ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【前編】

2018/12/23 05:30 JST配信
Clip to Evernote

 吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますアジア芸人)としてベトナムで活動するお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」。ボケ担当の中川新介さんとツッコミ担当の井手一博さんの2人は、2015年6月にベトナムへ移住し、現地での活動を開始した。

 現在は「現地で売れる」ことを目指して、ベトナムのテレビ番組やイベントに出演するほか、2017年からはベトナム神奈川親善大使に就任し、日本で開催されるベトナム関連イベントに出演するなどして日越両国の架け橋として活躍の場を広げている。

 そんなダブルウィッシュは、12月15日に最新の動画をユーチューブ(YouTube)で公開したばかり。この動画は2017年12月に同じくYouTubeで公開した動画の続編で、ネイティブのベトナム語の発音とはかけ離れた日本人の「ジャパニーズイングリッシュ」ならぬ「ジャパニーズベトナミーズ」に突っ込みを入れ、日本人独特のベトナム語の発音がなかなかベトナム人には通じない、という状況をユーモアたっぷりに表現したものとなっている。



今回、ベトナムに住み始めてから3年半が経過し、ベトナム唯一の日本人芸人として活躍するダブルウィッシュの2人に、ベトナムでの活動やベトナムのお笑い界と裏話、今後のビジョンなどについてVIETJOベトナムニュース編集部が話を聞いた。


【ベトナムでの活動について】

―――「ベトナム住みます芸人」としてベトナムに移住されてから3年半が経ちましたが、3年半前と現在とを比べて、最も大きく変わったことは何ですか?

中川:正直に言いますと、来る前は何となく日本の売れ方を想像していました。ネタをやって、テレビに出て、MCのポジションに辿り着くような。でも、3年半経ってこういった考えは一切なくなりました。ベトナムには「ネタ」という概念もありませんし、日本の芸人とベトナムの「Dien vien hai(コメディアン)」のニュアンスも違う。この国に合った僕らにできる方法で有名にならなければならない、と思いました。未だ確信は持てませんが、何となくは見えてきたような気もしています。

井手:去年と今年、ベトナムの有名なオーディション番組に出演させてもらったのですが、去年は「外国人のコメディアン」ということでゲスト的な扱いを受けていたのですが、今年は放送後にネットで叩かれたりもして、やっと現地の人と同じ土俵に立てたというか、ベトナムで活動する1コメディアンとして見てもらえるようになったのかな、と思います。これからはもっとシビアにやっていかなければと思う反面、少しは知られてきたのかなと嬉しくも思います。

最新動画の1シーンの撮影中

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
刑務所4回、悪党から改心し病院で炊き出し支援―元不良の新たな人生 (5:41)
 何度も罪を犯した悪党としての過去を背負いながら、グエン・タイン・クオン(Nguyen Thanh Cuong)さん(男性・49歳、ホーチミン市3区在住)は毎日、ホーチミン市腫瘍病院の前にトラックを停めて貧しい人々に無料で...>> 続き
行方不明の娘を探して中国へ15回、魔の売春宿に潜入した父親 (9日)
 「もう10年前のことになりますが、娘を探しに行ったあの旅を決して忘れることはありません」。ハノイ市メーリン郡にある古いアパートに住む60歳を超えたタンさんは、硬い表情でゆっくりと話した。  2007年...>> 続き
孤児院で運命の出会い、ハノイで人気のフランス菓子店を営む夫妻 (2日)
 家族旅行で北京や上海をはじめ中国の各地へ行った時の写真を懐かしそうに眺めるのは、ハノイ市タイホー区タインニエン(Thanh Nien)通りでフランス菓子店を営むグエン・ティ・タインさん(43歳)と夫のグエン・ミ...>> 続き
ベトナム人最年少でエベレスト登頂、映画「ハイ・フォン」出演俳優の次なる挑戦 (5/26)
 2019年2月に公開されたゴ・タイン・バン(Ngo Thanh Van)主演のベトナム映画「ハイ・フォン(原題:Hai Phuong、英題:Furie)」。この映画に警官のルオン(Luong)役として出演しているファン>> 続き
障害乗り越え、松葉杖でベトナム最高峰登頂を果たした若き社長 (5/19)
 身体の麻痺のため松葉杖を使っているグエン・ディン・ダンさん(男性・31歳)は、西北部地方ラオカイ省にあるベトナム最高峰のファンシーパン山(Fansipan)の登頂に松葉杖で挑戦した。  ソーシャル・ネットワ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)