ベトナム総合情報サイトVIETJO [ベトジョー] ベトナムの最新時事ニュースを毎日無料配信!
 ようこそ ゲスト様 
から まで 記事/ページ

アジア初の宇宙飛行士ファム・トゥアン、「ソユーズ37号」打ち上げから40年

2020/08/02 05:44 JST配信
Clip to Evernote
(C) vnexpress
(C) vnexpress 写真の拡大
(C) khampha
(C) khampha 写真の拡大

 今から40年前の1980年7月23日、ベトナム初、そしてアジア初の宇宙飛行士となったベトナム人民空軍の英雄ファム・トゥアン(Pham Tuan)氏は、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から「ソユーズ37号(Soyuz 37)」に乗って宇宙に飛び立った。ベトナムでは戦争が終わってまだ数年しか経っていないころだった。

 これは、ソビエト連邦の宇宙探査計画「インターコスモス」の一環で、ソユーズ37号にはソビエト連邦の宇宙飛行士であるヴィクトル・ゴルバトコ氏が船長として搭乗した。

 戦時中、トゥアン氏は1972年の北爆で米軍のB-52爆撃機を空中から撃墜し、無事に帰還した初めての人物となった。この功績はボー・グエン・ザップ将軍から称えられ、1973年にはベトナム民主共和国で最高位となるベトナム人民軍英雄の称号を授与された。

 このときトゥアン氏が乗った愛機のMiG-21型戦闘機はハノイ市の軍事歴史博物館に展示され、国宝にも指定されている。

 ベトナムに平和が訪れた後、1977年にトゥアン氏はソ連のガガーリン空軍士官学校へ派遣され、1982年に卒業した。在学中の1979年、当時32歳のトゥアン氏は、インターコスモス計画の6番目の宇宙飛行士の候補に選抜された。

 このとき、同じくガガーリン空軍士官学校を卒業し、ベトナム人民軍のパイロットだったブイ・タイン・リエム(Bui Thanh Liem)氏も候補に選ばれた。

前へ   1   2   3   次へ
[Kham Pha 08:59 23/07/2020, A].  © Viet-jo.com 2002-2020 All Rights Reserved. 
※VIETJOベトナムニュースは上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。免責事項
最新ニュース [特集]
車椅子で30省・市を旅した29歳、次は近隣諸国の制覇目指す (7/26)
 不運にも脊髄動静脈奇形を発症し、20歳から歩行ができなくなったファン・ブー・ミンさんは、並外れたエネルギーと情熱により、車椅子でベトナム国内の30省・市を旅してきた。  1991年生まれ、南部メコンデ...>> 続き
分離手術から7年、結合双生児の片割れを亡くした少年の今 (7/19)
 2013年11月26日、ホーチミン市第2小児病院で生後14か月の結合双生児の分離手術が行われた。手術を受けたのは、南中部沿岸地方ニントゥアン省に住む父親のグエン・タイン・フィエンさんと母親のグエン・ティ・ホ...>> 続き
Z30D刑務所に暮らす200人の外国人受刑者たち (7/12)
 南中部沿岸地方ビントゥアン省ハムタン郡(huyen Ham Tan)にあるトゥードゥック(Thu Duc)刑務所は、またの名をZ30D刑務所といい、ベトナムで最大規模の刑務所として知られる。  ここは、約200人の外国人受刑...>> 続き
ショービズ界で生きる、ベトナムのLGBTとロトショー (7/5)
 ベトナムにおけるLGBTの人々は、「ロトショー(Lo To Show)」をはじめとするエンターテインメント、ショー・ビジネスの分野で生計を立てることで、自らの在り方を探し求めてきた。  ニャー・ビーさん(26歳)...>> 続き
人里離れた村に暮らすアルビノの双子、ライブ配信が収入源 (6/28)
 北中部地方ハティン省フオンケー郡ハーリン村(xa Ha Linh, huyen Huong Khe)に暮らす2000年生まれのチャウ・スアン・フイ(Chau Xuan Huy)さんとチャウ・スアン・フン(Chau Xuan Hung)さんは、アルビノ(先天性白...>> 続き
これより過去の記事は、特集記事一覧でご覧ください。
©VIETJO ベトナムニュース 2002-2020 All Rights Reserved
運営:Verac Company Limited