ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

高校教師の義足ランナー、ホーチミン市マラソンで5km完走

2020/01/12 05:35 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 1月5日、ホーチミン市で「ホーチミン市マラソン2020」が開催され、国内外から約9000人のランナーが参加した。ランナーの中には、義足を装着した若いベトナム人女性がいた。

 「かつては500mも歩ければ良いほうでした。でも今はその10倍もの距離を歩き切ることができ、とても幸せです」。ホーチミン市マラソン2020を終えて、義足の女性は明るく笑った。

 グエン・ティ・ミン・タムさん(女性)は、南部メコンデルタ地方ドンタップ省カオライン市のティエンホズオン高校で数学を教える教師だ。タムさんは今年、義足を作ってくれた会社の招きでホーチミン市マラソン2020に初めて参加し、5kmコースに挑んだ。

 片脚に義足を付けたタムさんが自信いっぱいに歩を進める姿を目にした多くのランナーや沿道の人々が、タムさんの気概とエネルギーを称賛した。そして、何百人もの歓声の中でゴールにたどり着いたタムさんは、満面の笑顔を見せた。

 「自分自身に勝ち、5kmを完走できました。最高です」。タムさんは叫ぶように言った。歩くにしても走るにしても、5kmの距離であれば普通の人にとってはそれほど難しいことでもない。でも、タムさんは5kmを歩くために、たくさんのトレーニングを積まなければならなかった。

 タムさんは毎日6時に起きてジムに行き、身体を鍛えた。「最初は義足が外れてしまうのが怖くてランニングマシンにも乗れませんでした。その後、ゆっくりから始めて徐々にスピードを上げられるようになりました。ここ3か月間はほぼ毎日2~3km歩いていました」とタムさん。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 12:12 06/01/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (24日)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (17日)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (10日)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (3日)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
山の麓に住む99歳の「仙人」、漢方薬で人々を救う (4/26)
 朝から晩までひっきりなしに続く診察、漢方薬の処方、患者への電話応答は、もうじき100歳を迎えるファム・ト・タンさんの1日のルーティンワークだ。  家の裏で鶏が鳴くと、タンさんは寝床から起き、サンダ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)