ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

半世紀続くホーチミンの路上ビンロウジ市場

2018/02/11 05:31 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 ホーチミン市6区のレクアンスン(Le Quang Sung)通りの路上は、盛衰を経ながら50年以上にわたり「ビンロウジ(檳榔子、ヤシ科植物ビンロウ(檳榔)の種子)」を専門に売る市内最大かつ唯一の場所として知られている。

 半世紀以上にわたり存在する「ビンロウジ市場」。毎日、深夜から明け方にかけてビンロウジを運ぶトラックが市場にやってくる。時を経て、現在この通りでビンロウジを売っているのはわずか15人ほどしかいない。売り手のほとんどが50歳から80歳くらいの女性たちだ。

 ベトナムでビンロウジは、刻んだりすりつぶしたりしたものをキンマ(コショウ科植物)の葉にくるんで少量の石灰と一緒に噛む嗜好品として、また夫婦の象徴とされることから婚約・結婚の儀式で新郎が新婦の家へ贈るものとしても使われる。

 ホーチミン市のビンロウジ市場で一番の古株は、同市ホックモン郡在住のサウ・レンさん(女性・83歳)。ここでビンロウジを売って60年余りになる。毎日、ホックモン郡バーディエム村の自宅からバスに乗ってこの通りまで来て、夜に帰宅する。

 「私が幼い頃、この通りはビンロウジを売り買いする人で賑わっていました。当時この通りは『チュオンタンブウ(Truong Tan Buu)通り』という名前で、何十もの店が並んでいました。スパイシーな香りが特徴的な、ホックモン郡バーディエム村のビンロウジを主に売っていました」とサウ・レンさん。

前へ   1   2   次へ
[Quynh Tran, VnExpress, 24/10/2017 | 05:00 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】 (1/20)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND...>> 続き
ベトナムに伝わるビルマ皇族の万能軟膏、末裔がブランド復刻 (1/13)
 かつてのサイゴンの人々に親しまれたフレーズ「ボンボンシークーラー・バインタイスアホットガー・ザウクーラーマックスー(Bon bon xi cu la, banh tay sua hot ga, dau cu la mac su)」。ボンボンはブルボンの...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)