ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 

ハノイで創業94年の老舗カフェ、脱サラし継いだ4代目

2020/06/07 05:27 JST配信
Clip to Evernote
(C) baodansinh
(C) baodansinh 写真の拡大
(C) baodansinh
(C) baodansinh 写真の拡大

 ハノイ市ハイバーチュン区チエウベトブオン(Trieu Viet Vuong)通り27番地の路地の一角に、94年の歴史を有する老舗カフェ「カフェ・タイ(Cafe Thai)」がある。

 カフェの看板には「4世代」を表す4つ星に、黄金の亀、コーヒーカップ、「CA PHE THAI」の文字、そして創業年を示す「1926」が描かれている。

 グエン・ドゥック・ヒエウさん(男性・33歳)は、このカフェの4代目だ。ヒエウさんはかつてドイツに留学し、家業にも少し関係のある経済学を学んでいたが、母国に帰ってからはオフィスワーカーとして働き、月収も3000~4000USD(約32万7000~43万6000円)あった。しかし、30歳になったときにコーヒーこそが自分の情熱だと気付き、全てを捨てて田舎に帰り、農民となってコーヒーに関するあらゆることを学んだ。

 ヒエウさんはこう話す。「タイ(Thai)は父方の祖父の名前で、曾祖父がそれを店名にしました。90年余り前、曾祖父は生計を立てるためにフンイエン省(北部紅河デルタ地方)からハノイ市に移り住み、天秤棒をかついで旧市街のあちこちでコーヒーを売っていました。当時、西洋の珍しい飲み物を安く売り歩いていた人は、おそらく曾祖父のほかにほんの数人しかいなかったでしょう。今のように氷やコーヒーメーカーもなかったので、曾祖父はいつも早起きしてコーヒーを瓶に入れ、薪で何度も沸騰させていました。90年も前に曾祖父が売っていたコーヒーの味がどんなだったかわかりませんが、きっと焦げたにおいで、今私が飲んでいるコーヒーとは全く違ったでしょう」。

前へ   1   2   3   次へ
[Bao Dan Sinh 10:55 26/05/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2021 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
障がい者の職業訓練縫製工場を立ち上げた男性、自身も障がいと生きる (25日)
 両脚の麻痺により、這いながら脚を引きずって移動することしかできなかった10年間を経て、両脚の手術を受けてから少しずつ自力歩行ができるようになったファン・ミン・クイさん(男性・31歳)は、障がい者の仕事...>> 続き
脱サラして起業、ダチョウの飼育で成功した男性 (18日)
 東北部地方クアンニン省でダチョウの飼育を手掛けるグエン・ミン・ゴックさん(男性・36歳)の牧場は、ダチョウの飼育数が2015年時点の50羽から今では100羽余りに増えてクアンニン省最大規模となり、年間10億VND(...>> 続き
「ホーチミン市」命名の歴史的起源を追う (11日)
 2021年7月2日、サイゴンが「ホーチミン市(Thanh pho Ho Chi Minh)」と名付けられた日から45周年を迎えた。「『ホーチミン市』と名付けるアイデアを思い付いたのは誰ですか?」という読者からの質問を受け、地元...>> 続き
妻の前夫が事故で寝たきりに、8年続く「妻1人に夫2人」の一家の生活 (4日)
 妻の前夫が交通事故で外傷性脳損傷を受け、一生寝たきりになってしまうことを知ったグエン・バン・キエンさん(31歳、南部メコンデルタ地方アンザン省チャウドック市ビンテー村在住)は、前夫を家に迎え、妻とと...>> 続き
「おしん」からプリザーブドフラワー職人に、50歳を前に起業したベトナム人女性 (6/27)
 タイで5年間家政婦として働いていたレ・ティ・ベトさん(女性・63歳)は、家主からプリザーブドフラワーの作り方を教えてもらい、50歳でベトナムに戻って事業を始めた。  中部の暑い日差しが急に弱まった6月...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2021 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited