ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏

2020/05/31 05:20 JST配信
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大

 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。

 これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上級の愛情と敬意をもって保管されてきた。

 この胸像は2020年2月に「傑出した文化人、ベトナム民族解放の英雄、ホー・チ・ミン主席」と題した活動の10年間の総括会議の枠組みの中で、ベトナム外務省本部でファム・ビン・ミン副首相 兼 外相からホー・チ・ミン博物館(ハノイ市バーディン区)のブー・マイン・ハー館長に引き渡された。

 現在はホー・チ・ミン博物館のコレクションとして所蔵されており、5月には同館の企画展「ホー・チ・ミン デッサンと肖像画」で初めて一般公開され、注目を集めた。

 収集の過程で、博物館の職員らは胸像の台の部分に「NXB Nhan loai(人類出版社)」の印があることを発見した。職員らがベトナム国家図書館の資料を調べたところ、1946年の救国(Cuu quoc)新聞の記事で、胸像について言及されていた。

 資料によると、この胸像は人類出版社が大量生産したもので、石膏でできており、サイズが大きいものと小さいものの2バージョンあったという。

 しかし、作者については触れられておらず、他の資料などでも手掛かりは見つかっていない。わかっているのは、人類出版社そのものが1930~1940年ごろに設立されたらしい出版社だということくらいだ。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[An Ninh Thu Do 11:00 17/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited