ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」独占インタビュー【後編】

2019/01/06 05:30 JST配信
Clip to Evernote

【今後のビジョンについて】

―――3年半を経て、改めて今後の展望と、これから新たに挑戦したいことを教えてください。

中川:これまで色んなことをやらせてもらいましたが、次は映画に出演したいです。エンタメの最高峰はやはり映画です。そこで名前を売りたいです。ベトナム人ミュージシャンとミュージックビデオ(MV)も撮りたいですね。ベトナム人と一緒に、面白いものを一緒に作っていきたいです!

井手:今はベトナムのメディアにはたまにしか出演できていないので、これからもっとたくさん出演できるようになって、ベトナム全国を行脚したいです。そして、僕らのコメディスタイルがベトナムで受け入れられて、ジャンルとして確立したら嬉しいです!

11月20日の「ベトナム教師の日」で、生徒(カズさん)が女性教師(シンスケさん)に花束を渡すシーン


―――最後に、VIETJOの読者やファンの方々に向けて一言コメントをお願いします!

井手:「ベトナムに住む期限はいつまでなの?」とよく聞かれますが、そんなものはありません!吉本興業が期限などくれるわけがありません!ただ言われたのは、「売れるまで帰ってくるな」です!でも、売れたら帰りたくありませんし。おそらく僕らは言葉のマジックにうまく騙されているようです。

中川:「吉本坂46」(秋元康氏プロデュースのアイドルグループ)のオーディションの時は、応援ありがとうございました!残念ながら合格はできませんでしたが、今となってはベトナムで売れるために必要なことではなかったのかもしれない、と思っています。ただ、皆様の応援は引き続き必要です!日系企業の方々!テト(旧正月)のパーティイベントに1度僕らを呼んでみてはいかがでしょうか!歌って踊って、コメディまでこなす日本人は僕らしかいませんので、よろしくお願いいたします!

中川・井手:これからも無期限でベトナムにいますので、応援とお仕事、どうぞよろしくお願いいたします!


ダブルウィッシュの2人が出演するイベントやテレビ番組などの最新情報、またベトナム住みます芸人ならではのベトナム情報はFacebookページYouTubeチャンネルでチェックを。

―――――――――――――――

ダブルウィッシュ(Double Wish)プロフィール

吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。メンバーはボケ担当の中川新介(なかがわしんすけ、1982年6月25日生まれ)とツッコミ担当の井手一博(いでかずひろ、1983年2月6日生まれ)。いずれも熊本県熊本市出身。高校時代、テレビ熊本の若者向けローカル情報番組「若っ人ランド」で共演したことがきっかけで、2008年4月にお笑いコンビを結成。2015年6月より「住みますアジア芸人」としてベトナムに住み始め、現地で活動している。

Facebookページ:https://www.facebook.com/doublewishkumamoto/
Youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/doublewishkumamoto/

ダブルウィッシュの最新動画

前へ   1   2   3   次へ
[2018年12月23日 ベトジョーニュース A].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
「物売りで覚えた外国語が人生を変えてくれた」フモン族の少女の今 (17日)
 ベトナムの少数民族の1つであるフモン族の少女、ロー・ティ・マイさんは、観光客向けに土産物を売り歩いていると人々が英語で話しかけてくるため、自然と英語を覚えていった。外国語が自分の人生を変えてくれた...>> 続き
「生ける命を守る」、胎児の追悼と母子救済に人生捧げる神父 (10日)
 東南部地方ドンナイ省のビエンホア市ホーナイ街区第4区域に、3万人以上の赤ん坊が眠る墓地がある。墓地はバックハイ教会の神父であり、バックハイ教区の副司祭でもあるヨセフ・グエン・バン・ティックさんが発...>> 続き
国連PKOに派遣された初のベトナム人女性士官 (3日)
 ベトナム国防省ベトナム平和維持センターは、2014年から南スーダンに軍事連絡要員などを派遣している。2017年10月には、国連平和維持活動(PKO)の任務にベトナム人女性士官が初めて派遣された。  この女性士...>> 続き
元駐北朝鮮ベトナム大使が語る、越朝の密接な国交の始まり (2/24)
 このほど第2回米朝首脳会談の開催地がベトナムに決まり、2月27日と28日にハノイ市で開催されることになった。ズオン・チン・トゥック元駐北朝鮮ベトナム大使(任期:1992年~1996年)は、ベトナムと北朝鮮の二国...>> 続き
我が子の為なら何のその、路上で笑顔振りまき踊るアオザイ姿の男性 (2/17)
 テト(旧正月)を目前に控え賑わうホーチミン市の歩道に、赤いアオザイを身にまとい、テトの楽し気な音楽に合わせて踊る中年男性の姿があった。お菓子を販売する傍らで、満面の笑みで踊り客を呼び込む。しかし、...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)