ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

高校教師の義足ランナー、ホーチミン市マラソンで5km完走

2020/01/12 05:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 1月5日、ホーチミン市で「ホーチミン市マラソン2020」が開催され、国内外から約9000人のランナーが参加した。ランナーの中には、義足を装着した若いベトナム人女性がいた。

 「かつては500mも歩ければ良いほうでした。でも今はその10倍もの距離を歩き切ることができ、とても幸せです」。ホーチミン市マラソン2020を終えて、義足の女性は明るく笑った。

 グエン・ティ・ミン・タムさん(女性)は、南部メコンデルタ地方ドンタップ省カオライン市のティエンホズオン高校で数学を教える教師だ。タムさんは今年、義足を作ってくれた会社の招きでホーチミン市マラソン2020に初めて参加し、5kmコースに挑んだ。

 片脚に義足を付けたタムさんが自信いっぱいに歩を進める姿を目にした多くのランナーや沿道の人々が、タムさんの気概とエネルギーを称賛した。そして、何百人もの歓声の中でゴールにたどり着いたタムさんは、満面の笑顔を見せた。

 「自分自身に勝ち、5kmを完走できました。最高です」。タムさんは叫ぶように言った。歩くにしても走るにしても、5kmの距離であれば普通の人にとってはそれほど難しいことでもない。でも、タムさんは5kmを歩くために、たくさんのトレーニングを積まなければならなかった。

 タムさんは毎日6時に起きてジムに行き、身体を鍛えた。「最初は義足が外れてしまうのが怖くてランニングマシンにも乗れませんでした。その後、ゆっくりから始めて徐々にスピードを上げられるようになりました。ここ3か月間はほぼ毎日2~3km歩いていました」とタムさん。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:12 06/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ベトナム人のイスラム教徒が迎えるテト (26日)
 ハノイ市ドンアイン郡ボンラー村(xa Vong La, huyen Dong Anh)では、テト(旧正月)が近付くと人々は桃の木とキンカンの木を家に運び入れ、ラーゾン(la dong)の葉っぱを柱にくくって乾かし、子供たちは新しい服を...>> 続き
車椅子の妻と年下夫の愛の形、2人で歩む新たな人生 (19日)
 「本当にいいの?私は一生、車椅子に座ったままよ」と言う女性を横目に、男性は婚姻届にサインをした――。  昼の12時、ファン・ゴック・ジエムさん(31歳)は宝くじを売り切り、夫に電話をかけて迎えにきてと...>> 続き
「男になりたい」愛する女性とともに自分らしく生きる道 (5日)
 ハノイ市に暮らすホアン・リン(本名:ドアン・フオン・ラン)さんは、幼い頃から自分は男の子だと意識し、「本当の自分として生きる」ために様々な方法を模索してきた。しかし、小さな変化を遂げるたび、両親や...>> 続き
【特集】2019年ベトジョー記事アクセス数ランキング (19/12/29)
 VIETJOベトナムニュースが2019年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位 行方不明の娘を探して中国へ15回、魔の売春宿に潜入した父親 (2019>> 続き
ベトナムのソフトウェア技術を世界へ、29歳プログラマーの挑戦 (19/12/22)
 起業からわずか8か月余りで、グエン・フウ・アインさん(男性・29歳)のソフトウェア会社「テソ(TESO)」は、国内外の大手テクノロジー企業と50件ものアウトソーシング契約を結んだ。  ある日、シンガポール国...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)