ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

身長2.2mのボビナム選手、夢は「身長1.6m」

2018/11/25 05:27 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 身長があまりにも高いため、チャン・ゴック・トゥーさん(22歳・男性)はこれまで数々の不都合に直面し、外に出れば周りの人々から注目されてしまう。そんな彼は「身長がもっと低ければ…」と何度となく願ってきた。

 トゥーさんは身長が2.2m余りもある。北中部地方タインホア省出身で、現在はホーチミン市11区で友人とルームシェアをしている。

 「僕の家族にこんなに背の高い人はいません。僕1人だけ、中学校に入ったころから急に背が伸び始め、16歳になると2mを超えていました。病院に行くと、医師からは成長ホルモンの過剰分泌によるものと診断され、まださらに伸びる可能性があると言われました」とトゥーさん。

 この高身長のせいで、トゥーさんの生活にはたくさんの不都合がつきまとう。例えば家の中を歩くときや天井の低いところでは、頭をぶつけないよう気を付けなければならない。バスに乗るときは首を曲げていなければならず、寝台バスに乗るときは足が収まらない。

 「どこの市場に行ってもサイズの合う服が見つからないときは、外国人エリアまで行って西洋人向けの服を買うしかありません。足にいたっては一般的なサイズの2倍もあるので、いつもオーダーメイドです。こんな体型なので、ずっと座っていると腰が痛いし、膝も痛むので速く走ることもできません」とトゥーさん。

 トゥーさんは身長が高いだけでなく体重も120kgと巨体だ。そのため、外にいると目立ってしまい、学生グループに写真をせがまれることもある。あまりにも注目を集めてしまうため、めったに外を出歩かなくなった。

前へ   1   2   次へ
[VnExpress 07:54 14/11/2018, A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
この記事に関連するおすすめの記事
最新ニュース [特集]
ベビーリフトで米国へ渡った女性、44年ぶりに産みの母と再会 (17日)
 米国メイン州スカボローに住むリー・ボートン・スモールさん(女性・47歳)は、44年前に生き別れになったベトナム人の母に会うため、近くベトナムを訪問する。スモールさんは3歳の時に米軍の「オペレーション・ベ...>> 続き
国境を越えてイタリア貴族に嫁いだベトナム人女性建築家 (10日)
 初めての顔合わせの際、「ようやくこの有名な女性に会うことができた!」と恋人の父親に言われ、トー・ガーさんは驚いた。彼の両親は気難しいと聞いていたからだ。  ハノイ建築大学の講師を務めていた建築...>> 続き
事故で両腕失った青年、足で絵を描き見つけた生きる道 (3日)
 自分が描いた絵の対価として初めて20万VND(約960円)のお金を受け取ったとき、「自分は生きている!」と震えた。腕を失い、絶望のどん底に突き落とされてから6か月後のことだった。  午前8時、グエン・バン...>> 続き
女性13人の爆弾除去隊、戦争の残骸から農民を守る (10/27)
 女性13人から成る第19クラスター爆弾除去隊(MAT19)は、北中部地方クアンチ省で戦争の負の遺産である爆発物の除去・処理にあたっている。発足から1年余りの間に、MAT19は面積64万m2の土地で各種の爆発物316基を...>> 続き
日常と観光のはざまに生きる、ハノイの線路脇の暮らし (10/20)
 ハノイ市当局はこのほど、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェを一掃した。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることが...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)