ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

難民船で生まれたベトナム系女性、命の恩人の英空軍兵とZoomで45年ぶり再会

2020/05/17 05:41 JST配信
Clip to Evernote
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大
(C) VnExpress
(C) VnExpress 写真の拡大

 「緊急電報を受けましたが、その時点で何人が船に乗っているのかは知りませんでした」とジョーンズさんは振り返る。ジョーンズさんは、今でもこの4人を救助したときの危険さ、困難さをはっきりと覚えている。

 ジョーンズさんの乗ったヘリコプターは、クララ・マースク号の上空に到着するとロープを下ろし、盲腸が破裂した女性を救助した。もう1機のヘリコプターが生まれたばかりのリーバーマンさんと家族を引き上げることになっていたが、ヘリコプターには新生児を救助するための装備がなかった。そのため、ジョーンズさんの同僚のベイリーさんが下に降りてリーバーマンさんを腕に抱えなければならなかった。

 ジョーンズさんの日記には、啓徳空港とクララ・マースク号の間の往復に2時間50分かかったと記されている。通常はヘリコプターで海上へ出ることはほとんどなく、2時間半の飛行に足りる燃料を積んでいたものの、救助時はこれを20分上回る飛行時間だった。

 そして、救助が終わり香港に戻るとヘリコプター2機はきれいに清掃され、そのままその日に予定されていたエリザベス女王の護衛任務に備えた。「その後、我々の第28飛行隊はいつも時間通りということで『28 nick of time』と呼ばれるようになりました」とジョーンズさんは語る。

前へ   1   2   3   次へ
[VnExpress 11/5/2020, T].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏 (5/31)
 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。  これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上...>> 続き
雌雄見分ける「ひよこ鑑定士」、高収入も人手不足 (5/24)
 養鶏場のニワトリのヒナ(ヒヨコ)の性別を鑑別する需要が日に日に高まっているが、総排出腔(直腸・排尿口・生殖口を兼ねる器官)で雌と雄を見分けられる人材がごくわずかしかいないため、この仕事は常に人手不足...>> 続き
本を修復して40年、ホーチミン最後の「本のお医者さん」 (5/10)
 ホーチミン市3区リーチンタン(Ly Chinh Thang)通りの路地裏に暮らすボー・バン・ザンさん(男性・60歳)は、古本を修理・修復する仕事に就いて40年余りになる。ザンさんは、ホーチミン市でこの仕事をまだ続けてい...>> 続き
オンライン学習のため4G電波探し道路沿いに「書斎」を建築したモン族の学生 (5/3)
 少数民族モン族のラウ・ミー・サーさん(男性・21歳)は、東北部地方ハザン省ドンバン郡スンチャイ村スンクア地区(ban Sung Cua, xa Sung Trai, huyen Dong Van)を走る道路の間に4Gの電波が入るポイントがあるこ...>> 続き
山の麓に住む99歳の「仙人」、漢方薬で人々を救う (4/26)
 朝から晩までひっきりなしに続く診察、漢方薬の処方、患者への電話応答は、もうじき100歳を迎えるファム・ト・タンさんの1日のルーティンワークだ。  家の裏で鶏が鳴くと、タンさんは寝床から起き、サンダ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Viet Economic Research and Advisory Corporation (略称:VERAC)