ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

孤児院で運命の出会い、ハノイで人気のフランス菓子店を営む夫妻

2019/06/02 05:06 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress.net
(C) vnexpress.net

 家族旅行で北京や上海をはじめ中国の各地へ行った時の写真を懐かしそうに眺めるのは、ハノイ市タイホー区タインニエン(Thanh Nien)通りでフランス菓子店を営むグエン・ティ・タインさん(43歳)と夫のグエン・ミン・フーさん(46歳)だ。タインさんの幸せそうな笑顔からは、同店を開業するまでに彼女が経験した苦労を想像できる人はいないだろう。

 今から28年前のこと、ホアンキエム区ゴーバンソー(Ngo Van So)通り13番地にあるストリートチルドレンの保護施設「トーバンバオサーメ(To ban bao Xa me)」で、やせ細って浅黒い2人の子供が出会った。2人とも父親がおらず兄弟が多く貧しいという境遇で、それぞれ紅河デルタ地方ハナム省と同ビンフック省からハノイ市へ出てきた。

 タインさんは施設でいつも男の子たちの服を洗濯してあげていたのだが、その中の1人が今の夫のフーさんだった。タインさんより3つ年上のフーさんは、タインさんが施設に入った1年後にやって来た。タインさんとフーさんは意気投合して兄妹のような関係になったが、次第に互いに好意を持つようになり、2年後の1993年に施設を出て、翌年に結婚式を挙げた。

 長女を授かった時には施設の創設者夫妻のところへしばらく身を寄せた。その間にタインさんは家の門前で飲み物を売り、フーさんは新聞を売り歩いた。「タインとフーは、子供たちの中でもとても利口で努力を惜しまない子たちでした」と創設者のブー・ティ・ゴック・アインさんは当時を振り返る。

前へ   1   2   3   次へ
[vnexpress.net 06:35 (GMT+7) 27/5/2019, T].  © Viet-jo.com 2002-2019 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベビーリフトで米国へ渡った女性、44年ぶりに産みの母と再会 (17日)
 米国メイン州スカボローに住むリー・ボートン・スモールさん(女性・47歳)は、44年前に生き別れになったベトナム人の母に会うため、近くベトナムを訪問する。スモールさんは3歳の時に米軍の「オペレーション・ベ...>> 続き
国境を越えてイタリア貴族に嫁いだベトナム人女性建築家 (10日)
 初めての顔合わせの際、「ようやくこの有名な女性に会うことができた!」と恋人の父親に言われ、トー・ガーさんは驚いた。彼の両親は気難しいと聞いていたからだ。  ハノイ建築大学の講師を務めていた建築...>> 続き
事故で両腕失った青年、足で絵を描き見つけた生きる道 (3日)
 自分が描いた絵の対価として初めて20万VND(約960円)のお金を受け取ったとき、「自分は生きている!」と震えた。腕を失い、絶望のどん底に突き落とされてから6か月後のことだった。  午前8時、グエン・バン...>> 続き
女性13人の爆弾除去隊、戦争の残骸から農民を守る (10/27)
 女性13人から成る第19クラスター爆弾除去隊(MAT19)は、北中部地方クアンチ省で戦争の負の遺産である爆発物の除去・処理にあたっている。発足から1年余りの間に、MAT19は面積64万m2の土地で各種の爆発物316基を...>> 続き
日常と観光のはざまに生きる、ハノイの線路脇の暮らし (10/20)
 ハノイ市当局はこのほど、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェを一掃した。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることが...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2019 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)