまれたフレーズ「ボンボンシークーラー・バインタイスアホットガー・ザウクーラーマックスー(Bon bon xi cu la, banh tay sua hot ga, dau cu la mac su)」。ボンボンはブルボンの...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)