ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

日本で末期がんと闘うベトナム人留学生、帰国望むも新型コロナで足止め

2020/04/19 05:12 JST配信
Clip to Evernote
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大
(C) thanhnien
(C) thanhnien 写真の拡大

 南中部沿岸地方ダナン市出身のダン・ティ・ミン・アインさん(女性・26歳)は、留学先の大学を卒業するため日本に滞在している間に、予期せず末期の肺がんと診断された。しかし、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でベトナムに帰国することができず、日本の病院のベッドで日々を過ごしながら、家族との再会を切望している。

 ミン・アインさんは2014年に日本へ渡り、大阪府茨木市にある追手門学院大学でマーケティングを学んだ。2019年のクリスマス、ミン・アインさんは2020年3月の卒業に向けて、ベトナムから日本に戻った。しかし、日本に戻ってから何日も喀血が続いた。病院で検査を受けたところ、2020年1月半ばにがん専門の病院に移され、末期の肺がんと診断された。

 「テト(旧正月)にはベトナムへ帰るつもりでしたが、1月28日に医師から末期がんだと告げられました。その時は身体も弱っており、すぐに入院しなければならなかったので、日本に残りました。その後、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、両親が私に会いに日本へ来ることもできないままです」とミン・アインさんは語った。

 入院中は、知人や友人がお見舞いに来てくれて、家に帰ってからも恋人が世話をしてくれたため、ミン・アインさんの心は慰められた。何度も投薬をし、家のあちこちに抜けた髪の毛が落ちた。そこで、ミン・アインさんは2月に髪の毛を全て剃った。つるつるになった頭を見ると悲しみが沸き上がったが、乗り越えるために頑張ることにした。

前へ   1   2   3   次へ
[Thanh Nien 08:22 15/04/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会 (5/17)
 米国カリフォルニア州オレンジ郡に住むチエウ・アイン・ブー・リーバーマンさんは、45年前にエンジンが故障し海に漂流していた船の上で生まれた。そして生後わずか1日で、英国空軍のヘリコプター2機に救助され...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)