ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【後編】

2019/01/06 05:30 JST配信
Clip to Evernote

 吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますアジア芸人)としてベトナムで活動するお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」。2015年6月にベトナムへ移住してから3年半が経過し、ベトナム唯一の日本人芸人として活躍するダブルウィッシュの2人に、VIETJOベトナムニュース編集部が話を聞いた。


前編 → 吉本「ベトナム住みます芸人」ダブルウィッシュインタビュー【前編】


【ベトナムのお笑い界と裏話について】

―――ベトナムのイベントやテレビ番組収録などの現場で、日本と違う点、またそれによって良いこと、悪いことがあれば教えてください。

中川・井手:テレビ収録のスケジュールが違います!

井手:日本だとスタジオに全体の流れやスケジュールが貼ってあるので把握できるんですが、ベトナムのスタジオにはそういったものがないので、今日は何本撮りなのかな、いつ終わるのかな、今どれくらいのところまで進んでいるのかな、など全体のスケジュールが全くわかりません。よく相方と2人で「何待ち」なのかわからぬまま、静かに待っています。オーディション番組での話ですが、待てども待てども出番が回ってこず、結局次の日へ持ち越しになり、なんとトータル17時間待ちという経験をしました!こういったトラブルにも慣れすぎて、全く動じず、何事もなかったかのように次の日また出直したという僕らも僕らですが。

中川:良いことは、出番ギリギリにスタジオへ行っても大丈夫なところです。日本は何かあった時のためにと1時間前入りが普通です。ベトナムでは着替えて準備さえしていれば10分前でも大丈夫ですね。悪いところは、段取りが悪いところですね。朝早くリハーサルをやったのに、出番直前にもまたリハーサル、ということがありました。これは、朝のリハに付き合った音響担当と、出番前の音響担当が違う人だったからです。あと、テレビ収録でMCのカンペがなく、イヤホンからの指示で番組が進行することにも驚きました。「聞きながら会話をする」というのは結構なストレスで、読みながら会話する方が楽に思えます。

ホーチミン市のイオンモールでのイベント


―――ベトナムの現場でこれまでに起きた最大のハプニングを教えてください。

中川:テレビ収録でのことです。ネタをやるコーナーではなかったのですが、急に「ネタをやってくれ」という流れになり、僕が女装して、カズにイタズラで口紅を塗るというボケをやったんです。すると急にカットがかかり、「それは汚いからテレビではオンエアできない」と。口紅を少し大きめに塗っただけですよ。それだけでNGです。ネタも変更することになり、ただ歌って踊る、という出し物になってしまいました。

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ごみに人生を捧げる、大学卒業し資源回収で起業した若者 (16日)
 資源回収(ベーチャイ=ve chai)により資金を集め、3人の若者が資源回収で起業した。周りからは反対されたが、それでも彼らは諦めず、環境保護のメッセージを伝え続けている。  ホーチミン市内の多くの集合...>> 続き
新型コロナ感染の中国人男性、ベトナムでの治療の日々を語る (9日)
 「最初の病院からチョーライ病院までの道は全て封鎖されました。チョーライ病院の先生方は迅速に行動してくれて、私たち親子を1つの部屋に隔離し、いくつかの検査を行いました……」。  ベトナム国内で最初に...>> 続き
山林に1人で暮らす10歳の少年、父の死を乗り越え強く生きる (2日)
 父親の遺影を手にした日、少年は「お父さんはこんな見た目だったんだ」と震えながらつぶやいた。父親とは長いこと会えていなかった。  ある日の午前10時のことだった。東北部地方トゥエンクアン省ハムイエ...>> 続き
ベトナム人のイスラム教徒が迎えるテト (1/26)
 ハノイ市ドンアイン郡ボンラー村(xa Vong La, huyen Dong Anh)では、テト(旧正月)が近付くと人々は桃の木とキンカンの木を家に運び入れ、ラーゾン(la dong)の葉っぱを柱にくくって乾かし、子供たちは新しい服を...>> 続き
車椅子の妻と年下夫の愛の形、2人で歩む新たな人生 (1/19)
 「本当にいいの?私は一生、車椅子に座ったままよ」と言う女性を横目に、男性は婚姻届にサインをした――。  昼の12時、ファン・ゴック・ジエムさん(31歳)は宝くじを売り切り、夫に電話をかけて迎えにきてと...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)