ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイの心霊スポット「キムマー300番地」の噂と歴史

2018/05/20 05:04 JST配信
Clip to Evernote
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大
(C) tuoitre
(C) tuoitre 写真の拡大

 「幽霊屋敷(Nha ma)」や「キムマー通り300番地(300 Kim Ma)」の名で心霊スポットとして知られるハノイ市バーディン区キムマー通り300番地(300 Kim Ma St., Ba Dinh Dist. Ha Noi)の土地と建物がこの5月、元の所有者である在ベトナム・ブルガリア大使館からベトナム外務省へと返却された。

 1982年12月14日、ベトナムとブルガリアの政府は両国の外交代表機関のための土地売買および建物建設に関する協定を結び、ベトナム側は在ベトナム・ブルガリア大使館の建物とブルガリア大使公邸の建設地として、ハノイ市の一等地であるキムマー通り300番地の土地3243m2を供与した。

 その後、ブルガリア側はこの土地で、フランス植民地時代の建物の基礎の上に面積1307m2の建物を建設し、1991年に建設工事を完了した。建物は3階建てで、事務室や廊下、階段、プール、通路、庭、塀などを併設していた。

 しかし、建設が終わったにもかかわらず、ブルガリア側はこの建物を当初の目的のように使用する必要がなくなったとしてそのままにした。以来、27年もの間空き家となり、見知らぬ人の侵入を防ぐため常にドアが閉まったままとなっていた。

 この建物を使わない理由も明らかにされず、長きにわたり放置されていたため、「この建物には幽霊がいる」という噂が立ち、噂に尾ひれがついて日に日に広まり、ここに住んだり働いたりする者が誰もいなくなった。また、多くの人々がここに線香を焚き、供養するようになった。

前へ   1   2   次へ
[Lam Hoai - Quynh Trung, Tuoi Tre, 15/05/2018 17:05 GMT+7, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
我が子の為なら何のその、路上で笑顔振りまき踊るアオザイ姿の男性 (17日)
 テト(旧正月)を目前に控え賑わうホーチミン市の歩道に、赤いアオザイを身にまとい、テトの楽し気な音楽に合わせて踊る中年男性の姿があった。お菓子を販売する傍らで、満面の笑みで踊り客を呼び込む。しかし、...>> 続き
「ご自由にどうぞ」の古着市、住民の想いが貧しい人々を救う (10日)
 「余っている人はください、必要な人はご自由にどうぞ」というアイデアから生まれた「無料の古着市」が、ホーチミン市タンフー区の第1ソンキー(Son Ky)マンションの中庭で開かれており、多くの人々が出入りして...>> 続き
テトの贈り物にクラフトビールが人気、フレーバーも多種多様 (3日)
 このところ、テト(旧正月)の贈り物としてクラフトビールが人気を博している。  ハノイ市の旧市街でクラフトビール職人として有名なグエン・バン・クオンさんは、これまでにビーツや牛肉のフォー、トウガラ...>> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【後編】 (1/27)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。2016年12月公開の「サイゴン・ボディガード(Ve si >> 続き
ベトナム映画「パパとムスメの7日間」落合賢監督インタビュー【前編】 (1/20)
 落合賢(おちあい・けん)監督の新作ベトナム映画「パパとムスメの7日間(Hon papa da con gai)」が、2018年12月28日にベトナムで公開された。映画は公開からわずか5日間で約50万人を動員し、興行収入は約400億VND...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)