ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【前編】

2018/12/23 05:30 JST配信

 吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますアジア芸人)としてベトナムで活動するお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」。ボケ担当の中川新介さんとツッコミ担当の井手一博さんの2人は、2015年6月にベトナムへ移住し、現地での活動を開始した。

 現在は「現地で売れる」ことを目指して、ベトナムのテレビ番組やイベントに出演するほか、2017年からはベトナム神奈川親善大使に就任し、日本で開催されるベトナム関連イベントに出演するなどして日越両国の架け橋として活躍の場を広げている。

 そんなダブルウィッシュは、12月15日に最新の動画をユーチューブ(YouTube)で公開したばかり。この動画は2017年12月に同じくYouTubeで公開した動画の続編で、ネイティブのベトナム語の発音とはかけ離れた日本人の「ジャパニーズイングリッシュ」ならぬ「ジャパニーズベトナミーズ」に突っ込みを入れ、日本人独特のベトナム語の発音がなかなかベトナム人には通じない、という状況をユーモアたっぷりに表現したものとなっている。



今回、ベトナムに住み始めてから3年半が経過し、ベトナム唯一の日本人芸人として活躍するダブルウィッシュの2人に、ベトナムでの活動やベトナムのお笑い界と裏話、今後のビジョンなどについてVIETJOベトナムニュース編集部が話を聞いた。


【ベトナムでの活動について】

―――「ベトナム住みます芸人」としてベトナムに移住されてから3年半が経ちましたが、3年半前と現在とを比べて、最も大きく変わったことは何ですか?

中川:正直に言いますと、来る前は何となく日本の売れ方を想像していました。ネタをやって、テレビに出て、MCのポジションに辿り着くような。でも、3年半経ってこういった考えは一切なくなりました。ベトナムには「ネタ」という概念もありませんし、日本の芸人とベトナムの「Dien vien hai(コメディアン)」のニュアンスも違う。この国に合った僕らにできる方法で有名にならなければならない、と思いました。未だ確信は持てませんが、何となくは見えてきたような気もしています。

井手:去年と今年、ベトナムの有名なオーディション番組に出演させてもらったのですが、去年は「外国人のコメディアン」ということでゲスト的な扱いを受けていたのですが、今年は放送後にネットで叩かれたりもして、やっと現地の人と同じ土俵に立てたというか、ベトナムで活動する1コメディアンとして見てもらえるようになったのかな、と思います。これからはもっとシビアにやっていかなければと思う反面、少しは知られてきたのかなと嬉しくも思います。

最新動画の1シーンの撮影中

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2024 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 免責事項
新着ニュース一覧
都会の自宅で過ごす念願のテトは「苦い味」 (10:30)

(本記事は、ベトナム現地紙の読者コラムを翻訳・編集したものです。)  皆さんは、テト(旧正月)をどのように過ごされただろうか。私はと言えば、ようやく「寂しいテト」が終わってくれた、と救われるような気...

「江南スタイル」PVで一躍有名人、越韓ハーフの「リトルPSY」は今 (24日)

 2012年にリリースされ、世界中で大ヒットした韓国人ラッパーPSY(サイ)の「江南スタイル(Gangnam Style)」。このPVに出演し、「リトルPSY」として一躍有名人となった当時8歳のファン・ミヌは、韓国人の父親とベ...

道のり200kmにサービスエリアなし、高速道路にかかる「救いの橋」 (24日)

 このテト(旧正月)に、高速道路で南中部沿岸地方ビントゥアン省区間を通った人の中には、その「橋」を使った人も多かったかもしれない。  「高速道路でザウザイ(Dau Giay、東南部地方ドンナイ省)からビント...

アジアのベストビーチ、ベトナムから2か所選出 トリップアドバイザー (24日)

 世界最大の旅行プラットフォーム「トリップアドバイザー(Tripadvisor)」は、「2024 トラベラーズチョイス ベスト・オブ・ザ・ベスト ビーチ」を発表した。  これは、2022年10月から2023年9月までの1年間に...

1月のメーカー別新車販売台数リスト、販売台数上位20ブランド (23日)

 ベトナム自動車工業会(VAMA)の発表によると、2024年1月におけるVAMA加盟企業とVAMA非加盟企業を合わせた新車販売台数(TCモーターおよびビンファスト=VinFast含まず)は前月比▲50%減、前年同月比では+11%増の1...

新型コロナ検査キット汚職事件、3.4億円収賄額トップの元保健相が控訴 (23日)

 ベトナム人民軍の軍医学院と地場ベトアー・テクノロジー・コーポレーション(Viet A Technology Corporation、ホーチミン市)から成るコンソーシアムによる新型コロナウイルス検査キットの研究開発(R&D)、評価、...

ホーチミン:市内最大墓地の墓移転作業開始、まず1836基 (23日)

 ホーチミン市ビンタン区の補償・土地収用委員会のグエン・ミン・ゴック副委員長は21日、市内最大の墓地のビンフンホア墓地にある墓の集中移転の開始手続きを行ったと発表した。24日から第1期分となる1836基の墓...

人気コメディアンの制作会社、映画ヒットで純利益率70%の超高水準 (23日)

 監督作品の興行収入の合計がベトナム人として初めて1兆VND(約61億円)を超えた映画監督としても知られる人気男性コメディアンのチャン・タイン(Tran Thanh)が立ち上げた制作会社「チャン・タイン・タウン (Tran ...

ブンタウ~コンダオ島間の双胴高速船、3月から運航再開 (23日)

 フーコック・エクスプレス社(Phu Quoc Express)は3月2日(土)から、東南部地方バリア・ブンタウ省ブンタウ市と同省コンダオ島を結ぶ双胴高速船「コンダオ・エクスプレス36(Con Dao Express 36)」の運航を再開す...

ホーチミン市人民委員会庁舎の一般公開、24年は12回実施 (23日)

 ホーチミン市は、2024年の市人民委員会・人民評議会庁舎(1区レタントン=Le Thanh Tong通り86番地)の一般公開計画を発表した。  毎月の最終土曜日・日曜日に合計12回実施する。具体的な日程は以下の通り。 ...

ビンファスト、インドネシア企業3社にEV車600台を供給 (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下の電気自動車(EV)メーカーであるビンファスト(VinFast)は22日、2月15日から25日にかけてインドネシアの首都ジャ

ビンファスト、インドにEV・バッテリー工場を建設へ (23日)

 地場系コングロマリット(複合企業)ビングループ[VIC](Vingroup)傘下のビンファスト(VinFast)は25日、インドのタミルナドゥ州トゥートゥクディ市で電気自動車(EV)・バッテリー工場の

中央銀行、上半期は政策金利維持 借金返済猶予の延長も (23日)

 ベトナム国家銀行(中央銀行)は、少なくとも2024年1~6月期は現在の政策金利を維持する方針だ。国内経済が安定傾向にあり、明るい兆しも見られることが背景にある。  中央銀行はまた、借金返済期限の猶予や...

ベトナム、今後10年間で資産2.3倍に増加 繁栄スピードは世界一 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)が、世界的なウェルスインテリジェンス会社ニュー・ワールド・ウェルス(New World Wealth)と提携して先般発表したレポートによると、世界的な製造...

パスポート自由度24年版、ベトナムは199か国中92位 (23日)

 コンサルタント会社ヘンリー&パートナーズ(Henley & Partners)は、世界199か国・地域のパスポートおよび世界227か国・地域の渡航先を対象としたパスポート自由度ランキング(The Henl

©VIETJO ベトナムニュース 2002-2024 All Rights Reserved