ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

脳死の息子の臓器提供、見知らぬ4人に「母」と呼ばれる女性

2019/07/21 05:49 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大

 不慮の事故で脳死となった息子を「生かす」ため、ハノイ市に住むカン・ティ・ガンさん(女性・59歳)は、危篤状態の1人を含む5人に息子の臓器を提供する決心をした。5人のうち4人はまだ若く、自分への臓器提供者の母親であるガンさんのことを「お母さん」と呼んでいる。

 「お母さん、私をもう一度生んでくれてありがとう。この恩は決して忘れません」。

 母親に抱き守られて安らかな子供達を表すような、青空の下で大きく枝を広げてそびえる大樹の絵の下端に、このメッセージと共に「ハウ、クオン、ティエン、トゥイ、フン」という5人の名が刻まれている。

 これは、ガンさんの息子から臓器提供を受けた5人が、自分を生まれ変わらせてくれたことに感謝の気持ちを込めてガンさんに送った絵だ。ハノイ市クオックオアイ郡のドラン集落にある小さな家の中で、ガンさんは3日に一度はその絵を綺麗に拭いている。

 ガンさんの夫は感電事故のため早くに亡くなり、ガンさんは息子2人と娘1人をひとりで育てなければならなかった。ふくよかで優しそうな顔つきのガンさんは、カニを捕まえアヒルを育てながら、水田の真ん中に立つ小屋で母子4人でひっそりと過ごした生活を忘れることはないという。

 20年間をその小屋で過ごした後、2015年にガンさんは平屋の家を建て、1986年生まれの末息子のチン・ディン・バンさんの結婚を待ち望んでいた。しかし、喜びは長くは続かなかった。2016年7月27日の夜、ガンさんが都市部でベビーシッターの仕事をしている時、バンさんが手すりの上で寝ている最中に地面に落下したとの電話を受けた。

 第103軍医病院に到着すると、医師からバンさんは99%脳死状態で、助かる可能性はないと告げられた。ガンさんは雷に打たれたように崩れ落ちた。

前へ   1   2   3   4   次へ
Clip to Evernote
[VnExpress 07:14 5/6/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited