ベトナムニュース総合情報サイトVIETJO [ベトジョー]
 ようこそ ゲスト様 

アジア初の宇宙飛行士ファム・トゥアン、「ソユーズ37号」打ち上げから40年

2020/08/02 05:44 JST配信
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) khampha
(C) khampha 写真の拡大

 今から40年前の1980年7月23日、ベトナム初、そしてアジア初の宇宙飛行士となったベトナム人民空軍の英雄ファム・トゥアン(Pham Tuan)氏は、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から「ソユーズ37号(Soyuz 37)」に乗って宇宙に飛び立った。ベトナムでは戦争が終わってまだ数年しか経っていないころだった。

 これは、ソビエト連邦の宇宙探査計画「インターコスモス」の一環で、ソユーズ37号にはソビエト連邦の宇宙飛行士であるヴィクトル・ゴルバトコ氏が船長として搭乗した。

 戦時中、トゥアン氏は1972年の北爆で米軍のB-52爆撃機を空中から撃墜し、無事に帰還した初めての人物となった。この功績はボー・グエン・ザップ将軍から称えられ、1973年にはベトナム民主共和国で最高位となるベトナム人民軍英雄の称号を授与された。

 このときトゥアン氏が乗った愛機のMiG-21型戦闘機はハノイ市の軍事歴史博物館に展示され、国宝にも指定されている。

 ベトナムに平和が訪れた後、1977年にトゥアン氏はソ連のガガーリン空軍士官学校へ派遣され、1982年に卒業した。在学中の1979年、当時32歳のトゥアン氏は、インターコスモス計画の6番目の宇宙飛行士の候補に選抜された。

 このとき、同じくガガーリン空軍士官学校を卒業し、ベトナム人民軍のパイロットだったブイ・タイン・リエム(Bui Thanh Liem)氏も候補に選ばれた。

前へ   1   2   3   次へ
Clip to Evernote
[Kham Pha 08:59 23/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2022 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
クジラを祀るベトナムの「鯨寺」 (23日)
 北中部地方ハティン省カムスエン郡には、クジラを祀る「ドゥックグーオン廟(mieu Duc Ngu Ong)」がある。死んだクジラを見つけると、人々は死骸をこの「鯨寺」に運んで埋葬し、頭部の十字の印または陰陽コイン...>> 続き
彼女にフラれてボディビルの道へ、ベトナム人青年が日本でチャンピオンになるまで (16日)
 今から7年前、ルオン・ホン・ソンさん(男性・30歳)は恋人と別れたモヤモヤやストレスを晴らすため、ジムでのトレーニングを始めることにした。予期せず、この決断が彼の人生の方向を変えることになった。  ...>> 続き
精神疾患の母親を支える大学生、18年間変わらぬ願い (9日)
 6歳のとき、自宅でクラスメイトに「お前のお母さんはどこ?」と聞かれたレ・ドゥック・ヒエウさん(18歳)は、台所に鎖でつながれている人をおそるおそる指さした。するとクラスメイトたちは「頭がおかしいおばさ...>> 続き
【特集】2021年ベトジョー記事アクセス数ランキング (2日)
 VIETJOベトナムニュースが2021年に配信した「特集」カテゴリの記事のアクセス数ランキングをご紹介します。 1位:出会いは交通違反、「違反者と警察官」の関係から始まった夫婦の恋物語 https>> 続き
ハノイで初のメトロ運行開始、着工10年の軌跡 (21/12/26)
 緑色の車体の電車が、警笛を鳴らしながらカットリン駅のホームに到着した。ホームでは、老若男女問わず多くの人々が興奮を隠せずにいた。2021年11月6日の朝、人々は一張羅で出かけ、それまで先進国にしかなかっ...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2022 All Rights Reserved
運営:VERAC Company Limited