ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ホー・チ・ミン主席の胸像が70年ぶり帰国、コンダオ刑務所から渡仏

2020/05/31 05:20 JST配信
Clip to Evernote
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大
(C) anninhthudo
(C) anninhthudo 写真の拡大

 2020年5月19日、故ホー・チ・ミン主席の生誕130周年を迎えた。

 これに合わせて、70年近くフランスにあったホー・チ・ミン主席の胸像が、外交ルートを通じてベトナムに帰ってきた。この彫刻は長い間、最上級の愛情と敬意をもって保管されてきた。

 この胸像は2020年2月に「傑出した文化人、ベトナム民族解放の英雄、ホー・チ・ミン主席」と題した活動の10年間の総括会議の枠組みの中で、ベトナム外務省本部でファム・ビン・ミン副首相 兼 外相からホー・チ・ミン博物館(ハノイ市バーディン区)のブー・マイン・ハー館長に引き渡された。

 現在はホー・チ・ミン博物館のコレクションとして所蔵されており、5月には同館の企画展「ホー・チ・ミン デッサンと肖像画」で初めて一般公開され、注目を集めた。

 収集の過程で、博物館の職員らは胸像の台の部分に「NXB Nhan loai(人類出版社)」の印があることを発見した。職員らがベトナム国家図書館の資料を調べたところ、1946年の救国(Cuu quoc)新聞の記事で、胸像について言及されていた。

 資料によると、この胸像は人類出版社が大量生産したもので、石膏でできており、サイズが大きいものと小さいものの2バージョンあったという。

 しかし、作者については触れられておらず、他の資料などでも手掛かりは見つかっていない。わかっているのは、人類出版社そのものが1930~1940年ごろに設立されたらしい出版社だということくらいだ。

前へ   1   2   3   次へ
[An Ninh Thu Do 11:00 17/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (25日)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (18日)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (11日)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (4日)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
「おしん」からプリザーブドフラワー職人に、50歳を前に起業したベトナム人女性 (6/27)
 タイで5年間家政婦として働いていたレ・ティ・ベトさん(女性・63歳)は、家主からプリザーブドフラワーの作り方を教えてもらい、50歳でベトナムに戻って事業を始めた。  中部の暑い日差しが急に弱まった6月...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited