ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

日常と観光のはざまに生きる、ハノイの線路脇の暮らし

2019/10/20 05:49 JST配信

 ハノイ市当局はこのほど、同市のディエンビエンフー(Dien Bien Phu)通り~フンフン(Phung Hung)通りの区間に敷かれた線路脇で営業していたカフェを一掃した。コーヒーを飲みながら列車が走る光景を眺めることができるとして線路脇のカフェは同市の観光の名物ともなり、昼夜問わず観光客で賑わっていたが、規定違反であるだけでなく、観光客が写真や動画を撮影するために線路内に立ち入ることも多々あり、安全確保の観点からも大きな問題となっていた。

 この線路脇の家々は、もともと南北統一鉄道の駅の従業員たちの住宅だった。その後、いくつかの世帯が移り住み、片側に家を、もう片側に倉庫や労働者に賃貸するための小さな平屋を建てるようになった。

 家を借りる労働者は多くいたが、彼らのほとんどは季節労働者だった。田舎での仕事がない時期にハノイ市へ出稼ぎに来て、また仕事が見つかると田舎へ帰って行く。こうして徐々に鉄道脇の集落が形成されていったが、以前と比べると線路脇の様相は大きく変化している。

 たった4年前の2015年と比べても、このあたりは大きく様変わりした。当時は線路に石が敷き詰められ、線路の両脇には2~5階建ての家が密集していた。それが、現在のこのエリアは、まるで新しい服を着たようにカラフルで目を引くようになっている。

 「ここはこんなに騒々しいのに、どうして住んでいられるの?ここに住んでいる人々はいつも警戒していなければならないのでしょう?」。これは、鉄道街のことを知ったときに誰もが考えるであろう疑問だ。

 鉄道関係の従業員のための古い住宅街から始まったこのエリアだが、他の地域から移り住んで商売をし、家を建てる人たちが多くなり、賑わいを増して他にはない独自性を生み出した。

 ハノイ市を通る南北統一鉄道は、フンフン通り、レズアン(Le Duan)通りに沿って走り、グエンクエン(Nguyen Khuyen)通り、グエンタイホック(Nguyen Thai Hoc)通り、カムティエン(Kham Thien)通りを横切る。そして、こうした通りを横切って通過していく鉄道を、多くの人々が眺める。中でも外国人観光客が多く、列車を眺めるのがハノイ市の観光名物となった。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Zing 19/10/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited