ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ごみに人生を捧げる、大学卒業し資源回収で起業した若者

2020/02/16 05:12 JST配信
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 資源回収(ベーチャイ=ve chai)により資金を集め、3人の若者が資源回収で起業した。周りからは反対されたが、それでも彼らは諦めず、環境保護のメッセージを伝え続けている。

 ホーチミン市内の多くの集合住宅の住人や病院、レストラン、ホテルのオーナーにとって、3人の若者たちが資源を買いに来るのはお馴染みのことだ。「ホアおじさんの資源回収(Ve Chai Chu Hoa)」はお揃いの制服を着ているだけでなく、愛想よくポイントを付け、資源の分別方法について親切に案内し、また明瞭な領収書も書いてくれる。

 このユニークな資源回収ビジネスのアイデアは、ホーチミン市5区在住でグループのリーダーであるグエン・バン・ティエンさん(男性・28歳)が6年前に着手したものだ。ティエンさんは学生時代から社会活動に熱心で、特に環境保護に関心が高かった。ごみの分別について学び、資源回収でお金を集め、ティエンさんは自分が資源回収に特別な情熱を持っているということに気が付いた。

 「資源を回収して、リサイクルできる物やまだ使える物、また古本や骨董品に出会うととても嬉しいんです!大学2年の時、私はあるファストフード店でアルバイトをしていたのですが、多くの資源が捨てられるのを見て残念に思っていました。それで、私は秤を購入して学校に持って行き、学校が終わるとすぐに資源を買いに行きましたよ!」とティエンさんは笑いながら教えてくれた。

 ごみや資源回収の仕事について自分で調べて知識をつけ、若者の起業など滅多にないこの分野で仕事をするために、ティエンさんはあらゆる場所に出かけた。初めての仕事で状態の良い骨董品を購入することができ、3万VND(約140円)の利益を得ることができた時は、喜び勇んで家に帰り「今日は利益が出たよ!」「今日はこんないいものを手に入れられたよ!」と両親に報告した。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Thanh Nien 12:12 05/11/2019, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited