ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ベトナム住みます芸人「ダブルウィッシュ」が新曲発表!独占インタビュー

2019/10/13 05:00 JST配信
Clip to Evernote

(※本記事はVIETJOベトナムニュースとベトナムエンタメ情報サイト「A-TIM’s(エータイムズ)」の合同取材によるものです。)

 吉本興業が主導するアジア版「あなたの街に住みますプロジェクト」の芸人(住みますアジア芸人)としてベトナムで活動するお笑いコンビ「ダブルウィッシュ」。

 ボケ担当の中川新介(シンスケ)さんとツッコミ担当の井手一博(カズ)さんの2人は、2015年6月にベトナムへ移住し、現地での活動を開始した。現在はベトナム語を活かしてベトナムのテレビ番組やイベントに出演するほか、ユーチューブ(YouTube)で動画を公開するなど情報発信にも力を入れている。

 ダブルウィッシュはこの9月に新曲「Nay Thanh Tho Dia(ナイタイントーディア=現地人になった)」のMVをYouTubeで公開した。この曲は、「もう俺たちゃネイティブベトナミーズ」をテーマに、ベトナムに来たばかりの頃と現地の生活にもすっかり慣れた現在とを比較しながら、ベトナム生活の面白さと奥深さを歌っている。



 これに先立ち、「日本人独特のベトナム語の発音がなかなかベトナム人には通じない」という状況をユーモアたっぷりに表現した曲「Khong Hieu(コンヒエウ=わからない)」のMVの第1弾を2017年12月に、第2弾を2018年12月にそれぞれ公開している。

 今回、約9か月ぶりに新曲を発表したダブルウィッシュの2人に、MVの見どころや制作秘話、今後の目標などについて話を聞いた。


―――ずばり、新曲の見どころ、ポイントを教えてください!

中川:アップテンポな曲とサビの部分の歌詞「Nay Thanh Tho Dia」というフレーズとダンスです。皆さんに真似してほしいですね!ベトナムでもイベントの時に教えていますが、まだまだ浸透していません。読者の皆さんのご協力をお待ちしています(笑)。

井手:昔は生活に慣れず驚くことや戸惑うことも多かったんですが、僕らがベトナムに住んで経験したこと、そして今じゃもう何でもこい!という成長を歌にしました。「自分も経験したことがある!」「まだここは慣れないんだよね…」など、共感してもらえたらなと思います。


―――どういった経緯で新曲をリリースすることになったのですか?

井手:音楽を通してのほうがベトナムの人たちに僕らの体験や感じたことを伝えやすいのかなと思い、「Khong Hieu」に続く歌ネタを作りたいと思っていました。

中川:ただ、前回の作曲は音楽ソフトを使ったこともあり、曲作りに関しては正直うまくいっていませんでした。そこで(所属している)吉本興業に相談したところ、楽曲を制作してくださることになりました。

井手:吉本興業の方も「楽曲で困ったら相談してくれ!」と以前からおっしゃってくれていたので。ベトナムではアップテンポな曲だと踊りやすい、ノリのいいEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が流行っています、という感じで伝えて、かなりイメージ通りの曲を作ってくださいました。


前へ   1   2   3   4   次へ
[2019年10月13日 ベトジョーニュース/A-TIM’s A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
女性が出稼ぎ、男性が子育てする村―別居婚の光と影 (23日)
 北部紅河デルタ地方タイビン省ドンフン郡ドンタン村(xa Dong Tan, huyen Dong Hung)では、村から海外へ出稼ぎに行く人の4分の3が女性だ。女性は子供たちを夫に任せて故郷を離れる。  ビンニン村落(thon Vin...>> 続き
ごみに人生を捧げる、大学卒業し資源回収で起業した若者 (16日)
 資源回収(ベーチャイ=ve chai)により資金を集め、3人の若者が資源回収で起業した。周りからは反対されたが、それでも彼らは諦めず、環境保護のメッセージを伝え続けている。  ホーチミン市内の多くの集合...>> 続き
新型コロナ感染の中国人男性、ベトナムでの治療の日々を語る (9日)
 「最初の病院からチョーライ病院までの道は全て封鎖されました。チョーライ病院の先生方は迅速に行動してくれて、私たち親子を1つの部屋に隔離し、いくつかの検査を行いました……」。  ベトナム国内で最初に...>> 続き
山林に1人で暮らす10歳の少年、父の死を乗り越え強く生きる (2日)
 父親の遺影を手にした日、少年は「お父さんはこんな見た目だったんだ」と震えながらつぶやいた。父親とは長いこと会えていなかった。  ある日の午前10時のことだった。東北部地方トゥエンクアン省ハムイエ...>> 続き
ベトナム人のイスラム教徒が迎えるテト (1/26)
 ハノイ市ドンアイン郡ボンラー村(xa Vong La, huyen Dong Anh)では、テト(旧正月)が近付くと人々は桃の木とキンカンの木を家に運び入れ、ラーゾン(la dong)の葉っぱを柱にくくって乾かし、子供たちは新しい服を...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)